佐川氏証人喚問で、発狂する野党

ダメだろ、野党は。

野党「国民の期待を裏切る証言」

2018/3/27 13:59
 野党は27日、参院予算委員会での佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問について「国民の期待を裏切るような証言」(辻元清美立憲民主党国対委員長)と批判した。
国会に呼びつけておいて、答弁をさせたら嘘つき呼ばわりである。

佐川氏

共同通信は、何をどう考えて辻元氏の発言など引用する気になったのか。
「国民の期待を裏切るような証言」って、佐川氏は嘘の答弁を行わないと宣言して証言しているのだから、本来であれば、その証言に嘘はないと、その様に理解しなければならない。そうで無ければ、何故、証人喚問などするのか。それこそ、金の無駄ではないか。

そもそも、アンタは前に何を言っていたのか覚えているのか?
頑張れ

証人喚問が決まった後に、佐川氏にエールを送っていたのだ。
他の野党からも応援メッセージが続々と。

野党、節操なき転換 批判対象の佐川前国税庁長官を称賛 前川前文部次官も籠池被告も…政権攻撃に利用

2018.3.22 23:19
学校法人「森友学園」への国有地売却に絡む財務省決裁文書改竄(かいざん)問題で、野党が証人喚問に臨む佐川宣寿前国税庁長官を持ち上げ始めた。そもそも佐川氏は「官邸を守った官僚」として野党の批判の矢面に立たされていた人物だ。攻撃対象に「利用価値」があるとみるや称賛に転じる構図は、文部科学省の前川喜平前事務次官や森友学園前理事長の籠池泰典被告のケースにも通底する。
国会前でも応援しているデモ隊がいたのに、それがこのかわり様である。

佐川氏喚問、国会周辺で市民抗議

2018/3/27 13:41
 佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問が行われた27日、国会周辺には市民が集まり「真実を話せ」と声を張り上げ、佐川氏の証言に抗議した。
この話はなかなか凄い。国会中継を見つつ、方針を決めたのだろうね。佐川氏が野党に都合の良い事を喋れば、活動家達は持て囃し、そうで無ければ貶すのは決まっていた話なのだろう。



そもそも前理財局長の佐川氏が証人喚問をした場合にどのような話をするのかなんて、事前に分かりそうなモノである。

国有地売却問題 文書改ざんは「理財局」 佐川氏「官邸指示なし」 経緯・関与、証言拒否 証人喚問

毎日新聞2018年3月27日 東京夕刊
 参院予算委員会は27日午前、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題を受け、前財務省理財局長で9日に国税庁長官を辞任した佐川宣寿(のぶひさ)氏(60)を証人喚問した。佐川氏は改ざんの経緯や理由、自身の関与について「刑事訴追を受ける恐れがある」と繰り返し証言を拒否。一方、改ざんは「首相官邸に報告もせず、理財局内だけでやった」と述べ、官邸の指示や安倍晋三首相の妻昭恵氏らの影響を否定した。
残念ながら、本件では検察が動いている。
つまり、佐川氏にとっては、答弁の内容次第では刑事訴追を受けかねない。当然、自分に不利になる証言は拒否をする流れになるのは、疑う必要も無いほど明確である。
一方で、「虚偽の証言」をすれば偽証罪で捕まる。

そういう意味では、自民党が籠池氏を偽証罪で告訴しなかったのは、非情に大きな失敗であると言える。今からでも遅くないので、議院証言法による「虚偽の陳述」について訴えるべきである。手続的には議院証言法第8条の規定にしたがって告発すべきである。
そうで無ければ、佐川氏の発言に説得力が欠けてしまうのだから。

ともあれ、佐川氏は証人自身が刑事訴追を受け、又は有罪判決を受けるおそれがあるので、証言を拒むことが可能であった。
場合によっては宣誓を拒むこともできるのだが、現段階で刑事訴追を受けている訳では無く、あくまで文書改竄に関する事件が捜査されている段階であるため、自身の不利になるような発言について証言を拒否したと、その様に理解される。

そして、そうであるならば、首相官邸側からや昭恵夫人からの圧力、政府側からの圧力を否定したことは、「事実」と判断せざるを得ない。

にもかかわらずコレである。

立憲民主・福山哲郎幹事長「不誠実な答弁で疑惑深まった」

2018.3.27 12:31
 立憲民主党の福山哲郎幹事長は27日、財務省による決裁文書改竄(かいざん)問題をめぐる佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問について「まったく不誠実な答弁で疑惑はますます深まったと言わざるを得ない」と批判した。国会内で記者団に答えた。

責任を自覚しない答弁が続いた佐川氏の証人喚問「非常に残念だった」会見で岡田代表

2018年03月27日 16:57
 無所属の会の岡田克也代表は27日、定例記者会見を党本部で開き、(1)佐川前国税庁長官氏の証人喚問(2)自民党改憲案――等について見解を語り、記者の質問に答えた。
 同日午前参院予算委員会で行われた佐川前国税庁長官への証人喚問について「非常に残念だった」と語り、冒頭で行われた予算委員長からの質問に対し、「国会において大きな混乱を招き、行政の信頼を揺るがすような事態になったことは誠に申し訳ない」と語った点について、「言っていることの意味が自分で分かっているのか」と指摘。

誰・なぜ?証人も「分からぬ」異例の尋問 自民・石破氏

2018年3月27日18時38分

石破茂・自民党元幹事長(発言録)

(佐川宣寿〈のぶひさ〉・前国税庁長官に対する証人喚問について)「誰が」「なぜ」が一切分からない、証人もそれを認めるという極めて異例な喚問だったという印象だ。
もはや、野党はどうにもならない。

まさに発狂という言葉がぴったり来るワケだ。

確かに、政権与党側から、「財務省を守りたければ、虚偽の証言をしろ」と脅されていた場合には、虚偽証言をする可能性はあるだろう。可能性だけならば、だが。
何故ならば、佐川氏も、今回の事では辞職扱いになるので退職金が出るはずだ。

佐川氏退職金5000万円=懲戒で不支給も-財務省

2018/03/20-21:04
 財務省の矢野康治官房長は20日の参院財政金融委員会で、国税庁長官を辞任した佐川宣寿氏への退職金について「36年間勤務し、国税庁長官で自己都合退職した場合ということで、約4999万円の退職金額となる」と説明した。民進党の古賀之士氏への答弁。
ただし、内部調査の結果如何では、退職金は消えて無くなり、公文書偽造の罪で有罪になる可能性はある。

一方で、「虚偽の証言」で告訴されない限りは、虚偽証言で捕まるおそれは無い。佐川氏はギリギリのラインを攻める感じで、今回の証人喚問に望んだに違いない。そういう観点から言っても、虚偽の証言として問題なら無いレベルで、かつ政権与党に恩が売れるような証言を心掛けたのだと推測される。

本来、野党がこの問題を究明したいのであれば、このタイミングで証人喚問などしなければ良いのだ。形としては野党が要求した証人喚問であり、国会は空転しているのだから、国会としてもその証人喚問に応じざるを得ない。

しかし、事件が検察に明らかにされない段階では、佐川氏から有効な発言は望めない。寧ろ無罪が確定した後の方が良いのだろうと思われる。



にもかかわらず、野党の求めに応じて証人喚問は行われた。タイミングとしては最悪だったのにもかかわらず、今のタイミングでこの様な騒ぎをやったというのは、国際情勢を鑑みて、支那様の利益に働くような動きをせざるを得なかった輩が動いていたという疑いが強い。

自民党が今を乗り切ると、憲法改正に拍車がかかる。
それは、日本国民以外にとって、或いはパヨクにとっては非常にマズいのである。

まあ、今回の証人喚問というのは、詰まりそういう事なのだろうと思う。

え?「文句を言っているのは、野党だけじゃない」って?気のせいじゃないかな。(棒)
追記 (2018/3/28)
このブログではあまり追求してこなかったが、この書き替え問題の事件性について少し言及しておこう。

何度でも言う!疑惑の主役は「安倍首相夫妻だ!」

2018年3月27日
 佐川宣寿・前国税庁長官の証人喚問だけでは森友学園疑惑の全容解明にはたどりつかない。問いただされるべきは、安倍晋三首相の妻昭恵氏だからだ。欠けていたピースが少しずつ埋まり、像を結ぶ。そこに映るのは、疑惑の主役・首相夫妻にほかならない。
これがこの国の新聞記事なのだから頭を抱えたくなるが、読む価値は無い。

メディアが問題にしているのは安倍内閣倒閣であって、森友文書の書き替えだとかそういう話は本気でどうでも良いのだろう。
佐川氏のこの時期の証人喚問で、新事実が明らかになるなどと言うことを信じていたことそのものが愚かしい話だが、この機会を無駄にした上でメディアは何の反省もしていない。それが表れた記事である。

では、この書き替えとは一体何が問題なのか?
公文書偽造?

確かに、公文書偽造の疑いはあるが、公文書偽造というのは、刑法155条の記載が問題となる。
(公文書偽造等)
第155条
  1. 行使の目的で、公務所若しくは公務員の印章若しくは署名を使用して公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した公務所若しくは公務員の印章若しくは署名を使用して公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造した者は、1年以上10年以下の懲役に処する。
  2. 公務所又は公務員が押印し又は署名した文書又は図画を変造した者も、前項と同様とする。
  3. 前2項に規定するもののほか、公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造し、又は公務所若しくは公務員が作成した文書若しくは図画を変造した者は、3年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。
ここで問題とされている「文書若しくは図画を偽造」というのは「行使の目的」が必要なのである。

先ずは、「文書」にあたるのか?だが、コレについては前回指摘した様に、「かがみ」と呼ばれる印鑑の押された本体の部分ではなく、添付文書が改編されたという事であり、それは直接的に「文書」にあたるのかが争われる話になる。「文書」にあたらなければ、そもそも犯罪に問われない。そして、この情報をリークした検察は、「文書」にあたらない可能性が高いので、リークして問題にしたという風に言われている。

次に、「偽造」だが、単純に文字を変えたり文章を追加したり、削除したりと言った事を指す訳では無い。文章に書かれている事実を変えることが問題として問われるのである。文章の量が減ったからといって、内容が変わらないと認定されれば「偽造」にあたらない可能性があるわけだ。

最後に、「行使の目的」だが、真正文書もしくは内容の真実な文書として他人に認識させ、または認識し得る状態に置くこととされている。つまり、真正文書の内容が実質的に変化していないと認定されると、これもあたらないと判断される可能性がある。


そもそも財務省官僚は、僕なんかよりも遙かに頭が良い人々であり、法律などにも通じている。やってはいけないことか、そうでないのかは熟知しているわけで、やってはいけないことをやったとするのであれば、それはバレないように偽装して、完全犯罪を目指すだろう。

道義的には決裁文書やその添付文書の内容を一文字でも変えたら問題だろう、と、思う訳だが、現実的には書き替え前と後で、決裁の内容に影響を与えたか否か?という点が法律的には問題視される。


そうだとすると、「やってはいけないこと」ではあるとは思うが、そんなに大騒ぎする必要がある話なのか?という点は非常に疑問である。事件性は低いのだ。

検察や裁判所の判断することではあるが、この文書書き替え問題が「法律には反しない」という結論になったとき、メディアはどう報じるんだろうね。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. はじめまして。
    自分も最初は支那の工作説を陰謀論だと本気にしていなかったのですが、九条二項の扱いについて具体案が飛び交うようになり改憲が現実味を帯びてきたこのタイミングで野党とメディアの攻勢が勢いを増してきたのは確かに出来すぎたものを感じますね。
    ゲルや進次郎などがいよいよ野心を隠さなくなってきたのも気になりますし、どうしたものやら。

    返信削除
    返信
    1. はじめまして。
      何というか「陰謀」的な話はできるだけ避けたいのですが、そういう動きを臭わせているのは確かなのだと思います。
      ゲルや進次郎は何処に向かっているんでしょうかね。
      まあ、自民党の誰も彼もが安倍氏推し、という組織ではそもそもないのでしょうから、党内の批判というのは、形としてはあっても良いのだと思います。
      でも、後ろから撃つようなスタイルのゲルは特に何というか、失望するものがあります。

      削除
  2. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32018年3月28日 4:08

    TVは、証言拒否の部分を強調して、印象操作をしてますね。
    マスコミも、中朝韓と繋がっていると考えざるえないと考えてます。

    返信削除
    返信
    1. いつもながらワイドショーは酷いみたいですね。
      見ていないので何とも言えませんが、仄聞するところによると、あまりに一方的ですよ。

      削除
  3. 証人喚問前の発言としては、石破はもうどうしようもないとして、小泉進次郎の発言が酷かったですねぇ
    本人としては一般論(正論)かもしれないけど、獅子身中の蟲というか、地金が出てきたというか……悪い意味で親父に似てきたなぁと。
    とりあえず石破、小泉の二人だけは何があっても総理にしちゃいかんと思いました。

    返信削除
    返信
    1. 進次郎氏の発言は中身が無いんですよね、いつも。
      政治的な筋を通す気は無いのかも知れません。

      首相になる器だと言われていますが……、虚構なんじゃないかなーと。出してくる政策もロクでもありませんからねぇ。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。