FBIから捜査される「孔子学院」

口さがない方々から「スパイ学院」と呼ばれていた、支那の共産党肝いりの「孔子学院」だが、どうやらFBIが動き出したようだ。

スパイ容疑か、FBIが「孔子学院」を捜査

2018年02月27日 06時40分
 【ワシントン=大木聖馬】米連邦捜査局(FBI)が、中国政府が国外での中国語と中国文化の普及拠点としている「孔子学院」の一部に対し、捜査に乗り出していることが明らかになった。
 FBI高官が米議会での証言で語った。容疑は不明だが、米国内でのスパイ活動などへの捜査とみられる。米国内では、孔子学院が「親中派」育成の場になっているとの警戒感も強まっている。

この「孔子学院」に関しては、その昔、朝日新聞社が大絶賛していたらしいのだが、そのソースは見つけられなかった。
しかし、代わりにこんなものを見つけたので紹介しておこう。

12/21 孔子学院共同講座 「新聞記者が見た~現在の中国 そして…」 活動リポート

東京都日中友好協会 2018年1月20日
 2017年12月21日孔子学院と都日中の共同講座は、「日本人記者が見た中国」でした。講師は倉重奈苗氏(朝日新聞政治部記者)で2013年から2016年まで北京支局に駐在し、政治・社会問題・経済などあらゆる分野で取材し情報を日本へ送った。中国人の本音を聞き出すことが記者としての使命である。しかし取材は困難を極めた。国際会議や安全保障会議などで出てくる政府関係者を外で待って会議の内容などを聞き出すことが取材の基本です。会議出席者が出てきて話しかけても無視されることが普通である。とにかく彼らに会うことから取材は始まる。国際メディアにとってそれしか取材の方法はない。
朝日新聞の政治記者が孔子学院で講演しましたよー、という内容であるが、朝日新聞による支那礼賛というよりは、寧ろその一味、という感じなのかも知れない。
共同講座をやった程度で、グル認定はおかしいかも知れないが、少なくとも悪い関係では無いのだろうね。

孔子の生誕を祝う式典

で、これがどんな組織かというと、大紀元が色々説明していたので引用しておこう。

スポーツ、獅子舞い、オペラコンクール…孔子学院は「地域社会に根を下ろす」

2018年02月22日 06時00分
孔子学院は、表向き「非営利の教育機関」としているが、元責任者は、数千万人にも及ぶ在外華人や留学生の思想指導や情報収集にあたる対外宣伝工作組織「中国共産党中央統一戦線工作部(以下、統戦部)」トップでもあった劉延東・現副首相だ。共産党色が強い組織であることは否めない。
カナダ政府の安全保障情報機関に21年以上所属していたミシェル・ジュノ=カツヤ(Michel Juneau-Katsuya)氏は、孔子学院の管理側には統戦部関係者が多いと指摘する。カナダでの講演会で「諜報活動を行う『トロイの木馬』であると結論づける研究が、多くの国で指摘されている」と述べている。

色々な支那文化を広めるということを目的とした機関として紹介されているが、その内情は「トロイの木馬」で、「スパイ機関」であるというものだ。

孔子学院は「反米の外国勢力」閉鎖よびかけ=米上院議員

2018年02月08日 17時41分
米国議会上院議員はこのたび、米国内の学校に対して、中国共産党による一元的な歴史観や社会主義教育を施す孔子学院を閉鎖するよう呼びかけた。
孔子学院は、中国国務院の説明によると「核心価値である社会主義を基礎とした教育を広める」「中国の夢を宣伝する」ことを目的とした言語学習機関。日本を含む世界130の国と地域に1500以上設置され、中国教育部から支給された教材を使用し、教員も本土から派遣される。
日本には早稲田大学、立命館大学、桜美林大学、工学院大学、武蔵野大学など20あまりの大学にある。米国ではより広範に及び、幼児教育機関から大学院まで240以上の教育機関に設置されている。


アメリカではかなりこの「孔子学院」が蔓延っている状況にあり、ようやくアメリカも気がつき始めたらしい。でも、遅いんだよね……。


この手の問題で良く引き合いに出されるのが、スイスの「民間防衛」である。
この本、手にして読んだことがあるが、中身は非常に読みにくい……、のだけれど、かなり現実に即して構成されたものだという印象を受ける。
さて、その中で武力を使わない侵略の手法について言及している部分がある。
第一段階 「 工作員を送り込み、政府上層部の掌握と洗脳 」
第二段階 「 宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導 」
第三段階 「 教育の掌握。国家意識の破壊 」
第四段階 「 抵抗意識の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用 」
第五段階 「 教育やメディアを利用して、自分で考える力を奪う 」
最終段階 「 国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量移住で侵略完了 」
とまあ、6段階に分けて侵略を行うとしており、この定義で行くと「孔子学園」は第3段階までの役割を担っていることになる。
段階で行くと或いは第5段階辺りまでは日本国内でも起こっているであろう感じである。

そういえば、MXテレビのニュースを引っ掛けたので紹介しておきたい。

東京MXテレビ、「ニュース女子」放送終了へ

2018/03/01-22:04
 東京MXテレビは1日、情報バラエティー番組「ニュース女子」の放送を3月末で終了すると発表した。放送責任を明確にするため制作主体を同局に移したいとしてスポンサーと協議したが、不調に終わったためという。
この共同通信の記事はほぼフェイクニュースで、「ニュース女子」が終了するという話では無く、東京MXテレビで放映しなくなると言うのが、正確な話。
そもそも、この話は製作会社であるDHCテレビジョンがBPOに注意されたから「ニュース女子」という番組を制作打ち切りみたいな印象操作がなされているが、「ニュース女子」という番組自体はDHCテレビジョンが制作し、東京MXだけでなく色々なところで放送している。
 TOKYO MX1 月曜 22:00 – 23:00  テレビ愛知 金曜 26:05 – 27:05
 FOXスポーツ エンタ 金曜 10:00 – 11:00  千葉テレビ 月曜 23:00 – 24:00
 さくらんぼテレビ 月曜 25:30 – 26:30  福井テレビ 火曜 25:05 – 26:05
 石川テレビ 日曜 25:05 – 26:05  山陰中央テレビ  日曜 26:00 – 27:00
 チューリップテレビ 日曜 26:00 – 27:00  テレビ和歌山 火曜 9:00 – 10:00
 びわ湖放送 金曜 10:00 – 11:00  奈良テレビ 土曜 23:30 – 24:30
 秋田テレビ 金曜 25:55 – 26:55  長崎国際テレビ 土曜 25:35 – 26:35
 サンテレビ 木曜 25:30 – 26:30  サガテレビ 日曜 25:00 – 26:00
 熊本県民テレビ 月曜 26:59 – 27:59  BS11 水曜 26:00 – 27:00
https://dhctv.jp/tv-schedule/
こんな感じで放映されていて、MXだけ止めたという話でしか無いのだ。
メディアがいかに腐っているか。
「ニュース女子」の沖縄に関する問題となった映像は見たが、僕には何の問題があるのかは理解出来なかった。しかし、BPOはおかしな判定をした上で、DHCテレビジョン側の反論は一切受け付けず、MXテレビはこれに屈してしまった。
それだけの話なのである。
この一件を見ても、日本がどの段階まで進んでいるかが分かると思う。そして、アメリカもその危機に瀕しているというのが現状なのである。

まあ、FBIがどのような捜査をして、今後どうなるのかはハッキリしない。
しかし、日本も「孔子学院」という組織が非常に危うい側面を持っている事を理解して、キッチリ調べるべきなのである。

孔子学院が遂にFBI捜査の対象に

2018年2月20日(火)17時30分
米連邦捜査局FBIが孔子学院をスパイ活動容疑で捜査する。ワシントンから来たメールは同時に、孔子学院の化けの皮をはがす「孔子の名において」というドキュメンタリー映画にも触れている。日本はまだ無頓着だ。
2月14日、ワシントンの華人華僑による民主化運動団体からメールが届いた。メールの頭には"FBI investigating Confucius Institutes"(FBIが孔子学院を捜査している)という情報のURLが示されていた。FBI(米連邦捜査局)が孔子学院をスパイ活動やプロパガンダ活動などの容疑で捜査するとのことだ。
メールの説明によれば、2月13日、米連邦議会上院の情報委員会の公聴会で、クリストファー・ライ(Christopher A. Wray)FBI長官が証言したという。アメリカの大学を中心として中国共産党の思想を宣伝し、スパイ活動まで働いていると主張した。

これは冒頭のものとは別のニュースだが、この話がどう動いていくのかは、日本としてもしっかり注視していかねばならないだろう。まあ、日本には他にも「総連」や「民団」があるので、スパイだらけと言えるんだけれど。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 孔子学院……まず孔子ったら儒教ですよね。孟子の方はその革命思想が幕末の日本に作用しています。
    でも、どっちにせよ文化大革命で儒教は弾圧されて、文化資産を破壊しまくってるんすよ!
    新たに習君が新設しなければ
    母体となる儒教団がない!
    これ、プーチン政権下で、ソ連時代に弾圧解体されてる「コサック」が、ロシアで軍事教練を
    必修にするコサック学校をどんどん作ってるのに似てません?
    それを外国に輸出するだけ問題があるけど。
    で、この種の文化事業って、
    確かにスパイ活動に重なるんですわ。
    私の祖父は、まぁ旧日本軍に関わる諜報活動してたんですけど。かなりシナ文化を研究する学者とか、そういう人達と表向き平和活動で動いてたそうで。
    満洲で日本人学校に教員を送り、現地人との融和活動していた団体があるんす。
    東和同文学院だったかな。本拠はシナ本土にあって。
    でも、これ貧しくて有能な若者をピックアップして教育する機関なのですけど、同時に日本の為に諜報活動する者や、日本に協力するシナ人を教育する学校でもあったのだそうです。
    満洲では、黒龍会とか在野の大陸浪人の団体とも関係があったと言うし。
    似たことをシナが大規模にやっても不思議ではないですね?

    返信削除
    返信
    1. 日本も積極的にスパイを養成するくらいの心構えが無いと勝てませんな。

      こうやって考えると「平和」とは一体何なのか?と考えてしまいますな。

      削除
  2. 木霊様。御願いです聞いて下さい。
    法王様がキンペー皇帝に屈しました。カトリックは当然ながら
    バチカンが司教の指命権を持ちます。で、レッドチーム側の国々においては、法王庁が候補を指名し、当事国の政府が承認するシステムでした。
    (ロシアや東欧のオーソドックス国は東方教会だから関係ない。クロアチアや旧ポーランドは従ってきた)
    それが!中国が候補を指名するシステムに変わる事に同意!
    つまりシナの天主教会は、偽の
    チベット仏教のラマと同じにシナ共産党に組み込まれます!
    そして身内の恥を晒しますが、
    私の地元教会でも韓国人の神父が司祭を司るようになり、
    ムンに対する意見でミサが大荒れしたんです。説教で平壌五輪を讚美したのですが、そのような事は信徒として許せない者達が席を立ち去りました。
    われわれが差別主義者?
    ざけんな!
    私は宮司である旧友の神社の杜と里山を護る運動に参加してから、祖国の森を護る運動に参加しています。
    幼児洗礼を受けてからクリスチャンで来ましたが、宗派は違えども温州のプロテスタント弾圧で十字架を破壊するシナ政府に怒りを感じてきました!
    そんな時に、自分達だけの利益の為に媚を売るのか?
    ローマ帝国いらいの伝統を踏みにじってまで!!
    そして反日説教する神父だ!
    解りました!
    俺はもうクリスチャン辞めます!
    旧友に相談して氏子に列席して貰う事になった。いいよ!
    構わない!
    特攻隊帰りの亡父が「戦友のと共に靖国の桜に生りたい!」と駄々こねた時(靖国は戦死したり殉職された方しか…
    年寄りは困る!)時に、護国神社へ紹介してくれたのも旧友。
    俺は祖国と郷土の友を主より選ぶ!
    地獄に落ちても!
    もともと俺の家系は物部氏の末裔という伝承を持ちます。嘘だと思うけど(笑)
    物部は蘇我の仏教に逆らって滅ぼされた神道の連姓の臣です。
    構わん!!
    そんな風に信徒までが、離反を余儀なくされてるのです!!
    シナとムンの南朝鮮の日本侵略の為に!!
    どうか、この非道を国士たる木霊さんにも糾弾して頂きたいのです。慚愧に堪えません!!
    以後、私はイスラムもユダヤ人もキリスト教も一神教は信じませんので。
    人の上に主があられる!
    それがキリスト教の倫理だ!
    それを捨ててまでシナに屈する法王って何よ?
    殉教しながらも、キリシタンとして信仰を護ってきた日本人をバカにしやがって!!
    ふざけんな!!
    朝日を素直に拝む事はアミニズムとして忌避してきたが、
    これで堂々と拝める!
    八百万の神の国だから!
    せいせいするわバチカンのバカ野郎が!

    返信削除
  3. 木霊様。
    我が祖国の神道は深いですよ。
    宮司の旧友に相談した。したら…ですよ。何と言ったと思います?
    「お前が氏子になっても、元の信仰を捨てなくても良いよ。
    神道の神々は大陸や半島起源の神もある。景教(ネストリウス派)の影響があるって説もあるし、ゾロアスター教起源の神すらあるって言うよ。八百万の神々の国だから。構わないよ」
    言われて俺は泣きました。
    正直に言えば、私は元極右であり、本質的に「攘夷」です。
    信仰と反するが、それは主の御加護は世俗とは別と思ってた。
    しかし、もう、腐乱シスコのシナのケツを嘗める態度にキレた。ざけんな!
    キリシタンとしていのちを捨ててまで掛けた日本人の信徒をバカにしてんのか!?
    常に冷静な木霊様は?かも。
    でもね、人には「原理原則」を忘れてはならぬ事がある!
    世俗権力のケツを原則をゆがめてまで嘗めるなら、俺はもうバチカンも教会もいらない!
    俺は日本人だ!
    クルスを叩き潰して埋めた。
    俺は今日から郷土の神社の氏子です。
    カトリックは教会主義。法王に反旗するなら信徒を棄てるしかない。だからって反日神父に説教されるのは真っ平だ!!
    元々、俺は「攘夷」でアメリカも嫌い。辛くないかと言われれば嘘になる。でも、己の信条と
    信仰が合致して、少なくとも矛盾しなくなって、せいせいしてるんですよね!

    返信削除
    返信
    1. そうでしたか。
      バチカンのニュースには触れていなかったので、ご指摘頂いてビックリ。

      支那は実に強かですね。

      さて、山童さんの旧友がどのようなお話をされたのか、深いところまでは分からないのですが、カトリック教徒のまま氏子になることすら神道はゆるしていると思いますので、自分の信じてきた道を直ぐに捨てずとも良いのかな、と思います。その辺りはご自分との折り合い、ということでしょうから他人から口を挟むべき話でも無いのですけれど。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。