アメリカも流石にぶち切れるか?韓国の酷い対応

赤化の進む韓国。誰も止める人はいない。

韓国政府が支援中止、米研究所閉鎖に専門家ら「口あんぐり」

2018.4.17 06:30
 北朝鮮の核・ミサイル開発問題を大きく左右する米朝首脳会談の準備が進む中、韓国政府が米ワシントンにある研究機関への予算支援を中止し、貴重な研究組織を廃止に追い込むという衝撃的な事態が起きている。米で安全保障問題の研究経験がある人からは「口があんぐり」との声も聞こえてくる。
産経新聞が割と大雑把な記事を書いているが、事実は概ねこの通りであると思う。ただ、今に始まった話でも無いんだけどね。

親北派である韓国大統領のムン君が、北朝鮮に不利益となるような団体や、保守派団体を次々と弾圧している話は割と聞くのだけれど、これもその一環だ。

北朝鮮「公開処刑」も暴く衛星画像分析…韓国政府が手を引いた!?

2018年04月11日 | 南北 米朝
米ジョンズ・ホプキンス大国際大学院(SAIS)傘下の韓米研究所(USKI)が、5月11日に閉鎖されることになった。USKIは、衛星画像の分析などで北朝鮮の核・ミサイル開発の動向を追跡してきたウェブサイト「38ノース」の運営で知られてきた。
この話は産経新聞も報じている。

北朝鮮分析「38ノース」運営研究所を閉鎖へ 韓国政府の人事介入拒否で資金提供停止

2018.4.12 23:16
米ジョンズ・ホプキンズ大高等国際問題研究大学院(SAIS)の傘下にあり、北朝鮮分析サイト「38ノース」を運営する「米韓研究所」(USKI)が5月11日に閉鎖されることが決まった。研究所に資金提供をしていた韓国政府系研究機関「対外経済政策研究院」(KIEP)が提供停止を決めたことを受けた措置。研究所の理事長を務めるロバート・ガルーチ氏は米紙ワシントン・ポストに対し、韓国政府による研究所人事への介入を拒絶したところ閉鎖を告げられたと説明し、「極めて不適切な行為だ」と強く反発している。
~~略~~
USKIはこれまで、KIEPから年間約1900万ドル(約20億円)の資金提供を受けてきたが、昨年、韓国で文在寅(ムン・ジェイン)政権が誕生後、革新系の国会議員などの間で「研究所の運営が不透明」などとする批判が激化。昨年9月に代表に就任したガルーチ氏は内部監査を行い、「問題なし」と結論づけたものの、韓国政府関係者から研究所の役員2人を解任するよう、文書と口頭で圧力をかけられたとしている。
かなり露骨だな。
ところで、38ノースに関しては最近ちょっとおかしなニュースが流れていた。

核実験場に動きなし 河野外相発言に疑問符

毎日新聞2018年4月3日 16時47分(最終更新 4月3日 16時47分)
米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は2日、河野太郎外相が3月31日、「(北朝鮮が)次の核実験の用意を一生懸命やっているというのも見える」などと述べたことに疑問を投げかけた。最新の商業衛星写真をもとに「(河野氏の発言とは)非常に異なり、活動は過去数カ月に比べて極端に減っている」と指摘した。
日本の外務大臣の発言に対して、否定をするといった動きがあったのだ。否定することそのものはおかしい話では無いのだけれど、わざわざ反応する必要があったかはちょっと疑問だ。

兆候無し

これがその証拠となる衛星写真らしいんだけど。

で、この報道が出る前に、こんなニュースがあった。

北朝鮮、核実験部隊を半減へ 米朝首脳会談に備え

2018年3月28日03時24分
北朝鮮が咸鏡北道豊渓里(ハムギョンブクトプンゲリ)の核実験場に展開する軍部隊をほぼ半減させる指示を出したと、複数の北朝鮮関係筋が明らかにした。米朝首脳会談で予測される非核化を巡る合意に備えた動きという。核実験場閉鎖も念頭に置いているが、米朝関係が悪化すれば活動を再開する構えとしている。
それと、もう2つ。

北朝鮮の地下核実験場 トンネル掘る作業が沈静化か

2018/03/24 11:48
北朝鮮の地下核実験場で、トンネルを掘る作業が沈静化しているという分析をアメリカの研究チームが明らかにしました。

中国、河野外相発言に不快感示す

2018/4/3 21:41
 【北京共同】中国外務省の耿爽副報道局長は3日の記者会見で、北朝鮮が新たな核実験に向けた準備と受け取れる動きをしているとの河野太郎外相の発言について、朝鮮半島情勢の緊張緩和に向け各国が努力している中で「足を引っ張ることのないように望む」と述べ、不快感を示した。
おわかりだろうか。
ちょっと作為的に記事を並べてはいるが、北朝鮮は日朝首脳会談に向けて核開発を自粛するといった発表をし、38ノースがこれを追認し、河野氏が「核開発をしている」と言ったら、37ノースが反論すると共に、支那がぶち切れたのである。

なお、38ノースは1月頃にはトンネル掘削が活発化しているとの報告をしていたので、河野氏の認識が古かったという可能性もある。

北朝鮮、核実験場のトンネル掘削が活発化 米シンクタンク

2018年1月12日 14:15 発信地:ソウル/韓国
北朝鮮がこれまでに行った6回の核実験のうち5回が実施された同国北東部・豊渓里(Punggye-ri)の核実験場で、地下トンネルの掘削が活発化していると米シンクタンクが発表した。
 朝鮮半島情勢は長らく中断されていた南北対話が再開されたことで近況緩和の兆しが見えている。だが、米国の北朝鮮分析サイト「38ノース(38 North)」は11日、掘削機材や作業員、掘り出されたがれきの山などが写った豊渓里の衛星画像を公開した。
しかし、別に実験用軽水炉の運転をはじめているという報道もあるので、河野氏の発言が的を射ていないという訳でも無さそうである。

北朝鮮、試験用軽水炉の稼働開始か

2018年03月28日 | 核開発
北朝鮮が今年2月に完成させた試験用軽水炉が運転を始めたと、米ニューヨーク・タイムズが27日に報じた。
そうだとすると38ノースの発言は少々不適切な気がする。
まあ、河野氏か38ノースのどちらが正しいのかは判断しかねるが、少々過剰反応に過ぎるのでは無いか?

さて、ムン君の手際をもう一つ紹介しておこう。

韓国、言論統制など疑惑の部門縮小へ 国家情報院

2017年6月1日23時47分
 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領に任命された情報機関のトップ、徐薫(ソフン)・国家情報院長は1日、同院の国内部門について、機能縮小を指示した。同部門は国民の思想信条を監視したり、選挙に不当介入したりした疑惑が取りざたされており、組織見直しでこうした問題をなくすとしている。
実はムン君、KCIAと呼ばれる韓国の情報組織、国家情報院に対して圧力を強めており、組織の解体を目論んでいると言われている。

そして、その国情院もこんな情報を出していた。

国家情報院「北朝鮮、非核化への意志がある」

登録:2018-03-27 05:45 修正:2018-03-27 10:49
 国家情報院は26日、北朝鮮が非核化への意志があるものと把握していることを国会に報告した。
 同日の国会情報委員会は、先月対北朝鮮特使として訪朝した国情院のソ・フン院長とキム・サンギュン2次長が出席した中、懇談会を開いた。この場で国情院は「北朝鮮が対話に対する堅固な意志があり、非核化への意志もあると判断する」と報告したと、ある関係者が伝えた。

こういった情報の出し方は陰謀論を助長する気がするのであまり宜しくないとは思うのだが、どうにもできすぎている気がする。



しかし、何れにしても韓国政府とムン君は、北朝鮮に有利なように、色々な画策をやっている事は事実なのである。

韓国と北朝鮮が軍事対決終息の宣言を検討、首脳会談で-文化日報

2018年4月17日 13:50 JST
韓国と北朝鮮は4月末に開催する南北首脳会談で、軍事対決の終息を宣言する計画について協議している。韓国紙の文化日報が匿名の韓国当局者から情報を引用して伝えた。
そして、和平交渉を開始するような雰囲気を臭わせている。「軍事対決の終息を宣言」というのは、微妙な表現だが。

しかし、北朝鮮がこれで国際社会への一員に復帰ということをやった場合に、何が問題になってくるのかというと、こちらの記事が参考になる。

北朝鮮「公開処刑」も暴く衛星画像分析から韓国が手を引いた!?

2018年4月11日(水)17時40分
米ジョンズ・ホプキンス大国際大学院(SAIS)傘下の韓米研究所(USKI)が、5月11日に閉鎖されることになった。USKIは、衛星画像の分析などで北朝鮮の核・ミサイル開発の動向を追跡してきたウェブサイト「38ノース」の運営で知られてきた。
~~約~~
衛星画像の分析は、核・ミサイル開発の追跡でのみ有効なわけではない。人権問題においても非常に大事だ。実際、これまでにも公開処刑の現場が捕捉されたこともある。
これの参考リンクも記事にある。
衛星画像

こうした人権問題になるような北朝鮮の国内問題を、もみ消したいのである。
しかし、このブログでも言及しているが、金正恩氏の兄、金正男氏暗殺の嫌疑も未だに残っているので、こうした韓国の姿勢、北朝鮮の狙いがどこまで意味を持つのかはよく分からない。

何れにしても、韓国政府は完全に北朝鮮に手を貸す姿勢になっている。

更に4月27日には南北首脳会談が行われる運びである。

南北首脳会談、来月27日に 韓国と北朝鮮が合意

2018年03月29日
金氏は最近、ドナルド・トランプ米大統領と会談したいとの意向を表明していた。トランプ氏は提案を受け入れ、両者は5月までに会談する予定だ。
トランプ氏は28日、ツイッターへの投稿で、中国と北朝鮮の首脳会談が北京で行われたとの情報を歓迎するとともに、北朝鮮への制裁は継続されるだろうと述べた。
~~略~~
今年初めから朝鮮半島をめぐる外交活動が活発化し、2月には韓国・平昌で開かれた冬季五輪に北朝鮮の選手団が参加するなど、一連の動きが見られるなかで、今回の南北首脳の会談日程が発表された。
この方針に対しトランプ氏が反対する、なんて話ではないのだろうが、この話にはアメリカは噛んでいないようだ。寧ろ、事前に支那との話を付けている可能性が高いので、アメリカが主導権を持てずに後手に回るというのは、あまり面白く思わないだろう。

多分、ここで非常に重要な局面を迎えているのは日米首脳会談だ。

安倍首相が日米首脳会談へ、通商問題が火種に-北朝鮮で結束狙う

2018年4月17日 10:50 JST 更新日時 2018年4月17日 13:11 JST
安倍晋三首相は17日から訪米し、フロリダ州にあるトランプ米大統領の別荘で2日間に渡って首脳会談を行う。日本側は核・ミサイルに加え、拉致を含めた北朝鮮問題への対応について結束を確認したい考えだが、米国による鉄鋼・アルミニウム輸入関税など日米で利害が対立する通商関係の議論の行方に懸念を示す声が専門家から上がっている。
何やらゴルフ外交に関してかなり野党から批判を浴びているようだけれど、諜報活動がしにくいゴルフ場での交渉は非常に大きな意味を持つと言われている。
少なくとも、首相同士が1対1で話をするという点においては、なかなか良い方法なのでは?という気はする。トランプ氏はゴルフ好きだしね。

記事では通商問題について言及されているが、この点に関して基本的にはアンタッチだと思う。むしろTPPにアメリカが加入という方向に舵を切るという裏技が残されているので、今、ここで切るカードじゃ無い。
アメリカ側が見せカードに使っている拉致の方が大きな意味を持つだろう。
ただ、こちらの記事にも書いたが、拉致問題は日本の主権国家としての存在に関わる問題である。簡単に譲るわけにはいかないし、日本が解決しなければ意味が無い。
「解決して貰う」では話にならないのだ。

だが、現実的に考えて、アメリカ軍の手助け無しにこの問題が解決するとは思えない。実はアメリカ人3人も拘束されているという情報があるので、アメリカにとっても他人事だよとも言い切れない。

ともあれ、アメリカに対して日本が意味ある提案をした上で、北朝鮮に対して「短期間での朝鮮半島の非核化」を突きつける(これは在韓米軍撤退を含む)という形に持って行ければ、或いはこの問題の解決の糸口に向かう可能性はある。
そして恐ろしい事に、本来であればここには当事者である韓国がいなければならないハズなのに完全に外されている。

朝鮮半島情勢が韓国抜きで進むのだから、なかなか恐ろしい話だが、信用できない国のトップと話をする気は、トランプ氏にも無いのだろう。そして、トランプ氏、北朝鮮とは交渉するつもりは無いらしい。アメリカが北朝鮮の条件を呑ませる。これが、米朝首脳会談が行われるとして、半島情勢が安定化に向かう唯一の解決策であろう。

ただ、半島情勢の解消は、金正恩体制の崩壊を意味する。そしてそれは、支那を本格的に敵に回す事になろう。
正確に言うと、支那の北部戦区との敵対なのだろうけれど。

中国陸軍、厳寒下で大規模演習 北部戦区部隊、北を牽制

2017.11.29
中朝国境地帯を管轄する中国人民解放軍の北部戦区の陸軍部隊が大規模な軍事演習を行い、関心を集めている。実戦さながらの演習には北朝鮮の軍事的挑発を牽制(けんせい)する狙いもありそうだ。
~~略~~
 演習成果は「北部戦区の部隊が冬季の実戦に備える上で有益な資料になる」(解放軍報)としている。北部戦区をめぐっては、米軍の制服組トップ、ダンフォード統合参謀本部議長が今年8月、遼寧省を訪れ、中国の房峰輝・統合参謀部参謀長(当時)とともに同戦区の軍事訓練を視察したことがある。このときは、軍事的挑発を続ける北朝鮮に対し米中の協力ぶりをアピールし牽制したものとみられた。
北朝鮮の隣りに位置する北部戦区は、旧瀋陽軍区であり北朝鮮への支援を行っている地域でもある。

北朝鮮と手を握る中国「瀋陽軍区」での大演習は北牽制にあらず! 対北密輸の隠れ蓑だ!!

2017.12.4 07:00
 中国人民解放軍に関する研究会が先日開かれ、中朝国境地帯の中国東北部=旧満州を管轄する《北部戦区=旧瀋陽軍区》が担任した大規模軍事演習が議論の中心となった。
~~略~~
北部戦区高官の一族らは、鴨緑江をはさみ隣接する北朝鮮に埋蔵されるレアメタルの採掘権を相当数保有する。旧・瀋陽軍区→現・北部戦区が密輸支援する武器+エネルギー+食糧+生活必需品や脱北者摘発の見返りでもある。北朝鮮の軍事パレードで登場するミサイルや戦車の一部も瀋陽軍区が貸していた、と分析する関係者の話も聞いた。
そもそも、朝鮮戦争でアメリカ軍と戦闘をしたのは、この旧瀋陽軍区の人民解放軍なのである。北京を擁する中央戦区には、北部戦区と北朝鮮との間に割って入る力を持っていない。

近年、支那が北朝鮮に言うことを聞かせられないというのは、蓋を開けてみれば北部戦区と中央戦区の対立が原因なのである。

近年行われていた北朝鮮のミサイル発射の様相を見て、よくもまああれだけのミサイル発射実験を行う費用を捻出したなと、不思議に思った事は無いだろうか?北部戦区が北朝鮮の地下資源を自由に売りさばき、北朝鮮に支援をしていたからこそ、あんな芸当ができるのであり、北朝鮮一国では満足な技術開発ができないだろう事は、同じ民族の治める韓国を見ていれば分かるだろう。

となると、アメリカの本当の敵は、ある意味、北部戦区であり、或いは中央戦区なのだ。支那は一枚岩では無く、どちらかを味方に付ければどちらかは敵だ。北朝鮮を軍事的に攻めるとなれば、北部戦区と敵対する事になるが、北朝鮮と平和交渉ができるのであれば、今度は中央戦区と対立する可能性が出てくる。
この辺りは、習近平氏の内政手腕次第というところもあるので、今後どう転ぶかは分かりかねるが……。



とまあ、こうした盤面を説明していくと、プレイヤーとしての韓国は一体何処に入るのか?と言う点が疑問になる。
常識で考えれば、同盟国であるアメリカに与するような気がするのだが、どうもそうはならないようなのだ。

韓国が、軍事駐留費用負担などに関するアメリカの要求を拒否

2018年04月15日17時23分
韓国が、朝鮮半島におけるアメリカの戦略的な資産や軍備の確保、及び軍事費の負担などに関するアメリカの要求を拒否しました。
韓国・ヨンハプ通信によりますと、韓国政府は、「アメリカの軍事駐留費や、朝鮮半島問題をめぐり、韓国とアメリカは大きな対立を抱えており、両国は費用の負担を折半することについて合意できていない」と表明しています。
凄い話だが、これ、多分日本が肩代わりすることになるだろう。
しかしそうなると、韓国は本格的に要らない子である。韓国にとって、今やマーケットとしての支那を失う訳には行かないという事情もあるが、政治的にもかなり握り込まれている状況にある。

ムン君は韓国が赤化統一することを望んでいるようなのだが、ムン君の政治的手腕はかなり甘い印象を受けるので、アメリカに出遅れて何も手にできない可能性が高い。

韓国 「為替操作国」指定免れる 

入力 : 2018-04-14 11:21:21 修正 : 2018-04-14 13:11:16
韓国は、アメリカ財務省が指定する「為替操作の監視リスト国」に引き続き分類されましたが、制裁対象の「為替操作国」指定は免れました。
アメリカに完全に見放されてはいない様だが、こんな事を続けていたらアメリカは完全に韓国を見捨てるだろう。それは時間の問題だと思うぜ。


ちょっと纏まらない話になってしまったが、本日はこの辺りで。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ


コメント

  1. 韓国が中国に組み込まれるのは今に始まったことではないので気にはなりません。しかし、本格的に米との軍事同盟を切ったりしたら韓国にある相当な量の米軍兵器や機密資料はどうするんですかね。

    アメリカ自ら米軍関連の資料や兵器を破棄や破壊しに行くのでしょうか?それともそのまま韓国に置いておくのでしょうか。

    そこだけが気になります。

    返信削除
    返信
    1. え、その与太話として聞いて下さい。若い頃に仕事や何やで東南アジア方面をうろつきました。あっちは、にわなには信じろれないでしょうが、華橋の互助組織や不良の集まりに
      秘密結社(青幇とか三合会とか、そういうの)由来の集団がいるんですよ。で、連中て武器取引をするんですね。
      あ、私はやってませんよ! 金を洗浄する為に会社あるんで汚したら意味がないです(笑)
      ただ本社がそっち系ですから話は聞きます。
      アメリカがベトナム戦争で撤退する時に約60億ドル(当時レート)相当の武器弾薬を置いていって、それが中華コネクションで、それがアジアの武器密輸の土台になったと。
      もし、そうならば、捨ててく事もあるかな?とです。ただし……現実に見掛けるのはシナ製のAKMとかが多かったから疑問ではあるす。
      「本社」から来た本職の人達と、ゲリラが経営する射撃場に行った事があるんですが。
      アサルトライフル撃ちたいオーダーすると、
      出てくるのカラシニコフなんです。本当に60億ドルが流出してたのなら、M16系だと思うんですね。まだベルリンの壁崩壊や天安門には間がある時期でしたから。元ソ連軍流出カラシニコフが流行するのは、その後ですからねえ。だから与太話しとしてしか……

      削除
    2. そういえば…雲南省とミャンマーだったかな、あの国境付近に元紅衛兵の連中の独立国あるんですよ。10年ちょっと前に、その自称政府の広報ホームページを観たのですが、やはりカラシニコフでしたね。
      連中は果敢族(コーカン)で、明朝から民国時代に亡命?した漢民族の子孫でして。だから、あの辺の麻薬王て中国名を持ってます。
      中華コネクションで米軍経由の武器をベトナムとツルんで売っていたなら、やはり米軍武器だと思うんですよ。
      ただ、その手の話は90年代まで良く聞きました。米軍の残した武器弾薬燃料の埋蔵金の話は良く聞きました。

      削除
    3. 支那は、旧日本軍の残した兵器を売りさばいたり、アメリカ軍の朝鮮戦争やベトナム戦争などで残した武器を売りさばいたり、というような商売はしていたみたいですね。
      売れる物なら何でも売る。
      一頃は、支那の人民解放軍の装備が裏ルートを使って中東に流れているという話もあり、備品が殆ど残っていないとか言う話もまことしやかに囁かれていました。真偽の程は定かではありませんが。

      ともあれ、韓国軍が保有するアメリカ軍の機密事項が支那に流れるのは、アメリカ軍としても相当警戒しているはずで、何らかの手は打つんじゃ無いかと。持ち帰るより破壊した方が早いという判断かもしれませんから、案外爆撃で済ませるのかも知れません。

      削除
  2. 木霊様は文末で謙遜なさってるけど、簡にして解りやすい分析でしたよ。
    北部戦区と中央戦区域 の軋轢との兼ね合いとか、成るほどで。
    しかしムン君の下でどう転ぶのか……あれは左翼の文脈なのかなぁ? シナの下での統一を望んであるっぽいのは。
    いや、話は大振りになるんださが、変な気がするんすね。
    あるけむ様にご教示を頂いてから、日本の古代史に興味津々なんでさが、白村江の敗戦てあるすね。
    シナに敗北して半島利権を日本は喪う訳ですが。でも手が切れた事で、日本は半島の鉄塊や屑鉄を溶かす鉄器生産してたのが、自分でやらなきゃならなくなり、タタラと言われる木炭と砂鉄をまぜて、砂鉄から製鉄するようになり、それが進化して日本刀すら造る製鉄技術国になる。それで中央集権国家として浮上し「古代の近代化(笑)」を果たす訳ですが。
    うん、木霊様が主張されてきた
    半島とは巨利を保て!は実に古代からそうだった!
    んで半島なんでさが、やっぱりというか、シナ(唐)につくか、
    日本(大和)につくかで、地域国家が争う。
    結果としてシナと組んだ新羅が
    日本を追い出して、半島統一するんですが、シナと仲違いするんですね。シナ追い出してまう。でも、それが日本には幸いとなった。
    奴らが仲違いさて戦争してくれたから、元寇の時みたいな侵略を受けずに済んだ!
    シナが大艦隊で攻めてきたらヤバかったろうですから。
    で、これは地政学という奴なのでしょうが、そうやって見ると
    奴らがコウモリ思考するのも解るんですよ。やはり豊かな自然資源を持ち、自国に専念できる我が国とは違う。
    裏切って最後は追い出す…は彼らの常套なんですね。
    ところがムン君は、その利用した後を考えてるように見えない。まだシナを顕在的に一番、危険な国と意識してるカリアゲの方が半島人の王道ですが……
    ムン君は、一国二制度的な緩やかな統合を北と果たして、カリアゲの核を利用した大コリア連邦みたいのを夢見てる?
    でもシナが乗り出せば核は必ず取り上げますよ。中華思想の連中が東夷に核を持たせるとは思えないです。
    カリアゲが核に拘ってきたのだって、半分くらいは「北京に撃ち込めるぜ!」って脅しもあるように思うんですよね。
    あの民族と周辺諸国との轢死を観てみると。
    それが奴らのリアルだと思うんです。でもムン君観ていると、
    併合されちゃう恐怖が無いのかねぇ……て不思議に思うです。
    まだカリアゲの方がリアルな。
    つくづく不思議な人です。
    あれが左翼思考なのでしょうか?
    解らない。

    返信削除
    返信
    1. 北朝鮮の政治は、「上手いな」と思わせる手を何度も打ってきていますから、相当、それに特化した人材がいるのでしょうね。
      支那もそうした強かな手を使う事が多いようには思いますが、習近平氏の手腕は後手に回ってばかりで空回りという感じが否めません。それでもいろいろと裏から手は回しているのでしょうし、経済でも「アレはダメだろう」と思う様なシーンも平気で乗り切っていますので、外交音痴とは言っても内政は何とか押さえ込んでいる様に思いますよ。

      そこへ来ると、韓国は歴代あんな感じで、特にムン君は酷い気がします。これでまた、国内支持率が高いだけに始末に負えないのですが……、あれって、データ、信用できるんですかねぇ??

      削除
  3. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32018年4月19日 4:18

    >そして、和平交渉を開始するような雰囲気を臭わせている。
    >「軍事対決の終息を宣言」というのは、微妙な表現だが。
    この部分ですが、背景には、北朝鮮(及び中国)と韓国の間には、休戦協定が結ばれていないということが関連していると考えます。

    朝鮮戦争の休戦協定は、(米軍を中心とした)国連軍と、北朝鮮・中国の間で調印されました。
    韓国は、調印式に参加していない(調印していない?)状況です。
    なので、「軍事対決の終息を宣言」なのだと考えます。

    ついでに、李承晩が、竹島を占領した(李承晩ラインを設定した)のは、この朝鮮戦争休戦協定の締結を模索していた時期のようです。

    返信削除
    返信
    1. そうですね、北朝鮮と韓国の間には、停戦協定が存在しないので、果たしてどうするのか?と言う点は非常に気になるところ。
      しかし、「軍事対決の終息宣言」と言いますが、始期がいつで、何を持って終息なのかさっぱり分からないわけですが、これが国際的に通用する話になるんでしょうかねぇ……。

      竹島の話は、日本が猛反省せねばならない事案ですが……、朝鮮戦争が終結する際に、韓国がレッドチームにつくとなると、実力行使で解決という手はアリなのかも知れません。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。