韓国に配備されるTHAAD、色々とトラブっている模様

正確には、在韓米軍に配備されるという話なんだけれど、トランプ氏は、この状況で良くぶち切れないな。……ぶち切れているから、ああなのかも知れないけれど。

「これ以上延期できない」 THAAD基地への資材搬入開始=韓国当局

2018/04/23 10:20
【ソウル聯合ニュース】韓国軍当局は23日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」が配備された南部・慶尚北道星州郡にある基地の施設工事のための資材搬入を開始した。
在韓米軍基地にTHAADが配備される話では、すったもんだがあった。だが、クネクネが命をかけて(行きがかり上そうなった)配備を決断したお陰で、なんとか配備は決定されたんだけど、これが宜しくない。

星州

沖縄でも味を占めた市民団体()が大暴れしている模様。

もともと、このTHAAD配備問題は、支那の強烈な圧力によって非常に難航していた。韓国政府は、アメリカと支那の間で踏み絵を踏まされるような状況ではあったのだが、しかし、殊、防衛力については日本と同様にアメリカ頼りである。
それどころか戦時作戦統制権すら韓国軍は有していないのだから、アメリカ軍無くして北朝鮮と戦うことすらできないのが実情である。
そんな中、アメリカ軍の強い要望で、在韓米軍基地にTHAADの配備が決定された。このTHAAD配備の背景には、支那の存在があった。もともと、THAAD配備は、北朝鮮有事が前提として考えられたという建前が説明されていたが、韓国にTHAADを配備したところで現実的に考えてこれを韓国のために使うとは考えにくい。
どう考えても、韓国の防衛と言うよりはアメリカ本土防衛の為の手段だったのだ。



そして、韓国としても、建前としては「韓国国土防衛の為の配備」と言われれば、それを拒む理由は無い。
そんな訳で、電磁波測定とか、環境アセスとか色々とごねて配備を止めようとしていたのが去年の話。

THAAD用地の電磁波測定中止に 住民の反対で=韓国

2017/07/21 14:22
【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は21日、南部慶尚北道・星州の米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の配備用地に関連し、THAADのレーダーから出る電磁波の安全性検証のための測定計画を取りやめたと明らかにした。
~~略~~
 しかし、THAAD配備に反対する「THAAD撤回星州闘争委員会」などは20日午前に記者会見を開き「住民および闘争委員会との協議なしに、一方的に推進する電磁波測定を受け入れることはできない」と主張した。


だが、THAAD配備に反対する団体は、そもそも電磁波測定などを行えば、済し崩し的に配備が進んでしまうと、これに反対。
星州2
それどころか、工事車両の移動や物資の搬送すら邪魔する始末である。
冒頭に紹介した写真のように、基地の周りを反対団体が籠城とい言う形で封鎖しているので、基地を維持するための物資の輸送すらままならない状況。

南北首脳会談まであと3日、韓国国防部の二つの顔

記事入力 : 2018/04/24 10:30
■THAADの作戦用工事はせず
「反対派団体・住民に約束したので…」―きのう星州ではトイレの設備などを搬入
 韓国国防部(省に相当)と警察は23日、慶尚北道星州にある在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)基地前で立てこもりを続けているTHAAD反対派団体や一部地域住民を強制排除し、基地内部に工事用の資材・装備を搬入した。
~~略~~
 警察およそ3000人は23日、基地につながる道をふさいで立てこもりを続けていたTHAAD反対派団体のメンバーや地域住民などおよそ100人を強制排除した。しかし警察は、違法デモを行っていた反対派団体のメンバーについて、連行・罰金賦課など法的な措置は取らなかった。反対派団体側は23日「今後3カ月の工事期間中、THAAD基地への人員や資材の搬入を阻止したい」と主張した。




当然、沖縄でもそうなのだが、韓国でも反対する団体が道路封鎖などをやっているにもかかわらず、警察は連行や罰金などを支払うように通達する素振りすら見せないらしい。

基地に事実上軟禁されている兵士達の命は、ヘリなどを用いて空輸することで繋いでいるようだが、こんな事が許されているというのが韓国の実情なのである。



今回、強制排除を決定したものの、これまではそれすらままならなかった。
 警察はTHAAD配備に反対して基地付近で座り込みを行っていた市民団体や地元住民らの強制排除に乗り出し、工事資材を搬入するための進入路確保に着手した。
 国防部は12日にも兵士らの滞在施設工事のための資材搬入を試みたが、これら資材がTHAAD作戦運用施設の工事に使われることを警戒する市民団体や地元住民の反発により、ひとまず搬入を保留していた。
これはムン君のさしがねだろうが、しかし、韓国としてもいつまでもこんな事を続けている訳には行かないのである。
アメリカにしてみれば、本格的に有事が再燃するようなことになれば、現状維持は如何にもマズイ。相当強烈な圧力を韓国に対してかけたとしても、現状を打破せねばならない。

一方で、反対集会を行っている団体には、大量の資金が注入されているものと考えられ、それは概ね支那の方向から来ているものと考えられる。相手側も本気だと言うことだろう。
日本も沖縄でほぼ同じような事が起こっているので、よそ事でもないのだが……。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ



コメント

  1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32018年4月24日 20:17

    これ、THAADの配備の本体じゃなく、兵舎などを整備する話のようですね。
    「兵士の生活環境改善工事をこれ以上延期できない状況であり」とあるので。
    まあ、辺野古・高江と同じ構図なんですけど。

    >トランプ氏は、この状況で良くぶち切れないな。
    いや、「ぶち切れない」のは、安倍総理が裏で動いているためという可能性があります。
    日米首脳会議や電話会議等で、いろいろレクチャーしているのではないかと感じます。
    もちろん、米朝間だけで無く、米韓の情報も含むと考えてます。

    別に、米韓相互防衛条約が即時破棄されても、日本としては困りません。
    でも、韓国GMなど、米国資本の撤退には、まだ時間がかかりそうですから。
    (金融資本だけが全てではないですから。これは対中も同じ)

    返信削除
    返信
    1. そうですね、THAADそのものは既に配備されているようです。
      あ、追加配備の話はどうなったのかチェックできていませんが。


      トランプ氏に関して言えば、報道されているほど底が浅く、政治的配慮ができない人間だとは僕は思っていません。よって、政治的駆け引き無しに呟くなんて事も無いかも知れません。
      でも、アメリカは相当韓国から軽く見られている節がありますので、経済的な嫌がせ1つくらいはちらつかせるのかなと。
      案外、韓国GM辺りに圧力を掛けているのかも知れません。時間はかかるんでしょうけどね。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。