アメリカが要求する対イラン圧力

イラン核合意の続報だな。

米、対イラン圧力を日本に要求 「新合意」へ同盟国と協議

5/14(月) 7:55配信
 【ワシントン=加納宏幸】欧米など6カ国とイランの核合意からの離脱を表明したトランプ米政権が、日本を含めたアジア、欧州、中東の同盟国などと協調した対イラン制裁強化を通じ、「新たな合意」を目指していることが分かった。北朝鮮に「最大限の圧力」をかけて非核化のための協議に応じさせるのと同様の措置。米政府当局者は12日までに日本政府と協議を始めたことを認めた。
そもそも、「イラン核合意」って、一体何なのよ、という話。

先ずは1つ引用しておこう。
引用はしたのだけれど、割と長いのでちょっと掻い摘まんでいこう。
包括的行動計画(JCPOA)はいわゆるイラン核合意というヤツで、オバマ政権時代の外交実績(2015年7月に最終合意)でもある。これをトランプ氏は、「最悪のディール」と批判している訳だが、何故そうなのか?という話。
核合意はイランと米英仏中ロの国連常任理事国に独が参加してウィ―ンで協議が続けられてきた。そして3年前、JCPOAで合意が実現した経緯がある。核合意の内容は、イランが濃縮ウラン関連活動を制限し、貯蔵量や遠心分離稼働数を縮小する一方、イラン側が核合意を遵守する限り、欧米諸国の経済制裁を段階的に解除するというものだ。
http://agora-web.jp/archives/2032261.html
実はこの「イラン核合意」というヤツは、割と穴が多いからである。
合意
何故か?この核合意は、イランの核開発のスピードを緩める程度の効力しか無く、イランが核保有国になる事を実質的に容認するものであったからだ。

しかし、それでも「意味」はあった。少なくとも、表向きは核開発の継続が困難になったからである。とはいえ、継続するには問題もあったわけだが。

さて、日本の対応をまず紹介しておく。

イラン核合意を支持、米国の決定は誠に残念=河野外相

2018年05月14日 09:32
河野太郎外相は14日午前の衆院予算委員会で、米国がイラン核合意からの離脱を表明したことを受けて、「(日本は核合意を)支持している。米国の決定は誠に残念」と述べた。
アメリカの支持をする日本という構図ではあるが……、一応文句は言っている形になっているな。

アメリカはなかなか強硬な路線を採るつもりらしい。

米、欧州企業に制裁も=イラン核合意離脱で-安保補佐官

2018/05/14-00:36
 【ワシントン時事】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は13日、米CNNテレビのインタビューで、米国のイラン核合意離脱に関連し、イランで活動する欧州企業が米国の制裁対象になる「可能性がある」と述べた。
これに対して、欧州はかなり強い忌避感を持っているようだが、ニュースを見ているとかなり弱腰ではある。

欧州とイラン、核合意巡り外相会合 15日ブリュッセルで

2018/5/11 21:01
【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)は11日、イラン核合意からの米国の離脱表明を受け、イランと英国、ドイツ、フランスの外相会合を15日にブリュッセルで開くと発表した。「米国抜き」で核合意を継続できるかを協議する見通し。米国がイランへの経済制裁を再開した場合の対応策も議題となりそうだ。

ヨーロッパ諸国の政府高官がアメリカの核合意離脱に反対

2018年05月13日19時48分
フランスのマクロン大統領は、トランプ大統領との電話会談で、アメリカの核合意離脱後における中東の緊張の高まりに対して、懸念を示しました。
また、ドイツのマス外務大臣は、同国の新聞のインタビューで、「イランとの貿易の継続の可能性に関する、ヨーロッパ、イラン、その他の核合意参加国との対話が行われている」と語りました。
欧州諸国は、完全に他人事のように振る舞っているけれど、イランの核開発が進めば、ヨーロッパだって困った事になるはずなのだ。

実のところ、イランの核開発の裏側では北朝鮮と繋がっている。
北朝鮮に強い態度を採るのであれば、当然ながらイランに対しても無視するわけにはいかない。だって、北朝鮮の核技術がイランに渡ってしまえば、そこで技術は生き延びる可能性があるのだし、ダブルスタンダードを許すというのは、沽券に関わる。
そして、イランの核開発を潰しておかないと、北朝鮮への経済制裁も上手いこと行かない部分がある。

イランと北朝鮮、核開発で協力 米など指摘「中国企業通じ技術獲得」

2018.5.9 18:46
 イランの核問題は2002年、反体制派が開発している疑いがあると公表したことに端を発する。以来、北朝鮮と協力している可能性がしばしば指摘されてきた。
 米議会調査局が16年に公表した報告書は、当局者の情報として、両国が00年代に「核の父」として注目されたパキスタンのカーン博士のネットワークから、ウラン濃縮に関連する設計や材料を獲得したとしている。

北朝鮮の核・ミサイル開発 イランに協力疑惑
資金提供や技術交流 ロシアは黙認?

2017/9/26付
【ワシントン=永沢毅、モスクワ=田中孝幸】米国との対立を深める北朝鮮とイランが、核・ミサイル開発で協力を続けているとの疑惑がくすぶっている。米欧の情報機関はイランが北朝鮮に多額の資金を提供し、同国の弾道ミサイルや核兵器の技術を得ているとの見方を強める。ロシアが協力を黙認しているとの観測もあり、米国は警戒を強めている。
今までこの決断に踏み切らなかったことの方が不思議といえば不思議だ。
だが、アメリカは決断し、次のシーンにいこうとしているのである。
 トランプ氏は核合意がイランの将来の核開発再開を容認したまま制裁解除したことや、弾道ミサイル開発、武装組織支援といった活動への制限措置を含んでいないことを不満として離脱を表明し、新たな合意を目指す考えを示している。
中東もきな臭い感じではあるけど、その前に北朝鮮を片付けるというのがトランプ氏の覚悟なのだろうね。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32018年5月14日 17:40

    困ったことに、日本はイランに対して、恩義がありますからね....
    詳細は「出光佐三 日章丸事件」でググってください。
    さらにいうと、イスラエルの「核武装」に関係しますから、ややこしいですよ。
    短絡的に考えると、イランが核武装するのはどうでもよくて、直接影響のある北朝鮮の核・弾道弾が無くなればいいという話なんですよね...それでいいのかは別として。

    返信削除
    返信
    1. お返事が遅くなってしまいました。

      出光氏の話は寡聞にして知らず、なかなか歴史的にも色々とあるのだなと改めて感じた次第。

      短期的な話と長期的な話があるので何とも言えないところですが、アメリカの核の傘の下にいるという自覚がある日本にとって、殊、核武装関連の話についてアメリカに異を唱えるというのは難しいのだという現実はありましょう。
      恩義は恩義として、別に考えるべきなのかと。外交ですからね。その恩義を忘れてはいないよ、と伝える事は大切なんでしょうけれど。

      そして、イスラエルやらの話が出てくると本当にややこしい話になりそうですな。日本としては、遠くの核武装の話よりも近くの国の核武装について真剣にならざるを得ない部分はあるでしょうしね。

      削除
  2. この件に対してトランプ氏が正しい!!
    イランてシーア派の本拠地!
    連中はオウムみたいな終末の黙示録を信じてる!
    4代目だかの幼年カリフが葬式の途中で行方不明になりましたとさ。それを「お隠れ」になっとする!
    そしてハルマゲドンの時に現れて世界を救うと。弥勒信仰か?
    本気で信じてるのか?
    お隠れになった指導者が戻るまで「イスラム法学者」が世俗を代理人として指揮するんですってさ!
    バブルの時に革命防衛隊出身のイラン人に訊いたことある!
    信じてるぽいんですね。
    世俗派な人もいるらしいんですが、シーア派はこのような狂信的なカルト宗教ですので、
    こいつらに核を持たせるなど危険極まりない!
    トランプ氏、この件には間違っていないと思いますね!
    筑波大学で「悪魔の詩」を翻訳した学者が暗殺された事件を思い出して欲しい!
    あれはスンニ派だったかも知れませんが、どっちにしろ奴等はアサッシンです!
    奴等に核を持たせるのは危険であり、ましてやカルトなシーア派の総本山です!
    トランプ氏が嫌いですが、この見解は正しいと思います。

    返信削除
    返信
    1. トランプ氏の思想はともかくとして、イラン核合意というのが相当に穴のあるものだというのは事実なのだと思いますよ。

      そして、世界的には核不拡散という方向で合意しているのですから、建前としては、どの国であろうと核兵器保有は望ましくないというお話になると思います。

      話を単純化すればそういう事だと。

      ただね、アメリカが核を保有するに適している国か?と言われると、唯一他国に対して核攻撃を行使した実績を持つ国ですから、最も危険な人物に武装させていると言っても過言ではありません。よって、イランに核を持たせるのが危険かどうか?という観点で論じる事には、僕自身は意味を感じていません。

      削除
  3. イランに恩義ねぇ……世話になってる「あるけむ様」でもねえ。俺は恩義なんか感じないけど。フセインが全て悪いといえ、親父が無差別攻撃を宣言した時に、イランでIJPCの石油施設を建造していた親父たちにイランは何をしてくれた?
    それどころか幼い学童まで空港で、他国の救援機を指を咥えて泣いていた!
    助けてくれたのはトルコ共和国ですよ!!
    自国の民を陸上輸送してまで、日本人に救援機の一番機を譲ってくれました。機長もパイロットもスチュワーデスも、期限ギリギリの中で志願さてくれた!
    感謝するならイランでなくトルコ共和国でしょ!
    あんなシーア派のオカルト国に何で感謝せねばならんの?

    返信削除
  4. 我が国は第一次大戦中に、祖国の運営する客船がドイツのUボートに撃沈されてます!
    その時に、クルーも日本人乗客までが西欧客の救出に体を張って救出しました。幸いにフランス海軍により救出されました。

    戦争で大変だったのは解る!
    だが、イラン政府は混乱の中で我が国の船員と日本人乗客が一致団結して他国人を護ったような事をしましたか?
    所詮、奴等はアサッシンです!
    そんな国に恩義?
    恩義を感じるならトルコに対してではないか!!
    言っておきますがイラン政府より左翼はもっとクソ!です。
    自衛隊による救出機の派遣を、テメエらの思想の為に国会で握りつぶした!!!
    日本人が日本人を救出して何が悪いんですか!!
    先のエルトゥール号救出にトルコが御返ししてくれた映画のヒロインの言葉です!!
    シーア派はカルト教団に過ぎない!

    返信削除
  5. 言っておきますが、筑波大学での残虐な暗殺はイランとは特定されてません!
    ただし、多額の「暗殺代金」を提示していたのは「イラン」です!!
    アイルランドのロックバンドのU2のメンバーは、「悪魔の詩」を書いたサルマン・ラシディ氏を、テロ危険を覚悟で匿っています。どー考えても、一人の翻訳した学者を暗殺した背後にはイランがいるだろ!!
    そんな国に「恩義がある?」
    あるけむ様は慧眼な方ですが、
    この点には何とも思わないんですか?
    失礼ながら慧眼な方も目が腐る事があるのだなと思わざる得ません!
    イスラム原理主義は既に内陸で
    中央アジア、海からインドネシアに達してあます。日本の五輪でテロやらないとは誰も言えない!そんな時に「恩義がおる!」失礼ながら、祖国の安全を考えているんですか?
    あー、確かにイスラム国はスンニ派ですが。連中は変わりませんよ!

    返信削除
  6. 宗教問題をこのブログで語るな!って反論はあるでしょけどね。確かに私は今は神道に帰依しているが半世紀カトリックだったからムスリムに対する反感はある。
    しかしね、イランがテロ国家なのは事実だし(暗殺代金を世界に宣言している!)、そもそも宗教抜きで中東や西アジアを語れると思うならば、そりゃ目が腐ってますよ!
    筑波大学の暗殺事件の実行者がシーア派であった立証はできない!でも全世界に暗殺料金を報じていたのは「イラン」です!
    自国の全うな学者が暗殺されて、「恩義がある」などと妄言を吐かれるのは、およそテロリストに味方してるとしか思えませんね。
    宗教抜きで語れるほど、中東は先進国ではありません!!
    何を考えてるんた、この人は?

    返信削除
  7. そりゃね!トルコはオスマン朝時代の恩義を、トルコ共和国になってから返してくれた。
    だから国の恩は…てのは、あるけむ様に賛同しないでもない!
    でも、一人の作家に暗殺報酬を仕掛けて、その翻訳者まで暗殺した事件の裏にはテロリスト国家イランが必ずいる!!
    そんな国に恩義を感じろ!ってのは、百害あって一利ない!

    返信削除
  8. 一回、中東を旅してみなよ。
    狂犬病ウイルス抱えて野犬がゴミ溜めをウロウロしてるわ。
    あるアラビア半島先端の国では、狂犬病がおるから射殺しろと現地スタッフに拳銃を渡されめした。あの辺りに先進国のルールが適用されると思うならば、一回、行ってみなよ!

    返信削除
    返信
    1. 余裕があれば、色々な国を旅してみたいものですが、なかなかそうした機会を作る事は難しそうです。

      トルコに関する話はまた機会があれば取り上げたいと思いますが、中東切っての親日国であるという風に言われる程、日本とは深い関係にあると思いますよ。

      それと、宗教談義に関してですが、正直な話、宗教抜きで政治を語れるとは思っていません。特に中東は本当に難しいと思います。そこはご指摘の通りかと。

      簡単なお返事になってしまいましたが、この辺りでご容赦を。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。