北朝鮮、アメリカに対して揺さぶりをかけるも失敗

まずは、韓国のニュースを引用していこう。

北金桂冠「核放棄だけ強要する北米対話も再検討

入力2018.05.16 12:09
金桂冠北朝鮮外務省第1次官が16日、「核放棄だけ強要しようとしつづけるなら会話に興味を持たないだろう」と明らかにした。また、北米サミットも再検討するしかないと述べた。
金次官はこの日、朝鮮中央通信との談話を通じて、「米朝首脳会談を控えた今、米国での会話相手を深く刺激する妄言がまくり飛び出しているのは、ごく穏当ない仕打ちとして失望させないことができない」とし、このように主張した。
金桂冠氏といえば、古くから北朝鮮の外交官を務めている人物で、対米政策を担当していると言われている。この人物は、先代の時代から対米外交に携わっていたということで、まあ、相変わらずの強気発言だ。
金桂冠
ただ、北朝鮮側が「南北閣僚級会談を無期限中止」したり、米朝首脳会談の中心を仄めかしたりと、「いつものパターン」をやっている様だ。
金次官は、「ホワイトハウス国家安保補佐官ボルトンをはじめ、ホワイトハウスと国務省の高官は、『先核放棄後補償』方式をふり回しながら、リビア核放棄方式だ、完全かつ検証可能で後戻りできない非核化、核、ミサイル、生物化学兵器の完全廃棄といった主張を遠慮なく出している」と米国の強硬発言に言及した。
続いて「これは対話を通じて問題を解決しようとするのではなく、本質において大国に国を丸ごとさらし崩壊したリビアやイラクの運命を尊厳高い私たちの国に強要しようとする深く不純な気持ちの発現」と非難した。
金次官はまた「私はアメリカのこのような仕打ちに激怒を禁じえません。果たして米国が真に健全な対話と交渉を通じて関係改善を望んでいるのかについて疑問になる」と主張した。

北朝鮮の立場を考えれば、こうした発言は北朝鮮国内に対しては必要な事なんだろうと思う。ただ、外国向けにこんな事を言えるような立場では無い。

面白いのが中央日報の、ボルトン氏の発言を引用した記事だ。

ボルトン氏「CVIDに後退ない、北の金桂冠は問題ある人間」

2018年05月17日10時51分
  北朝鮮非核化の「コントロールタワー」ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が提示した「リビアモデル」と「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化(CVID)」に対し、北朝鮮が米朝首脳会談中止の可能性にまで言及しながら反発したことに関連し、ボルトン補佐官は「新しいことは何もない(nothing new)」と16日(現地時間)主張した。
冒頭に紹介した金桂冠氏の発言に対して、ボルトン氏は「一蹴」という感じで切って落としている。
  ボルトン補佐官はこの日、FOXニュースラジオのインタビューで「我々は会談の成功のためにあらゆることをする。しかし北朝鮮のCVIDという会談の目的から後退しない」と自身の考えを再確認した。
アメリカのFOXニュースといえば、右側の立場での報道が多い事で有名だ。ニューヨークタイムスとか、CNNとかとは対極にあるメディアだね。だからといって正しいニュースが多いと言うつもりはない。

ともあれ、その分割り引いて考えるにしても、インタビューでニュースにしているのだから、ソースについて疑いを持つ必要は無かろう。
  これに先立ち3日前の13日、ボルトン補佐官はABCのインタビューで「核兵器を廃棄してテネシー州オークリッジに移すべきだ」とし、北朝鮮の廃棄核施設および核物質を保管する「米国内の場所」(オークリッジ)を特定した。
  また、ボルトン補佐官はFOXニュースのインタビュー(16日)で「我々は過去の政権の失敗を繰り返さない。北朝鮮がより多くの見返りを要求する間、北朝鮮との終わりのない対話に巻き込まれない」と強調した。
  続いてボルトン補佐官は朝鮮中央通信の談話で自身に言及した金桂冠(キム・ケグァン)第1外務次官を「問題がある人間(problematic figure)」と批判したりもした。金桂冠次官はボルトン補佐官が国連大使だった2005-06年、マカオのバンコ・デルタ・アジア(BDA)に対する制裁で金正日(キム・ジョンイル)総書記の統治資金が凍結すると、「非常に厳しい」と抗議の意を表明した。
  ボルトン補佐官は「金桂冠は6カ国協議で北朝鮮の談話をいつも発表していた『問題がある人物』」とし「これは彼らの考えが変わったという信号であり得る。一方、会談の準備が続くという信号でもある」と言及した。
で、まあ、金桂冠氏の事をケチョンケチョンにしているのだが、面白かったのがこちら。
  ボルトン補佐官は米朝首脳会談開催の可能性に関し「我々は楽観的であると同時に現実的であろうとしている。それが大統領の立場だと考える」と明らかにした。また、国務省軍縮・国際安保担当次官だった2003年当時、金正日総書記(国防委員長)を「独裁者」と批判した後、北朝鮮から「吸血鬼」「人間ゴミ」などの侮辱を受けた記憶にこの日のインタビューで言及したりもした。
個人的にも何か言われてたのかよ!(笑)

ともあれ、アメリカが北朝鮮の強請集りの手管に、何か譲歩するという積もりは無さそうだ。

それどころかこんなニュースがあった。

米大統領、北朝鮮との「開戦準備」指示していた

2018/5/16 15:255/16 15:39
 トランプ米大統領が今年2月の平昌冬季五輪の開幕前、安全保障担当の高官に対し、韓国にいるすべての米軍関係者の家族を避難させる準備をするよう命じていたことが分かった。CNNテレビが16日までに、複数の政府高官の話として伝えた。
共同通信が報じているが、CNNがソースであるようだ。

この段階でこのニュースを流すというのが、アメリカの意図を感じるワケだが、アメリカと北朝鮮との間での情報戦が激化している様に感じる。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 表立った脅しと、裏での工作はやはりアメリカの方が上手ですな……
    北の脅しは裏付けがないし、裏工作は特定の国にしか通用しないし……

    返信削除
    返信
    1. まあ、ソレの専門機関がCIAですから歴史が違うと言うべきか。

      日本もそういう外交が出来るような体制を整える必要性がありますよね。まあ、アメリカが「正義」を振りかざしたときに、ソレに同調するかどうか、という話を含めて、自分の判断のできる国になりたいものです。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。