「辺野古抗議は県内から!」と主張する琉球新報

ああ、そうですか。

辺野古抗議「県内」から参加が84% 「県外」は15・6%  実行委「情報発信が重要」

2018年5月5日 05:00
 【北部】4月23~28日に実施された「辺野古ゲート前500人行動」の参加者へのアンケートを、同実行委員会が4日までに集計した。実行委のまとめでは、回答した411人中、沖縄県内からの参加が346人で84・2%、県外からの参加は64人で15・6%だった。
この手の新聞記事は本当に注意して読まないとね。
ゲート前
県内が84%じゃないか!と、興奮される前に、どういったアンケートかを注意して読まねばならない。
恣意的なグラフ
グラフがあると、なかなか分かり易い……、なんて思っていると足下をすくわれる。
アンケートは行動最終日の4月28日に、参加した市民ら1488人に協力を呼びかけ、実施した。
 一方、参加者の年代は回答のあった413人中、60代が183人で最も多い44%を占めた。70代が134人で32%、50代が41人で10%と続いた。実行委はアンケートを採った日が土曜日だったが、参加者に現役世代が少なかった点に触れ「50代以下への呼び掛けに力を入れる必要がある。辺野古の現状を知ってもらえるよう、ネットでの発信などが重要になる」とした。
協力を呼びかけたのが1488人。回答があったのは413人、沖縄県内からの参加が346人である。
本当ならば、上の記事はこの様になるハズだ。
image
実は、県内参加者の割合は全体の23%だって。回答者の実に72%は、「答えたくない」という話になっていて、まさか国外から参加した人間が回答するとも思えない。となると、このアンケートの意義は一体何処にあるのだろうか?という話になる。
年代別の内訳なども、余り意味は無いだろう。情報は正確に分析しないと意味はないよね。
辺野古の現状を知ってもらえるよう、ネットでの発信などが重要になる」とした。
よし、僕も協力したということで!
琉球新報さん、お礼は良いからねー。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. いつも興味深く拝見してます。
    マスメディアによる恣意的な報道が多くて嫌になりますね。
    日本でもバランスの取れた客観的に報道してくれるメディアが欲しいところです。

    返信削除
    返信
    1. 「バランスのとれた客観的な報道をしてくれる報道」というものが、非常に存在しがたいのだと思います。
      よって、これは考え方を変え、色々な政治スタンスの報道が増える事を、つまり放送規制改革を推進するしか無いんだと思います。

      このブログもそうですが、個人のできる事には限界があります。
      そして、集団であっても「報道の姿勢」というのは、一定していないと信じにくい部分があり、例えば朝日新聞などは「これはフィクションです」とタイトルに示してくれれば、安心して読めるワケで……。

      まあそれは言い過ぎとしても、情報を受け取る側も頭を使わねばならないと言うことなのでしょう。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。