またフェイクニュース?朝日新聞が新文書を指摘

このニュースを報じたのは朝日新聞だけじゃ無いけれど、大々的に報じたのは朝日と毎日という日本の誇る2大(何がとは言わないが)報道機関だ。

「安倍首相が『獣医大学はいいね』」愛媛県新文書に記録

2018年5月21日18時28分
 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設をめぐり、2015年2月に学園の加計孝太郎理事長が安倍晋三首相と面会した、と学園側から報告を受けたとする内容を、愛媛県職員が文書に記録していたことがわかった。
この新事実だとして胸を張っている文章が、これ。
フェイクニュース
凄いメモだ(棒)
事務の仕事をする人間ならばピンとくると思うが、ここまでコピーにノイズが乗るというのは、何度も何度もコピーを繰り返したからだろう。しかし、今のコピー機は相当技術が進んでいるお陰で、ここまでノイズが乗るのは珍しい。2015年頃に作られた文書とは言え、かなりお粗末だな。

愚劣な内容ではあるが、一応文字起こしをしておこう。

獣医師養成系大学の設置に係る加計学園関係社との打合会等について

27.3.??
地域政策課

1.加計学園から、理事長と安倍首相との面談結果などについて報告したいとの申出があり、3月3日、同学園関係者と件との間で打合会を行った。
2.加計学園からの報告は、次のとおり。
① 2/25に理事長が首相と面談(15分程度)。理事長から、獣医師養成系大学空白地帯の四国の今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明。首相からはそういう新しい獣医大学の考えはいいね。」とのコメントあり。また、柳瀬首相秘書官から、改めて資料提出するよう指示があったので、早急に資料を調整し、提出する予定。
② 下村文科大臣が一歩引いたスタンスになっており、県においても、官邸への働きかけを非公式で実施いただけないかとの要望があったが、政治的な動きは難しい旨回答。
③ 検討中の大学附設設備(高度総合検査センター等)の設置には、多額の費用が必要であるが、設備設置に伴う国からの補助がない中、一私学では困難であるので、国の支援が可能となる方策の検討を含め、県・市の財政支援をお願いしたい。

なお、3月4日には、同学園と今治市長が面会し、ほぼ同内容の説明があった。

3.おって、3/3に開催された国家戦略特区諮問会議では、特区法改正に盛り込む追加規制緩和案が決定されたが、新潟市の国家戦略特区(獣医学部設置に係る規制緩和)は、含まれていない。
今後、26年度末までに出される構造改革特区提案(愛媛県・今治市)に対する回答と合わせて、国家戦略特区の結論も出される模様。

4.ついては、加計学園の具体的な大学構想が示されたことから、特区提案の動向を踏まえ、今後の対応方針について、今治市としっかりと協議を進めていきたい。
先ずは、これが単なるメモなので、何かの証拠になるか?といわれるとかなり証拠能力は怪しいと言わざるを得ない点を、まず指摘しておかねばならない。日付も平成27年3月まで読めるが、その後は消されている。消す必要があるのなら、普通は黒塗りだよな?

その上で、不自然な話があるという指摘がネットを中心に巻き起こっている。
テレビキャプチャ
こちらはテレビニュースNステのキャプチャ画面なのだが、こちらを見ると違和感を感じる方も多いのでは無いか?
実は、文章の途中でフォントが切り替わっている部分があるのだ。それを解析したのがこちら。
指摘別の指摘
ここから推測されるフォントの分布がこちら。
解析
ピンク色は明朝体、黄色はゴシック体のフォントが使われているようだという結論になっている。

文書を作る上で、文書の途中でフォントが変わる可能性は、「わざわざ強調するために切り替えた」が、「コピペをした結果、その部分だけ変わってしまった」のか、のどちらかだろう。
ただ、強調しているという可能性は薄く、コピペの結果だという可能性の方が高い。
 これまで安倍首相は、加計氏について「私の地位を利用して何かをなし遂げようとしたことは一度もなく、獣医学部の新設について相談や依頼があったことは一切ない」と答弁している。また、学園の学部新設計画を知ったのは、国家戦略特区諮問会議で学園が学部設置の事業者に決まった17年1月20日、とも説明していた。15年2月の段階で加計氏が話をしたとする文書の内容と、安倍首相の説明は矛盾しており、あらためて説明を求められそうだ。
朝日新聞はこの様に指摘しているが、これが既に矛盾である。

首相動静で確認できず=加計学園理事長の面会

2018/05/21-22:39
 愛媛県が国会に提出した文書に記されている安倍晋三首相と加計孝太郎加計学園理事長による2015年2月25日の約15分間の面談について、「首相動静」では確認できなかった。
 新聞・通信各社は毎日、首相の動向を「首相動静」などの形で報じている。それによると、首相は同日、昼の休憩時間を除いて午前9時から午後2時まで衆院予算委員会に出席。首相官邸に戻って米外交問題評議会のハース会長、自民党の谷垣禎一幹事長(当時)らと個別に面会した。
 この後、戦後70年談話に関する有識者会議に参加し、午後6時半から首相公邸で菅義偉官房長官らとともに各府省庁の副大臣と会食。午後8時20分ごろに東京・富ケ谷の私邸に戻り、以後、午前0時まで来客は目撃されていない。
時事通信はこの様な記事を書いているが、結論はこうだ。
 ただ、首相動静に表れない「密会」が日常的に行われているとの証言もある。官邸や公邸に記者の目に触れないように出入りするのは容易とされており、動静だけで判断するのは難しい。
なるほど、確かに密会を書き記す理由は無いから、動静だけで判断するのは誤りだろう。
 <時事通信>
 午前7時48分、公邸発。同49分、官邸着。
 午前7時50分から同8時13分まで、加藤勝信官房副長官。
 午前8時52分、官邸発。同53分、国会着。同55分、衆院第1委員室へ。同9時、衆院予算委員会開会。
 午後0時2分、衆院予算委休憩。同3分、同室を出て、同5分、国会発。同6分、官邸着。
 午後0時54分、官邸発。同55分、国会着。同57分、衆院第1委員室へ。同1時、衆院予算委再開。
 午後2時、衆院予算委を途中退席し、同3分、国会発。同5分、官邸着。
 午後2時33分から同52分まで、米シンクタンク外交問題評議会のハース会長。
 午後3時から同33分まで、毎日新聞のインタビュー。
 午後4時9分から同43分まで、谷垣禎一自民党幹事長。
 午後5時30分から同6時24分まで、戦後70年談話に関する有識者会議。同27分、官邸発。同28分、公邸着。各府省庁の副大臣と会食。菅義偉官房長官ら同席。
 午後8時1分、公邸発。
 午後8時18分、東京・富ケ谷の私邸着。
 26日午前0時現在、私邸。来客なし。(2015/02/26-00:05)
これだけびっしりとスケジュールが埋まっていたとしても、どこかで15分だけ時間を作ると言うことは、可能か不可能か?で言うのであれば可能なのだろう。
だが、新聞各社が何れも別々に動静を出して、その何れにも載っていないというのは不自然ではある。
そして、20時1分に公邸発、18分に私邸に帰っている事を考えると(面会は公邸で行うことが多い)、この日、私邸に帰ってから面会したと言うことは考えにくい。

であれば、証拠能力としては、上のフォントがコロコロと入れ替わる文書よりは動静の方が信頼ができる。

上の文書では、「安倍首相との面談結果」という部分があるので、少なくとも何らかの面談を行った可能性を示唆する文書であるとは言えると思うが、その他の部分で捏造の疑いがある以上、証拠として採用するのは不味い。
そして、残念な事にフォントが同じ部分だけでも不自然な部分がある。日付の表記が、3月3日、2/25、3月4日、3/3、とブレがあるのだ。文書を作るにあたって、こうした表記ブレは同一人物が作った文書であれば起こりにくく、不自然である。

更におかしいのは、2と3の時系列だ。なぜ、3月4日の後になるはずの文章が、「おって」と接続詞が加えられたうえで3/3の出来事が書かれるのか。
追って開かれた国家戦略特区会議とは2015年3月3日の会議のことを指すと思われるが、1との繋がりで「おって」と記載されたと解釈する場合は、時系列的にも同日である点で不自然だし、1の出来事は加計学園関係者と愛媛県との間で行われた会合であり、3の出来事は国が主催する国家戦略特区会議なので、主体も異なる。意味がよくわからない。

結局、今回のニュースはなんの証拠にもならない文書を証拠だといって騒いでいるだけに過ぎないのだ

あ、ついでに面白いtweetがあったので紹介しておこう。
いいのかなー?こんな文章出しちゃって。

ページが16となっていて、報道された17の続きだと思われるページなのだが……、「今治市から、加計学園と加藤内閣官房長官との面会の状況は次の通りであり、今治市への設置は厳しい状況にあるとの連絡があった。」「①獣医師養成系大学・学部の新設については、日本獣医師会の強力な反対運動がある」「②加えて、既存大学からの反発も大きく、文科大臣の対応にも影響か。」「③県・今治市の構造改革特区への取り組みは評価。ただし、関係団体からの反発が極めて大きい。」「④新潟市の国家戦略特区については、詳細を承知していない。」とあるよ。
獣医学部設置反対を日本獣医師会が強力に推進していた事実は不味いと報道機関が判断して、紙面に載せなかった可能性が高いが、玉木氏はこれをしれっと公開しちゃった。
お父ちゃんに叱られても知らないぜ?玉木氏は。

更に、「首相がイイネと言った」とか「柳瀬首相秘書官が資料を提出しろ」と言ったとの言及があるが、これが事実だとして何か問題があるのだろうか?
その後に「政治的な動きは難しい」との回答の主体がハッキリしないが、県に打診したとすれば、県が弱腰だったという話であり、首相に打診したのであれば、当然の回答である。
まあ、ここもフォントが変わっている部分だから論じる意味があるかすら怪しいんだけど。



結論、この話は騒ぐ前に色々調べてね、と言う話に尽きる。
この資料は愛媛県から出ているので、新聞各社を非難するのも違うのかも知れないが、報道機関であればその辺りの「怪しい部分」に目を瞑らずに、突っ込みを入れておくのが仕事なんじゃ無いだろうか。

追記 (2018/5/22)
ああ、コウモリ政党の公明党が槍の矛先をそっちに向けたと言うことは……。

愛媛県新文書は「また聞きのまた聞き」公明党・山口那津男代表

2018.5.22 12:21
 公明党の山口那津男代表は22日午前の記者会見で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、安倍晋三首相が平成27年2月に加計孝太郎理事長と面談し、説明を受けたとする愛媛県の内部文書が国会に提出された件に関し、「当事者である首相も、加計氏も面談を否定している。一方、出された文書はまた聞きのまた聞きというような伝聞を重ねている要素もある」と語った。
しかし、リベートが得意な山口氏がこんな歯切れの悪いことを言うとは……。
確かに、安倍氏も加計氏も否定しているが、これは個人の記憶に基づくものである。一方の文書の内容は?というと、確かに、文書を作った愛媛県の地域政策課の人間が、加計学園側の主張を記載するスタイルで、加計学園側も安倍氏が「そう言った」という伝聞調である。
「また聞きのまた聞き」というのは正しい。しかし、ずばりと切り込んでいるかというと、そうでも無いんだよね。
 野党側が愛媛県の中村時広知事の国会招致を求めている状況については、「自分の直接経験したことに基づいて表現するのが真実に近づく大事な要素だ。中村氏はまったく自身の経験ではない。それで事実の解明が大きく進むとはあまり期待できない」と述べ、否定的な考えを示した。
寧ろこっちの方が本命なんだろうね。
「え?愛媛県の中村知事?それって当事者でも何でも無いよね」という話だ。平たく言えば「当事者でも無いのに国会招致してどうするんの?」ということ。




ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 初めてコメントさせて頂きます。
    いつも筋の通った分析、大変勉強になります。

    本件ですが、なんと朝日新聞は自紙の首相動静の記録記事を削除するという暴挙
    (愚挙??)に出ました。
    このニュースを読んだときは、怒りを通り越して、不謹慎ではありますが、
    思わず笑ってしまいました。
    http://netgeek.biz/archives/118939

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。

      首相動静を消しちゃったって、消して何か変わるわけじゃ無いんでしょうけど……。余程疚しいことがあるのか、それともまた別な理由なのか。
      少なくとも、このタイミングでやるべき話では無いですよね。
      新聞各社が別々に出している首相動静を朝日新聞だけ消したって、意味が無いでしょうに。

      削除
    2. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32018年5月22日 19:09

      >なんと朝日新聞は自紙の首相動静の記録記事を削除するという暴挙
      >(愚挙??)に出ました。
      それは、ネット上の話ですよね...紙面(紙媒体)は残っているのに。
      国会図書館に行けば、誰でも見られますよね。馬鹿としか思えない。
      (国会図書館の収蔵物を改竄することは無理ですよ)

      削除
    3. >あるけむ様
      >(国会図書館の収蔵物を改竄することは無理ですよ)

      いやいや、バカには底がないから、何するか分からないですよ。
      キ印のフリしてマジックかカッター持って行けば良いだけですから。
      マッチもありか。
      ……あ、それでもマイクロフィルムは手出し出来ないかな?
      職員にシンパがいれば別か。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。