韓国軍のF-15K墜落事故、調査結果が発表される

記録の意味で記事にしておきたい。特に中身に突っ込みをしているわけじゃ無いからご注意を。

韓国軍、F-15K墜落事故調査の結果を発表…原因は?

2018年05月18日14時24分
  4月5日に慶尚北道漆谷郡(チルゴクグン)で発生したF-15K戦闘機墜落事故は操縦士の「飛行錯覚」によって発生したと、韓国空軍が明らかにした。
ネタはF-15Kの話だ。
このブログでは取り上げなかったのだが、先日、F-15Kが墜落している。

韓国でF15K戦闘機が墜落 基地に帰還途中

2018年4月5日18時04分
韓国軍によると、5日午後2時38分ごろ、空軍のF15K戦闘機が慶尚北道(キョンサンプクド)漆谷(チルゴク)郡の山中に墜落した。パイロットら2人が搭乗しており、1人が遺体で発見された。韓国軍によると、F15Kは午後1時半ごろ大邱(テグ)基地を離陸し、任務を終えて基地に戻る途中だったという。
これが、墜落のニュース。
F-15K
F-15Kといえば、F-15Eファミリーの韓国版。
メンテナンスが万全であれば、現存する西側の戦闘機の中ではトップレベルの性能を誇る戦闘機である。東側の方は情報がしっかり出てこないので分かりかねるんだけど。



でもまあ、どんなに高性能な戦闘機でも落ちるときは落ちる。
  空軍の関係者は18日、F-15K墜落事故について、操縦士が前方機との安全距離の確保に集中し、安全高度を見逃して発生したことが調査で分かったと説明した。
  この関係者は「当時、操縦士は雲の中を飛行する状態で前方機との安全距離の確保に注意を集中し(戦闘機が)降下していることを認知できず、降下角の調節時期を逃した」とし「飛行錯覚の原因の一つである操縦士の状況認識喪失によって発生した」と明らかにした。
韓国軍の発表では、操縦士がへぼかったという結論に至ったらしい。

F15K戦闘機墜落 操縦士2人死亡か=韓国空軍

2018/04/05 19:32
~~略~~
 F15Kは韓国空軍の主力戦闘機で、2005年に戦力化。現在、約60機が運用されている。

貴重な戦闘機と、貴重なパイロットを失った韓国軍だが、「状況認識喪失」というのは、日本で言うところの空間識失調(vertigo)というヤツだろう。
  大邱(テグ)の空軍第11戦闘飛行団所属のF-15K戦闘機1機は4月5日午後、空中機動訓練を終えて基地に戻る途中、漆谷の遊鶴山(ユハクサン)に墜落した。この事故で戦闘機に乗っていた操縦士チェ・ピルヨン少佐(29)とパク・ギフン大尉(27)が殉職した。F-15K戦闘機は事故当日、空中迎撃訓練編隊(4機)のうち4番機として任務を終え、編隊の最後尾を飛行していた。
救いがあるとすれば、最後尾を飛行していたが為に、僚機を巻き込まなかったことくらいだろうか。

しかし、不可解な事もある。
僚機との距離に気をとられて高度を気にしていなかったというのは、可能性としてはあるのだろうけれど、そうだとすると高度警戒警報などのアラートが鳴らなかったという事なのだろうか。それも、単座ならともかく副座(二人乗り)でこうした事故というのは若干腑に落ちない。

良く言われている話なのだが、F-15Kのメンテナンス問題というヤツがある。

韓国空軍の戦闘機、修理の部品がなくて有事にも飛べず=「部品を買うお金がないのか?」「戦闘機だけの問題じゃない」―韓国ネット

レコードチャイナ 2017年10月21日 11時10分 (2017年10月24日 00時00分 更新)
2017年10月20日、韓国・東亜日報は、韓国空軍のF-15K戦闘機が修理部品の不足で飛行不能が頻発していることが分かった。
国会国防委員会所属の金学容(キム・ハクヨン)議員(自由韓国党)が空軍本部から提出を受けた資料によると、F-15Kの「修理部品不足に起因する飛行不能(G-NORS)」事例の発生件数が15年の50件から今年上半期には60件に急増した。同期間の飛行不能時間も7.9日から16.8日に増加した。
こんな記事が書かれているが、近年特に悪化しているようだ。そうした影響もあるんじゃ無いのかな?という気がして仕方が無い。

まあ、そうした事を想像したところで余り意味は無いんだけれど。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント