日本は北朝鮮に対して200億ドルを支払う必要があるのか?

200億ドルって、何なんだろう?というと、「対日請求権」と言うことらしい。

「対日請求権200億ドル、北朝鮮再建の『種銭』可能」

2018年06月14日09時01分
  第2次世界大戦が終わった1945年。連合軍は敗戦国である日本に大規模な賠償責任を課した。戦争で破壊された被害国のインフラを再建するのに日本が直接資金を支援しろという意味でだ。日本の侵略で被害を受けたアジア諸国は順に賠償金を受ける。
え?これ、嗤うところ?

報道しているのは、中央日報であり、この主張は韓国側からの主張なのだと言うことをまず念頭に置いて欲しい。
  1954年にビルマ(現ミャンマー)が2億ドル、56年にフィリピンが5億5000万ドル、58年にインドネシアが2億2300万ドルを順に受け取った。そして65年に韓国は3億ドルを受け取る。日本に侵略被害補償金を請求する権利、対日請求権を行使した事例だ。
さて、この中央日報が何を言っているかというと、侵略被害補償金を支払いやがれということを言っているらしい。
昭陽江ダム
このダムの写真は、韓国の昭陽江に作られた東アジア最大級のダムの写真である。
現在の様子
これが現在の様子らしく、漢江水系の洪水調整や水力発電などの他、生活用水や工業用水を供給する為の水源としての機能がある重要なダムである。
で、これは日本工営という建設コンサルタント会社が技術を供与し、日本がお金を出して作ったダムである。


しかし、中央日報は知っていてワザとおかしな情報を書いているが、これは「戦後賠償」という性格のものではない。
そもそも、戦後賠償というのは、戦勝国が敗戦国に対して請求する金銭的な補償なのだが、日本は敗戦国ではあるけれども、韓国は戦勝国などでは無い。
じゃあ、ビルマはどうか?というと、これも同じである。

サンフランシスコ講和条約(1951年9月8日)では、「日本が行うべき賠償は役務賠償のみとし、賠償額は個別交渉する(第14条(a)1など)」と記載されており、実のところ金銭的賠償を行うことに日本が合意したわけでは無い。

しかし、戦争を起こして各地を侵略したという事実そのものは受け止め、各国と個別に条約を結んで、それぞれの国に援助菌としてお金を支払っている事実はある。
例えばビルマであれば、日本国とビルマ連邦との間の経済及び技術協力に関する協定という協定を結ぶことで、504億円の支援を行っている。形としては「無償供与という形ではあるが、理解としては「準賠償」という風に捉えられている。何故かと言えば、「占領した連合国に対する賠償」というカテゴリーに入れられるからである。
では、北朝鮮とはどうなのか?というと、日本と北朝鮮の間には未だに国交が無い。故に、今後、そうした国交正常化交渉を行う事はあるのだろうが、しかし、実は韓国との間に「日韓基本条約の関係諸協定、日韓請求権並びに経済協力協定」と言うヤツを結んでいて、ここで韓国側に支払われている。これも経済支援という形で支払われたものだ。

ここで、何故、韓国に支払ったのか?という疑問が出る訳だが、これは日本が韓国との国交正常化交渉を行うときに、韓国が唯一朝鮮半島に存在する合法的な政府だ、という認定をしたからであり、それは文書としても残されている。

第三条

大韓民国政府は、国際連合総会決議第百九十五号(III)に明らかに示されているとおりの朝鮮にある唯一の合法的な政府であることが確認される。
つまり、北朝鮮が請求すべきは韓国であって、日本に対してではないのである。

「日帝徴用被害者不払い賃金、日本に請求権行使難しい」

2009年08月15日15時11分
  政府が日帝徴用被害者たちの不払い賃金放棄の対価として1965年、韓日請求権協定時に経済協力資金を受けており、供託金の還収は推進しにくいという意を文書で明らかにした。
  14日、ソウル行政裁判所によると外交通商部は、徴用被害者たちが起こした訴訟で、裁判所に提出した文書を通じ「日帝動員被害者(不払い賃金)供託金は、請求権協定を通じて日本から受けとった無償の3億ドルに含まれているとしなくてはならないため、日本政府に請求権を行使しにくい」という立場を示した。
こうした記事が韓国国内で報道されている(実は、この時までは殆ど情報開示されていなかった)ので、ある程度は認知されている事実だ。
なお、この金額が不十分であるという主張もあるが、額面は当時の価値で1080億円(3億ドル)である。
ラオスに対しては10億円、カンボジアに対しては15億円、額面の大きかったビルマに対してでさえ504億円である。ビルマの倍以上の金額を手にしておいて「足りなかった」もクソも無いだろう。この価値は、当時の韓国の国家予算が3.5億ドルであったことから考えても、とんでもなく膨大な金額であったといって良い。

この他にも、日本は日韓併合時代以前から韓国国内でのインフラ整備を行ってきており、今なお使われる程度には立派なインフラを残しており、その額、53億ドル相当ということになっている。
こうした金額の正当性がどうであれ、日本と朝鮮半島との間にはもはや請求権は放棄されて存在しないというのが、日本の公式な立場なのである。

まあ、そんな訳で「日本に侵略被害補償金を請求する権利、対日請求権を行使した事例だ。」というのは大嘘なのである。

にもかかわらず、サムスン証券はこんな試算を出しているのだとか。
  サムスン証券は、北朝鮮が対日請求権を行使し200億ドル(約2兆2061億円)を受け取ることができ、これを経済再建の種銭として活用できるという分析を出した。同社リサーチセンターの北朝鮮投資戦略チームが13日に刊行した報告書の内容だ。
  サムスン証券はこの報告書で「過去韓半島(朝鮮半島)統一費用の算定は統一ドイツ方式を前提にした。しかし米国などが北朝鮮の体制を認めた状況で当分は(ドイツのような)吸収統一に基づいた費用算定は非合理的」と指摘した。
ふざけるな!
  北朝鮮が受け取れる対日請求権金額に対する予想は入り乱れている。サムスン証券は「北朝鮮が300億~400億ドルを要求したという説があり、2002年の日朝平和宣言では100億ドル水準で日本が提案したという報道があった」と伝えた。16年前の100億ドルを消費者物価、購買力を基に現在の価値に換算すれば200億ドル水準だとサムスン証券は算出した。
しかし、もっとふざけたことが書かれている。
実は、売国政治家の疑いが濃厚な小泉純一郎氏は、日朝平和宣言にて100億ドル水準の金銭を供出することを提案したというのである。



だが、この話はもう少し別の側面から考えると、「支払わなくて済む」だけで突っぱねる話なのか?という点は考え直す必要がある。

確かに日本には北朝鮮を支援する理由は無く、その義務も存在しない。
しかし一方で、拉致被害者は一向に帰ってこない。30年以上もこの問題は前進せずに両国間の間に蟠り続けているのである。

拉致被害者が帰って来たことを条件に、金銭的支援、という道筋は「少なからずある」と言うことを相手に理解させないと、話が前に進まないということはあるだろう。
何しろ、日本には軍事的オプションが存在しないのだから。

こうやって考えると、憲法改正、9条削除というのが、いかに大切であるか、ということを今さらながら痛感すると共に、これに反対する抵抗勢力が如何なる存在なのか?ということに愕然とする。
しかし、金銭的支援をちらつかせてでも問題を解決するには、あまりに時間がなさ過ぎる。相手は、ただ時間が過ぎるのを待てば良いわけで、外交的には日本側が圧倒的に不利なのだ。
実弾(金)が有効に機能するのであれば、それを使ってでも、一部の人の帰還だけでも実現させるのが先決だろう。拉致問題はあまりに時間が経ちすぎているのである。

実に、悩ましい話だな。

え?韓国?韓国は無関係だよね?あくまで日朝間で解決する問題なのだから。そして、その為にだったら日韓基調条約を破棄するのも吝かでは無いぞ。何しろ、「朝鮮半島の唯一の合法的な政府」という解釈を覆すところからはじめなければならないのだから。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 韓国はあわよくば、韓国と北朝鮮は同じ被害国であるのだから全て日本が賠償金を払うべきだとか平気で言ってきそうで怖いです。
    条約をもう一度読み直して来いと言いたいですが、今の日本なら拉致被害者と引き換えに金を払いそうです。

    全て北朝鮮や韓国が悪いのになぜこんなにも日本に押し付けられたり、金を払ったり謝らなければならないのか未だに理解できません。
    しかも韓国と北朝鮮が統一されたあかつきには、対馬や竹島を喜んで渡そうと発言する輩もいるのですから悲しくなります。

    返信削除
    返信
    1. 間違い無く言ってくるでしょうねぇ……。

      心情的にはびた一文支払いたくは無いのですが、戦略の一環としては「支払うかも知れない」と思わせるのは大切な事かと思います。

      削除
  2.  イラン航空は、航空マニアの間では、「空飛ぶ航空博物館」と呼ばれています。
    米国の経済制裁で、新機種だけでなく、中古機や部品に至るまで入手困難なため、他国ではとっくに引退スクラップになっている超絶オンボロ機体を使わざるを得ませんでした。
    2016年の時点で、平均機齢25.4年と世界平均の12.5年の倍以上という老朽化が進んでいます。
    その結果、過去25年間で200回の航空事故と2000人以上の死者を出すという緊急事態になっています。
     そのイラン航空ですが、イラン核合意のわずか12日後の2016年1月28日、エアバスと、A380型12機を含むジェット機118機(270億ドル)の購入に合意しました。
    さらに同年6月21日には、ボーイングとも合計100機(250億ドル)の発注合意覚書を交わしました。
     両者合計で520億ドル(5兆3000万円)という超大型契約です。
     リニア新幹線が名古屋まで引ける金額を、核合意直後にポンと出すのが、イランです。

     片や、非核化するから金をくれ!と恥も外聞もなく喚き散らす国もあり、民族の品位が窺い知れて感慨深いものがあります。

    返信削除
    返信
    1. イラン、凄いですねぇ。

      朝鮮半島の行方はどうなるのやらという感じですが、核放棄はほぼ暗礁に乗り上げた気配ですね。段階的には放棄の方向に動くかもしれませんが、「放棄してみせる」というデモンストレーション」を見せられるだけで、何の意味も無いのでしょう。
      ちょうど、核施設廃棄といって、寧辺の坑道の入口を爆破して見せましたが、一時が万事あんな感じなのでしょう。

      削除
  3. 復興に関する資金は韓国にまとめて払ってあるので北は韓国に請求するべき。
    これは間違ってないです。
    無いですが、非核化と拉致。特に拉致に関して日本の言い分丸呑みして全員変換した場合にご褒美をあげるオプションはアリなのでは。
    逆に拉致解決無くして一銭も無い。これを貫く必要が安倍総理にはあると思います。
    恐らく今北朝鮮にお金を出せる可能性があるのは日本か中国くらい。
    北朝鮮が最初から中国をアテにできるなら苦労してないと思いますので、日本は北朝鮮に対して相当強いカードを持っている、このように思います。

    返信削除
    返信
    1. カードがカードとして機能する様に色々と準備する必要があるのでしょう。
      正直、米朝首脳会談ではかなり北朝鮮に「してやられた」感が強いのですが、日本はいよいよ防衛面の整備を急がねばならないような状況のようです。

      結局、外交力を行使するためには兵力は必須なのだと思います。

      削除
  4. ビタ一文はらわん!
    シンゾー君は払いたいみたいですけどね。
    口先だけの政治屋!
    田中角栄さんを見習え!
    あの方は本当に日本を愛してあた。例えアメリカに反抗しても。そんな度胸がシンゾーにあるのか!!
    信じていたのに。
    売国奴!
    河野も、お前息子だろ?
    親父の暴走を止めるのが息子だろ!
    「私は関係ありません!」
    みてーな面して外交やってんじゃねーよ!
    親父を息子として「隠居」させろ!
    後は息子として引導を渡せよ!
    お前しか親父の暴走を止められるのいのいだろ!
    それが日本人としての家族なんでねーのか?
    木霊様は今でも最も尊敬するブロガーで国士た!
    あるけむ様も。
    でも国を売ろうとする奴らに甘くなくないですか?
    冷静に考えろ!
    その木霊様の言うことは解る。
    正しいんだろう。俺はバカだから木霊様の意見が、現実的と思いながら、それでも許せん!
    人には許せる事と許せない事がある!
    シンゾーは「分立」すると申しておりますが、
    そんなもんグズグズにされるのが「過去の教訓」でしよ?
    金を出すならば、木霊様が言われる「日朝の審議」をきちんとして「結果をだしてからだ!」
    シンゾーは口先で国民を騙そうとしている。
    俺は逮捕歴もある元極右だからね。フツーの道には戻れないから「医療」、看護師や東洋医学の道で国家資格を取って「実力」で生きてきた!
    あ、もう告白しますけどね。
    極左の元東アジア反日武装戦線の農場主や整体家やバー店主と付き合いありますよ俺は。
    あいつらは絶対に認めない思想の人達だけど、武士だもの!
    国家に反日する生き方を曲げない以上、自立すると自営業して、未だに里山保護運動や、
    農地問題で政府と戦う。
    それは歪んだ思想とは思うけど、一貫した人生であるとして、「敵ながら天晴れ」と思う。その姿勢は俺の知る「民族」の人達にも共通する!
    腐れリベラルの糞連中より、
    男として尊敬する。敵でもね!
    「信念」を理解して下さる木霊様のサムライな言葉には涙する。たとえ敵になっても木霊様や、あるけむ様は叡知を捨てずに冷静に国士して欲しい!
    でも、ごめんなさい。
    木霊様。あるけむ様。
    おれは汚い世界で医療に入るまで生きてきました。
    筋が通らない事は嫌いなの。筋を曲げる半生を生きてきたから、そこで散々に苦渋を飲んできたから。だからザバイバリストになったの。最後は「俺が全て」って。
    金を出す。だけど出し方に区別つける……そんなシンゾーの意見は詭弁としか思えない。
    そんなもん朝鮮とシナとトランプに喰われるだけだ!
    理屈では木霊様や、あるけむ様の分析が正しいのだろう。
    でも俺は許せない。
    最愛の妻を亡くして、子供もいない私には。
    曲げられない事は曲げられない。貴兄らも余生が短くなれば解ると思う。
    絶対に「金は出さん一文も!」


    返信削除
    返信
    1. お怒りの気持ちは分かりますし、その気持ちは大切だと思います。
      ただ、このブログの趣旨として、「ニュースを分かり易く、できるだけ公平に」という建前がありますので、感情的に可能性を排除するという形は、できるだけしたくないのです。その辺りはご理解ください。

      ただ、その建前をしても、今回の安倍氏の「日本の安全のために、金を支払いますよ」というのは僕にも許せないですよ。金に色を付けることはできませんし、「日本の安全のために」といってお金を支払ったら、別のところにお金が回る形になります。それは、区別無く支援することと何が違うのでしょうかね。
      「支払う気はある」と見せ金をちらつかせることは大切ですが、本当に支払ってどうする、という事ですよ。

      少なくとも、日本が核兵器破壊を担保する形でなければだめで、例えばですがIAEAを入れる費用を負担するなんて話では無く、北朝鮮の核弾頭を日本が引き取って解体するというような形にすべきでしょう。

      多分、河太郎さんは、安倍氏が「支払う」というような言葉を発すること自体が許せないのだとは思いますが。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。