支那「朝鮮戦争終結には我々が必要」

うんまあ、言っている事は間違っていない。しかし、これが中央日報に載る辺りが笑える。
おっと、本日は時間が無いので短縮版になることをお許しを。

韓経:中国「我々が抜けた終戦宣言には効力ない」

2018年06月06日07時48分
  今月12日にシンガポールで開かれる米朝首脳会談で南北米3国が韓国戦争(朝鮮戦争)終戦を宣言する可能性が提起されることに対し、中国政府が官営メディアを通じて不満を表わした。
  中国共産党機関紙「人民日報」の姉妹紙「環球時報」と「Global Times(グローバル・タイムズ)は5日、共同社説を通じて「中国が抜けた終戦宣言には効力がなく、いつでも覆る可能性がある」とし「チャイナパッシング(排除)」の可能性に強く反発した。
面白いのは、支那共産党の機関紙である環球時報が記事を書いている点だな。これは、実質的に支那共産党の本音であると考えて良いだろう。
五星紅旗
そして、記事に指摘があるように、朝鮮戦争の当事者は、アメリカと北朝鮮、そして支那である。
これらメディアは「韓半島(朝鮮半島)が65年の戦争状態を終わらせることができるのなら、それは当然良いことだ」としながらも「中国が抜けた米朝、または南北米3者が結んだ終戦宣言は技術的に韓半島停戦協定に代えることはできない」と主張した。1953年7月27日に締結された停戦協定には、米国が代表する国連軍が一方から、北朝鮮と中国がもう一方から署名した以上、宣言の歴史的で法律的な地位確保に停戦当事者である中国の参加が絶対的に必要だということだ。
朝鮮戦争休戦協定(1953年7月27日)は、板門店にて行われ、国連軍を代表して国連軍総司令官ののマーク・W・クラーク大将と、中国人民志願軍司令員の彭徳懐と朝鮮人民軍最高司令官の金日成が署名することで、休戦に至っている。つまり、当事者として、アメリカ、支那、北朝鮮の3者が立ち会っていたというのは歴史的事実だ。
なお、韓国は当事者では無いこの件に対して代表して何か出来る立場に無い。

中華人民共和国が建国されたのが1949年10月1日であろうと、1950年から始まった朝鮮戦争に関わっていたのは事実なのだ。



ただ、この発言をしたと言うことは即ち、支那が、現時点において米朝首脳会談の当事者では無く蚊帳の外である事を意味している。
2メディアは続いて「米朝首脳会談で韓国首脳が補助的な役割をすることを非常に望むが、中国がこれに呼応するのは言葉に窮する」としながら「シンガポールは韓半島問題を一括的に解決する場所ではなく、問題解決過程の開始点としてのほうがより適している」と主張した。
だが、米朝首脳会談で全てが終わるのでは無く、次からは支那も参加するからね!と宣言しているわけである。

トランプ氏、米朝首脳会談は予定通り実施と 「まずは知り合いに」

2018年06月2日
ホワイトハウスの庭で記者団を前にしたトランプ氏は、「6月12日にシンガポールで会う。とてもうまく行った。『まずは知り合いになりましょう』と言うような状況だ」、「先方の人たちをよく知るようになった」と話した。
その上でトランプ氏は、6月12日の会談だけで北朝鮮の核開発について何らかの合意が得られるわけではないと慎重な姿勢を示した。「1回の会談で済むなどと言ったことはない。プロセスになると思うが、関係を築きつつあり、それはとても前向きなことだ」と述べた。
なお、この点に関してはアメリカ側も織り込み済みであるらしく、トランプ氏の口から「1回だけじゃねーよ」と、宣言されている。

予想するに、米朝首脳会談では南北首脳会談の時のように「努力目標だけ」で話が終わるのでは無いだろうか?
ただ、既に突きつけられている課題を北朝鮮が飲む意思があるかどうかは問われる可能性が高く、その点については既に北朝鮮側も呑み込んでいる節がある。

支那にだってこの話はいっているはずなので、冒頭の発言は牽制球の意味合いが強いのだろうな。
  南北米終戦宣言がチャイナパッシングを意味するという一部の韓国メディアの分析に対しても反論した。メディアは「地政学的側面だけでなく、国連の枠組みの中で見ても、中国は韓半島問題に強い影響を及ぼしている」としながら「中国は何も言わなくても慌ただしく奔走している韓国よりも実質的な影響力は大きい」とした。
あと、韓国に向けても嫌味を言うのを忘れなかったのは、なかなか立派である(笑)

何にせよ、6月12日になりゃ分かる。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32018年6月7日 20:27

    >当事者として、アメリカ、支那、北朝鮮の3者が立ち会っていたというのは歴史的事実だ。
    >なお、韓国は当事者では無い。
    ちょっと違うようですよ。
    当事者のうち、アメリカ(国連軍)、支那、北朝鮮が立ち会っていた(というか署名した)というのは事実ですね。韓国は当事者ですけど、署名を拒否し、さらにドサクサ紛れに「竹島」(韓国側呼称:独島)を侵略したのが事実のようです。
    ということで、アメリカ(国連軍)と、支那および北朝鮮の間では、休戦が成立してますが、支那および北朝鮮と韓国の間では休戦は成立していません。
    (ということは、韓国哨戒艦を北朝鮮が撃沈しようが、北朝鮮が韓国領内を砲撃しようが、特殊部隊が韓国領内に侵入しようが、「国際法」上では違法行為にはなりません)

    別に、北朝鮮を擁護しているつもりはありません。事実を指摘しただけです。
    個人的には、韓国と北朝鮮が合併し、カオス化したところに、難民として受け入れている在日韓国人・朝鮮人を帰還させるのがベターだと考えます。
    韓国と北朝鮮が合併して時点で、戦争難民は帰還させるのが筋だと考えます。

    返信削除
    返信
    1. そうですな。韓国が当事者で無いという言い方はちょっと書き方として拙い気がしました。
      修正をしたいと思います。

      ただ、韓国は国連軍側に属しているという解釈で行けば、アメリカが代表として調印すれば停戦合意が得られたという形になるように思います。韓国には未だに戦時統制権を持っていませんから、国連軍のトップとしてのアメリカ軍の決定に従う形になっていはずで、そうだとするのならば休戦は成立していると考えるべきなのかなと。

      韓国単独で北朝鮮と会談して和平交渉というのは成り立たない点は疑いなく、それは国連軍のトップの了解を得ていないからという解釈でした。

      ご指摘の構図は北朝鮮側の解釈としては成り立つように思いますが、やっぱり哨戒館の撃沈は国際法上の問題になるように感じます。

      また、天安撃沈事件は、北朝鮮主犯では無かったと言う話があり、アメリカも「国際法違反行為ではない」と判断しています。アメリカのこの発言は、あるけむさんの指摘の裏付けという可能性も当然ありますが、しかし、この後の砲撃事件も含めて国際刑事裁判所が北朝鮮の有為反行為であるかどうか調査を始めるという報道があった事を考えても、違うような気はします。この点はもう少し調べてみます。

      その後のご指摘の「戦争難民の帰還」に関しては、全く同意するところでありますが。

      削除
  2. トランプ大統領が戦争終結の
    合意をするみたいですね。
    とりあえず、1回目の会談の成果としてアピールが必要なのかなと思いました。

    返信削除
    返信
    1. そうあって欲しいのですが、どうなるんでしょうか?
      水面下で未だ色々とやっている様ですよ。

      何れにしても、戦争終結まで持って行ってくれれば、それはそれで喜ばしい事なのですが。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。