米朝首脳会談が開催されるが、目立った成果は無し?

まー、顔見せ程度で終わるという話もあったから、こういう結果もありかなーとは思っていたんだ。

トランプ、金正恩両氏が署名した共同声明

2018.6.12 17:01
 ロイター通信は12日、米朝首脳会談で署名されたトランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の共同声明の内容を報じた。全文は以下の通り。
えーっと、共同声明に署名をしたようだね。
署名
で、その内容を引用しておこう。
 米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長のシンガポール会談での共同声明。
 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長は、初の歴史的な首脳会談を2018年6月12日、シンガポールで開催した。
 トランプ大統領と金正恩委員長は新たな米朝関係の樹立と、朝鮮半島での恒久的で強力な平和体制を構築することについての問題に、包括的で詳細かつ誠実な意見交換を行った。トランプ大統領は北朝鮮に安全の保証を与えると約束し、金正恩委員長は朝鮮半島の非核化を完結するための固く揺るぎない約束を再確認した。
 新たな米朝関係の樹立は朝鮮半島と世界の平和と繁栄に寄与すると確信するとともに、相互の信頼醸成が朝鮮半島の非核化を促進できると認識し、トランプ大統領と金正恩委員長は次のように宣言する。
 (1)米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の希望通りに、新たな米朝関係の構築に向けて取り組む。
 (2)米国と北朝鮮は、朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制の構築に向け、力を合わせる。
 (3)北朝鮮は、2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。
 (4)米国と北朝鮮は、戦争捕虜、戦闘時行方不明兵の遺骨の回収、すでに身元が判明している分の即時引き渡しに取り組む。
 トランプ大統領と金委員長は、史上初の米朝首脳会談が、重要な意味を持ち、両国間の数十年に及ぶ緊張と敵対を乗り越えて新たな未来を開く画期的な出来事であったと認識し、この共同声明の諸条項を全面的かつ迅速に履行するよう努める。米国と北朝鮮は、米朝首脳会談の成果を履行するため、ポンペオ米国務長官と北朝鮮側の対応する高官の主導による後続交渉を可能な限り早期に開催するよう努める。
 トランプ大統領と金委員長は、新たな米朝関係の発展と、朝鮮半島と世界の平和、繁栄、安全の促進に向け協力すると約束した。
2018年6月12日
セントーサ島 シンガポール(シンガポール支局)
これが共同声明の全文の翻訳であるとのこと。



さて、中身を見ていこうか。
(1)米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の希望通りに、新たな米朝関係の構築に向けて取り組む。
……まあ、最初の一文はこんなものかな。
(2)米国と北朝鮮は、朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制の構築に向け、力を合わせる。
ハイハイ。
(3)北朝鮮は、2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。
で、ここでようやく中身らしい中身が出てくる。
「朝鮮半島の完全な非核化」というところがポイントだな。つまり、韓国国内にある在韓米軍基地内に配備されるだろう核兵器も「無しね」と言う事になる。
しかし、米軍の戦略としては、核兵器は「どこにあるか分からない」状態を維持することが重要であるとしているため(つまり、日本に存在する可能性もある)、「完全な非核化」を実現する為には在韓米軍撤退を行うしか無い。
韓国は分かっては居ただろうけど、真っ青だな。
(4)米国と北朝鮮は、戦争捕虜、戦闘時行方不明兵の遺骨の回収、すでに身元が判明している分の即時引き渡しに取り組む。
さて、4つ目がコレ。
これって、どーやって実現を担保するんだろうねぇ?「遺骨の回収」って、北朝鮮の遺骨騒ぎで言えば、拉致被害者に関するニセモノが出てくる騒ぎが思い出される。当然同じ事をやってくる可能性があるが、騙しをやろうものなら、アメリカは黙っていないだろう。
しかし、北朝鮮がやるDNA鑑定が信頼できるわけがない(というか、できないだろうに)ので、どうあってもアメリカ軍が北朝鮮に入って、調査をしながら探すなんて話に成らない限りは、実現不可能だろう。

日本にとって北朝鮮に付け入る隙があるとすれば、ここなのだが……。
この共同声明の諸条項を全面的かつ迅速に履行するよう努める。
上の4つについて署名しただけであり、これが全面的かつ迅速に履行されるような流れになるハズではあるのだが、期限は切られていないんだよね。
北朝鮮にネジを巻くのは、その後に出てくるポンペイオ氏の仕事と言う事になるんだろうな。しかし、ここで日本の拉致被害者についての言及は無かったところを見ると、残念と言わざるを得ない。もちろん、米朝首脳会談にそんな文章が加わるはずは無いのだろうけれど……。



さて、この共同署名には出てこなかった拉致被害者について話し合いがなされたかどうかはハッキリしないが、安倍氏はこんなコメントを出している。

安倍首相、拉致提起「高く評価」「日本が北朝鮮と直接向き合って解決する」

2018.6.12 18:08
 安倍晋三首相は12日、米朝首脳会談でトランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に日本人拉致問題を提起したことについて「トランプ氏に対し私から話したことをしっかりと言及していただいたことを高く評価する。明確に提起していただいたことを感謝したい」と語った。また、「拉致問題は日本が直接、北朝鮮と向き合い、2国間で解決していかなければならないと決意している」と述べた。
安倍氏は、この会談でトランプ氏が金正恩氏に対して日本人拉致問題について言及したという情報をキャッチしているようで、その上で日本が主体になって拉致解決に望むという意思を示したという風に理解したら良いと思う。

日本人拉致問題について会談で提起 トランプ氏

2018.6.12 17:38
トランプ米大統領は12日、米朝首脳会談後の記者会見で、日本人拉致問題について北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談で提起したことを明らかにした。共同声明では触れなかったが、トランプ氏は「安倍総理にとって非常に重要な問題だ。これから協議していく」と述べた。
このことはトランプ氏の発言として報道されていて、少なくとも言及はしたのだという話になっている。

しかし、改めて言うまでも無いのだが、日本が解決しなければならない問題である。
そして、その為には、改憲が絶対に必要になる。何をするにしても、9条は足枷になるからだ。

タイトルで書いた「目立った成果」というのは、共同声明には盛り込まれなかったという意味で、「成果無し」とも言える。せめて期限は切るだろうと思っていただけに、ちょっとガッカリする部分はあった。
そして、もう一つ気になったのはこちらのニュースにもあったが、朝鮮戦争終結への直接の言及が無かった点だ。

米朝首脳会談 朝鮮戦争終結への言及はなし 共同声明

6/12(火) 17:09配信
 【シンガポール支局】 ロイターなど複数のメディアによると、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がシンガポールで署名した共同声明は、朝鮮戦争終結について直接的に言及しなかった。
共同宣言の(3)で板門店宣言(2018年4月27日)に言及しながら、終戦に言及しなかったのは何かの意図があったのだろう。
板門店宣言では、こんな下りがあるからだ。
  • 休戦状態の朝鮮戦争の終戦を2018年内に目指して停戦協定を平和協定に転換し、恒久的な平和構築に向けた南・北・米3者、または南・北・米・中4者会談の開催を積極的に推進すること
コレも不思議な記載ではあるが……、本来であれば、終戦に向けた協議は、アメリカと支那と北朝鮮は必須であり、韓国はアメリカのオプション的な存在としての……。いいや、それはともかく、朝鮮戦争の終結を目指していたはずで、それは寧ろ北朝鮮側の望みだったはずなのだが……。
そういう意味で考えると共同宣言の(2)の意味は非常に重たく感じる。
アメリカと北朝鮮とが力を合わせて?気味が悪いにも程があるな。

もう一つ気になるのは、長距離ミサイルの話が一切無いことだな。生物化学兵器に関しては、(2)に含まれると解釈しうるけれども、長距離ミサイルと平和とは文言上、直接的な関係を見出せない。



ここに支那が一枚噛まなかったというのが、ある意味、朝鮮戦争の終結が盛り込まれなかった意義なのかも知れない。
支那は、終戦に必ず必要だ。コレは事実である。

そうだとするのなら、今回の共同宣言は、徹頭徹尾、支那と韓国の「蚊帳の外を続行」を宣言したも同然な話ではないのだろうか?

朝鮮半島の完全な非核化が実現されるまでは、この2カ国はお呼びで無いと。
だとすれば、トランプ氏が上機嫌だった理由も分かろうというものである。

米朝首脳が史上初会談、トランプ大統領「非常によい関係」

2018年6月12日 / 10:22
[シンガポール 12日 ロイター] - トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は12日、シンガポールで史上初の米朝首脳会談を開始した。両首脳は会談の冒頭、握手を交わし、笑顔を見せた。
~~略~~
トランプ大統領は会談の進ちょくについて記者に聞かれると「非常に良い。とても良い関係だ」と答えた。
コレは即ち、アメリカの思い通りに進んでいるという意味であり、横槍が入らない形で話が進むのだと言うことを意味する。

日本にとって良い結果だったかどうかはなかなか判断に困るが、少なくともアメリカにとっては得るもののあった会談だったといえるかも知れない。

話に随分と憶測が混じってしまったので、続報で、解説してくれるところがあるとイイんだけど。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32018年6月13日 7:15

    まあ、いきなり状況が変わるとは思っていなかったので、「こんなもんだろうな」という感じです。
    それよりも、気持ち悪いのは、フジテレビ系で「在日コリアンの喜ぶ姿」を長々と取り上げていたこと。それもローカル局(東海テレビ)で。
    「ああ、こんなに汚鮮が進んでいるんだ...」という感を強くした感じです。
    (アジアスーパーグリッド構想の記事にも繋がる話です)

    返信削除
    返信
    1. そうですか、テレビを見ていなかったので、その「気持ち悪さ」がどんなものかは実感しにくいのですが、随分と汚鮮が進んでいるのですね……。
      嘆かわしいことです。

      削除
  2. 米韓演習の中止が一番驚いた。
    演習そのものよりも、実際には、事前の準備や「終わった後の飲み会」での顔合わせが一番大切なのは、役所や企業などの組織に勤めていれば分かります。
    その中でも特に重要な機会を奪うというのは、非核化はともかく、在韓米軍撤退にはかなり本気なのかなと考えます。
    強硬派=在韓米軍撤退反対、と日本では捉えがちです。
    が、以前も書きましたが、ポンぺオは強硬派でも、台湾へ在韓米軍を置き換えたい派なので、矛盾もしません。
    6月中にあると言われているポンぺオの訪台に注目してみたい。

    返信削除
    返信
    1. そうですね、予想外の展開でした。
      ただ、別途記事にしていますが、この米韓演習中止の話がどこまで本気なのかよく分からない。もうちょっと情報が出てくるのをまた無ければならないようです。

      削除
  3. ごめん、訂正。ポンぺオじゃなくて、ボルトンだった。

    返信削除
    返信
    1. そうですね、ボルトン氏ですね。
      これに関しては台湾絡みの記事として紹介させて頂きました。

      台湾絡みの話の方が影響力は大きい気がしますよ。

      削除
  4. 私は拉致被害者が、その亡くなられた方の遺骨まで全て戻るまで、ビタ一文を税金から払うのは反対です!
    それならば、被害者と共に、北朝鮮の強制収容所の政治犯と家族を全員、解放しろ!
    青臭いと言われるでしょうが、
    戦後の国際秩序で西側諸国が奉じてきた「民主主義の理念」は棄てても構わないのですか?
    虐殺者の世襲を保証するのが
    「自由諸国」なのならば、
    もう「国連」分担金なんか払わない!棄てちまえ!

    安部さんには想いあり支持してかましたが、
    トランプの圧力で、へいへいと
    脅威も拉致被害者も見捨てて、
    へつらい金を出すならば、もう、完全に見捨てます!
    モリカケなんか関係ない!

    どうせカリアゲは馬脚を出す。
    どっかで違反する。
    その時にトランプ大統領も、もう放置できなくなるでしょう。

    だが、その時に総理の席に座っていられるかは、
    拉致被害者が全員、戻るまで、
    亡くなられた被害者は遺族が納得するまで「金は出さん!」
    とはっきり言えるかです。
    それが言えないならば、もう総理を見捨てる!

    返信削除
    返信
    1. 個人的には、冷淡なようですが「拉致被害者全員帰還」というのは、スローガンではあり得ても、現実味は薄いと考えています。
      拉致認定が日本政府によってなされた人数はたった17名。
      https://www.rachi.go.jp/jp/ratimondai/yokuwakaru/vol3.html
      しかし、特定失踪者としてリストに上がっている人々は470名
      http://chosa-kai.jp/121230.html
      拉致が疑われるのは868名なのです。そして、そこから漏れている人もいる可能性があるわけです。

      一体何処が「ライン」なのか?ラインを引けるのか?
      この話を解決する為には、まず日本と北朝鮮が合同でリストを作らねばならず、何人帰って来たら、どんな支援の可能性があるのか?支払わないとしたら、北朝鮮に対して何でこの問題に取り組むモチベーションを提供するのか?
      そうした事を、日本政府の責任で話し合いの上で決めねばならないのだと思います。

      こと、この話に関しては、トランプ氏の口添えがあったという話もありますが、基本的には日本と北朝鮮との間で解決しなければならない話であり、日本側に何ができるのか?を明確にしなければなりません。そして、それは安倍氏の責任で行われるでしょう。

      そういう意味で、安倍政権には外交力を最大限に発揮して欲しいと、僕は願っています。
      誘拐犯に金を支払うような話ではあるので、業腹なんですけどね……。

      削除
    2. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32018年6月14日 19:14

      ここ重要です。「特定失踪者=拉致被害者」ではありません。
      根拠ソース)福井新聞「国内発見の宮内和也さんが心境 19年間悩み葛藤、福井新聞に語る」
      >北朝鮮による拉致の疑いが濃厚な特定失踪者としてリストに挙がり、昨年6月に19年
      >ぶりに国内で発見された福井県旧三方町職員の宮内和也さん(52)が25日、同県
      >敦賀市内で福井新聞のインタビューに応じた。
      もちろん、特定失踪者の中に拉致被害者がいる可能性は十分にありますが、拉致被害でない失踪者もいると考えます。
      (そもそも、宮内氏が北朝鮮にいなかったことを証明する情報は、この記事にはありません)
      これも(森友加計問題と同じ)「悪魔の証明」問題ですね。
      言い方変えると「じゃないか?じゃないか?」という疑問の羅列です。「根拠を示さんかい!」ということです。
      北朝鮮が「何人拉致した。その情報の詳細は...」の一覧(それも、北朝鮮しか知らない情報を含めて)を公開することですね。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。