安保理決議に反して北朝鮮産石炭を流通させる韓国

お久しぶりです。
月、火と留守にしていたんで、久々の記事アップのような気がするけれど、何も言わずに留守にしてしまった点をお詫びします。

さて、今週1つ目のニュースなのだけれど、遅々として進まない朝鮮半島情勢の話だ。
今まで、朝鮮半島問題が解決できなかった理由の1つに、「韓国は敵側」である事をハッキリ認識してこなかったことがある。
今回もその事がハッキリするニュースだと思う。

北朝鮮石炭、ロシア産に化けて韓国に入ってきていた

2018年07月18日07時45分
   国連安全保障理事会が禁輸品目に定めていた北朝鮮産石炭がロシア産に化けて韓国に流入していた。
   17日、安保理傘下の北朝鮮制裁委員会専門家パネルによると、北朝鮮産石炭を積載した「スカイエンジェル号」(パナマ船舶、中国船舶と疑われる)と「リッチグローリー号」(シエラレオネ船舶)がそれぞれ昨年10月に仁川(インチョン)と浦項(ポハン)に入港していた。
   両船舶ともにロシア極東サハリン南部のホルムスク港で石炭を荷役をしたことになっている。だが、専門家パネルが確認した結果、該当の石炭は北朝鮮船舶である「ヌンラ2号」「ウンボン2号」「ウルジボン6号」などが荷役をしたと推定されている。昨年8月に安保理が採択した決議2371号は北朝鮮の石炭輸出を全面的に禁止している。これに対し、北朝鮮がホルムスク港で他の国籍の船に石炭を積み替える方法で制裁網をかいくぐってきたと専門家パネルは推測している。
話としては、韓国国内で北朝鮮産の石炭が広く出回っている証拠が見つかったという、それだけの話である。

問題は、これが「戦争を継続している国同士」で行われた事であり、「国連決議にも違反する行為」だと言うことである。
なお、この石炭だけではなく、石油に関しても積み替えの事実が指摘されている。北朝鮮経済を韓国が支えている実態が浮き彫りになっていると言って良いだろう。そもそも、韓国政府が北朝鮮に対する制裁について乗り気で無いのだ。

   韓国外交部当局者は「政府が措置に出る前に船2隻の申告受付が完了し、船が到着すると同時に荷役処理が行われた」とした。2隻が運んできた北朝鮮産とみられる石炭はすでにすべて国内市場に流通してしまっている。韓国に入ってきた北朝鮮産石炭は9000トン・約58万5000ドル(約6605万円)相当になる。
何故か?9000tもの石炭を輸入して、野放しだからである。
   昨年12月に採択された安保理決議2397号は北朝鮮の石炭密売にかかわった船舶を押収することができるようにしたが、韓国当局は証拠不足などを理由に該当船舶を立入調査しただけで抑留することはなかった。
これに対して国連がどう動くのか?という点は気になる。

国連安保理、北朝鮮の石油・石炭密輸巡り船舶や海運会社に制裁

2018年4月2日 / 08:06 / 4ヶ月前
[国連 30日 ロイター] - 国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会は30日、北朝鮮との石油・石炭の密輸に関与したとして海運会社21社と船舶数十隻などを制裁対象リストに加えることで合意した。
こちらは4月の記事だが、この時点で密輸に関与した海運会社には制裁リストに加えられる措置が採られている。この時はアメリカの要請でリストアップがなされたのだが。

このニュースに関しては韓国のメディアも言及している。それによると、韓国政府の甘い対応が指摘されている。
外交部当局者は、政府が昨年10月に関連情報を入手しておく容器を検索するなど、安保理決議に基づく措置をしたと発表した。また、韓国側の輸入業者などを関税法上の不正輸入の疑いで調査を進めていると紹介した。ノギュドク外交部スポークスマンは17日の定例記者会見で、「政府は、国連安保理の対北朝鮮制裁決議が忠実に履行されるように、北朝鮮制裁の上など、国際社会と緊密に協力しながら、必要な外交的努力を傾けている」と述べた。「北朝鮮制裁のパネルよりも、私たち当局が先かしたのか」という質問に対して、「この件は、私たちが先かした」と説明した。しかし、外交部当局者によると、2件のすべての情報が入手する前に輸入申告及び申告受付が完了した。船舶が韓国に到着するとすぐ、石炭が荷役され、結果的に、政府は、北朝鮮産の石炭の国内搬入を阻止できず、その船舶にも抑留・押収していなかった。
問題の船舶2隻は、2月にも他の項目を載せて、私たちの港に入ってきたが、政府はその後も検索だけして抑留していないことがわかった。外交部当局者は「2月に入港当時検索と調査をしたが、確かな証拠がある状況ではなかった」と釈明した。
http://v.media.daum.net/v/20180717214749119

こちらの記事でも指摘されるように、「スカイエンジェル号」(パナマ船舶)と「リッチグローリー号」(シエラレオネ船舶)は、少なくとも2度は北朝鮮の密売に関わっていて、1度は証拠不十分として見逃されたとされている。
そして、疑いが持たれていたにもかかわらず、船舶が港に到着した後、さっさと石炭を国内に運び込み、船舶の抑留や押収すらしなかったという。つまり黙認したわけだ。

かなり組織的に行われた国連決議違反だと考えて間違いないだろう。
瀬取り
石油の話はこちら。

北朝鮮の船舶に石油製品を積み替え、韓国が香港船籍を一時拿捕

2017/12/29 16:17

【AFP=時事】韓国が11月、北朝鮮の船舶に石油製品を積み替えたことが国連(UN)の制裁に違反するとして、香港船籍の船舶を一時的に拿捕して検査を実施していたことが分かった。韓国外務省が29日、明らかにした。

石油積み替え密輸で頓挫も、トランプ米大統領の北朝鮮締め付け策

2018年1月4日 9:38 JST
 北朝鮮への輸出制限などで金正恩体制を締め付けようとするトランプ米大統領の取り組みは、タンカーが沖合で別のタンカーへ石油を積み替える「瀬取り」という手法によって頓挫する恐れがある。
 この石油積み替えは合法で、通常は大量の石油を複数の小型タンカーに分けるために用いられる。しかし、石油の供給元を分からないようにする隠蔽(いんぺい)目的でも利用され得る。

外国で石油の積み替えを行って、北朝鮮に石油を持ち込む事例が後を絶たない。
海上自衛隊も韓国の船が北朝鮮の船に接舷して石油を積み替えていた疑いがある事を確認していて、問題視されたことがあった。

韓国船、北朝鮮の瀬取り関与疑い 日本政府が照会

2018/5/13 16:00
韓国船籍のタンカーが5月上旬に東シナ海の公海上で船を横付けして積み荷を移し替える北朝鮮の「瀬取り」に関与した疑いがあることがわかった。北朝鮮は瀬取りなどを通じて、国連安全保障理事会の制裁対象品を密輸している。日本政府は韓国側に情報を提供し事実関係の確認を求めている。

こうした事例は、氷山の一角で、多数あるものと考えられる。


敵対勢力をしっかり把握していないことが、北朝鮮との交渉が遅々として進まない原因の一端であり、今後も上手く行かないだろう。

特に、ムン君が大統領である間は絶望的だと思われる。
その事はしっかり認識した方が良い。

国連で北朝鮮への制裁決議を行ったのは、北朝鮮に対する兵糧攻めを考えたからである。これは、アメリカの発案というべきか、安倍氏の助言というべきか。ともあれ、北朝鮮と交渉するために必要だと、国連で合意したからこその結果である。
それを、一番近くにいて、敵対する国のハズなのに実は敵に利する行為を続けているという、韓国の実態を考えると、韓国のことはこの半島情勢において何一つ信頼できないということの証拠なのではないか。

日本政府も、付き合い方を変えたものの、まだまだ韓国に対して甘い部分がある。「そういう国だ」と意識を変えるべきだろう。これは、差別とか嫌韓とかそういったレベルの話では無い。事実をしっかり認識しろ、と、たったそれだけの話なのだ。


追記 (2018/7/18)

1つ記事を紹介しておくのを忘れたので、追記しておこう。

南北軍通信線の復旧へ制裁除外

2018/7/17 05:25

 【ニューヨーク共同】韓国政府が国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に対し、北朝鮮の軍当局との通信線を復旧させるために使う燃料などを北朝鮮側へ持ち出すことを安保理制裁対象から除外するよう要請し、認められていたことが16日、分かった。安保理外交筋が明らかにした。

実に不可思議な話で、韓国が北朝鮮の制裁の一部解除を国連に申し入れ、これが認められたというのである。

何か、というと、「南北軍通信線」という南北で連絡を取り合う為に、北朝鮮側に備えるシステムに使う燃料などを北朝鮮側に供与する事について、許可を取り付けたというのである。


しかし、このニュースは如何にも不可思議だ。

 搬出が認められたのはガソリンなど燃料のほか、光ファイバーケーブルやトラック、バス、発電機などの機材。いずれも制裁決議で北朝鮮への輸出が制限されている。

一見、何の不思議も無いようなラインナップになっているが……。バス、トラックなどの乗り物が通信に本当に必要か?

そして、どの程度のガソリンなど燃料が供給されるのか。


確かに制裁が続いて、様々な物資が不足するような状況になりつつあるとは思う。そういう意味では、この様な支援が必要になる事は分かる。分かるのだが……、抜け穴を作ってどうするのか。




ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント