建設中のラオスのダムが決壊、施工は韓国企業

えー、建設している?建設した?

韓国企業が施工したラオスのダムが決壊…6つの村で洪水、数百人が行方不明

2018年07月25日07時44分
    ラオスでSK建設が参加して建設している大型ダムの一部が崩壊し、数人が死亡して数百人が行方不明になったとロイター通信などが24日に報道した。外信によると前日午後8時ごろラオス南東部アッタプー県でセピエン・セナムノイ水力発電所の補助ダムが決壊した。この事故で50億立方メートルの水が突然放流されて周辺の6つの村を襲った。ラオス当局によると現在まで数人が死亡し数百人が行方不明となった。住宅1370軒が被害を受け、6630人の被災者が発生した。ダムの決壊原因と具体的な被害状況はまだ確認されていない。
どうやら、建設中の大型ダムが大変なことになったらしい。
被害者の方々には、お見舞いを申し上げます。そして、行方不明の方々の無事を祈りつつ……、何故韓国に頼むのか、と。

避難する人々
ダム決壊
凄い事になっているね。

ラオスで建設中のダム決壊 数百人が行方不明、6千人が家を失う

2018.07.24 Tue posted at 19:27 JST
(CNN) ラオスからの報道によると、同国南東部のアッタプー県で建設中のダムが決壊し、住民ら数百人が行方不明になっている。
~~略~~
このダムは2013年2月に建設が始まり、今年から運転される予定だった。総工費は10億2000万ドル(約1100億円)と推定されていた。
なかなか大規模な工事をやっていたみたいなんだけど、何処が工事していたかというと、冒頭の記事にあるようにSK建設という韓国企業が参加していた模様。



ふむぅ。
    セピエン・セナムノイダム建設は10億ドル規模の超大型プロジェクトだ。2012年にSK建設が韓国西部発電、現地企業、タイの電力会社と合弁法人(PNPC)を構成して事業を引き受けた。2013年11月に着工し現在92%ほど工事が完了している。来年2月に竣工して発電を開始する計画だった。電力生産量は41万キロワット級で、韓国最大規模の忠州(チュンジュ)ダムに匹敵する。このダムで生産された電力はタイに90%を輸出することになっていた。
    一方、SK建設は事故のニュースが伝えられるとすぐに現地とソウル本社に非常対策委員会を設置した。アン・ジェヒョン社長らが事故収拾に向け現地に出発した。
なかなか大型のダムらしい。
ダム
これがそのダムらしいのだが、定かでは無い。
しかし、随分とまたショボイダムのような気がするのだけれど、予算としては随分と規模の大きい感じだね。
で、タイの電力会社と現地企業、そして韓国のSK建設が合弁会社を作ってダムを造ってたという事らしい。ノウハウは韓国企業持ち、ということなんだろうね。
被害状況
で、こんな事になっちゃった。
    現地韓国人会の関係者は「22日から補助のダム一部に亀裂が発生し避難命令が出されたと承知している。5つの補助ダムのうち最も規模が小さい補助ダムが決壊した。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)には行方不明者が50~70人という情報が上げられている正確な行方不明者の規模はまだ把握しにくい状況だ」と伝えた。
この原因について、SK建設の関係者はこんな事を言っている。
    SK建設関係者は「ラオスの建設現場に通常の3倍を超える集中豪雨があり補助ダム5カ所のうち中1カ所で水が氾濫し事故が発生したものと推定している。すでに下流地域の村で豪雨による浸水被害があったが、ダム事故により被害が加重されたと理解している」と話した。また「専門家らが現地調査に着手しただけに近く事故原因が明らかになるだろう」と付け加えた。駐ラオス韓国大使館は「現在まで韓国僑民や駐在員、施工者関係者の被害は確認されていない」と話した。
集中豪雨のせいなら、仕方が無いか。

……想定外?



で、別の記事を引用してみよう。

ラオスで韓国企業が建設に参画したダム決壊…数百人が行方不明

登録:2018-07-25 09:26 修正:2018-07-25 10:59
 韓国企業が建設に参画したラオスのセピエン‐セナムノイダムが23日(現地時間)決壊し、下流の村を水が襲い少なくとも数百人が行方不明になったと現地のメディアが24日報道した。
~~略~~
 外信は700メートルの長さの補助ダムが決壊したと伝えた。補助ダムは本ダムが放流した水の圧力を減らす役割をする。ダムの決壊であふれた水の量は、五輪規格プール200万個分にあたるほど多い。現地に数日間降った豪雨や手抜き工事が原因である可能性があるという推測が出ている。
ん、手抜き工事?
何だ、いつもの事か。
 この数年間、現地の環境団体はセピエン‐セナムノイ水力発電計画が反環境的、反人権的だという理由で憂慮を示していたという。2013年、企画財政部国政監査では、有償援助(EDCF)の一つである同事業が環境影響評価をきちんと受けていないという指摘が出ている。
 最貧国に分類されるラオスは、メコン川とメコン川支流が流れる利点を利用し、電気を輸出の主力商品に選定した。援助を受けてダムを建設し電気を作り、近くのタイなどに販売する方式だ。ラオス政府は「アジアのバッテリー」になるという抱負を明らかにしてきた。ラオス全域には39カ所の水力発電所があり、53カ所以上の発電所が建設中または建設計画が用意された状態だ。ラオスは水力発電で得た電気の3分の2を輸出しており、これはラオスの輸出全体額の約30%を占める。
どうやら手続的にも問題があるような指摘があるようだが、ラオスが最貧国に分類されるような貧乏な国であることを考えると、手抜きがあった可能性は否定できないね。



日本の場合、この手の事業はボランティア感覚でやってしまうのだが、実際に入札が行われると、安い価格を提示する韓国などの企業に持って行かれてしまう。
で、安い価格で工事をする代わりに手抜きをして大変になるパターンが多いんだよね、ラオスを責められないんだけど、どうして支那や韓国の企業を選んでしまうのか……。


とはいえ、今回はまだ「可能性」の段階でハッキリしたことは分かっていない。
調査が進めば、それが手抜きだったのか想定外だったのか、免責されるような話なのかは分かってくると思う。
ただまあ、前科もあるから。
パラオKBブリッジ
こんなのとかね。
追記 (2018/7/25)
あらー、ちょっと不味そうですぞ。

「崩壊か氾濫か 」「ラオスのダム事態」の原因・責任の攻防

入力2018.07.25  10:46
SK建設がラオスで施工されている「セピエン‐セナムノイ」水力発電ダムの崩壊事態の原因を置いて、ラオス政府とSK建設側の立場が分かれている。ラオス現地ではダムが「崩壊(collapse)」したと明らかにしているのに対しSK建設は、一般的な形態の崩壊はなく集中豪雨で「氾濫」して事態が発生したという立場だ。
~~略~~
同社は22日(現地時間)夜9時頃ダム上部の一部が失われたことを発見し、すぐに当局に申告する一方ダム下部村の住民を避難させた。23日午前3時、本ダム(セナムノイ)緊急放流管を介して緊急放流を行い補助ダムの水位を下げる作業を行った。同日12時、ラオス州に追加損失の可能性を通知して、州政府が下流部の住民の避難を下した。つまり時間の平均450mm以上の集中豪雨が発生している中、すでにダム下部にある村が浸水した状態で補助堤防の一部が失われ、浸水被害をより拡大させたのがSK建設の現在の見解である。
まだ正確な人命被害数も集計されておらず、現場の状況が緊迫するため、判断するのは時期尚早だが、今後、ラオス政府とSK建設の間、事故の原因と被害補償するかどうかをめぐって攻防が繰り広げられることが予想される。セピエン‐セナムノイは、SK建設(施工)が26%、韓国西部発電(発電所運営)が25%、タイRATCH(電気販売)が25%、ラオス国営企業LHSE(電気販売)が24%ずつ出資した合弁法人「PNPC」が事業を進めている。施工は、SK建設が100%専任しているので、ラオス政府と是非を試合当事者はSK建設である。
これ、韓国のSK建設の100%施工案件だったか。他は電力業者ばっかりだから、現地企業がダムの施工を行った部分は無いと。設計も、当然SK建設で、氾濫したにせよ崩壊したにせよ「想定外」という便利な言葉は使う余地が無さそうだ。この辺りはまた追々、どの程度の雨量だったか?過去にこの規模の雨が降らなかったのか?とか色々出てくるだろう。
なお、施工されているダムは5つで、5番目のダムに問題が起きたようだ。
本ダムの2つは完成され、補助ダムの5つのうち5番目ダムが現在施工中だった。商業運転は来年2月に予定さおり、今月の基準工程率は92.5%である。建設現場の労働者数は約120人であり、韓国人の従業員は40人である。
殆ど出来上がっていたみたいだねぇ。

責任の所在云々という話は出てくるのだろうけれど、亀裂が入っているという目撃証言がある点を鑑みても、施行が不味かった可能性が高そうだね。

なお、記事中にある「補助ダム」という表現だが、どうやら「本ダム」と「補助ダム」の2つがある様だ。補助ダムは本ダムの水かさを上げるために設けられる仕組みのようで、このラオスのケース、どの部分が補助ダムだったかはよく分からない。翻訳の問題で「補助ダム」としているのだが、どうやら「副ダム」という分類に属するダムらしい。
ただ、補助ダムの方の問題だとすると、本格的に手抜き工事の可能性が高そうだな。

そして、仮に河の氾濫が原因だったとして、だ。こんなダムの下流に住みたくねぇ……。だって、これ、間違い無く繰り返すぞ?
追記2 (2018/7/25)
どうやら決壊前に破損が確認されていたようだ。

ラオスのダム決壊、1日前に破損発見 韓国の建設企業が明かす

7/25(水) 13:14配信
ラオスで建設中の水力発電用ダムが決壊し、数百人が行方不明になっている災害で、建設に参加している韓国のSKエンジニアリング・アンド・コンストラクション(SK Engineering & Construction)は25日、決壊の24時間前の22日夜に破損が見つかっていたことを明らかにした。その後、近隣住民らの避難や水の放出などを急いだが、豪雨などで対応が難航するなかで決壊が起きたもようだ。
  • 22日夜に補助ダムに破損を発見。
  • 23日午前に主ダムからの放水を決行。
  • 23日夜に補助ダムが決壊。
確か、追記の1の方の記事でも同じ事が書いてあったな。
 ラオス政府は同日正午ごろ、ダムがさらに損壊するとの知らせを受け、川下の住民に正式な避難命令を出した。決壊が起きたのはその数時間後だった。
ただ、上の記事と異なるのは住民の避難のタイミングだ。
上の記事の記載だと、22日の段階で直ぐに避難をさせたように読めるが、こちらの記事では決壊の数時間前と言う事になっている。住民が避難する猶予は殆ど無かったことを意味する訳で。痛ましい話だな。
しかし、コンクリート構造物の一部が破損していることを確認したら、「取り敢えず補修してみよう」という発想になるものなのだろうか?その点はどうにもおかしいように思う。




ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 現地は大変なことになってますね。
    実はラオスで日本もダムを作ってるらしいです。
    ナムニアップ水力プロジェクトで、関西電力と大林組が建設しています。竣工後27年間関西電力が運営し、売電した利益を関西電力と大林組が得ます。27年後はラオスへ無償譲渡する計画だとか。
    2014年10月着工、2019年1月竣工の計画だそうです。

    http://www.kepco.co.jp/corporate/international/generate/laos.html

    一部で韓国側が日本に対するプライドから1年無理に帰還短縮して手抜きしたからではないか、なんて指摘もあるらしいですけど。


    先の西日本の水害、ダムを非難する論調の人達にこのニュースを見せつけたいですね。
    ダムが決壊したらどんな悲惨な事になるのかを。

    返信削除
    返信
    1. 情報ありがとうございます。
      日本もダムを造っているという噂は聞いていましたが、結構大掛かりな物を作っていたのですね。

      期間短縮に関しては別記事に書きましたが、ちょーっと短縮しすぎのような気がします。手抜きはあったのでしょうねぇ。

      削除
  2. このところ文くんの支持率が落ちるようなことばかり起きて心配です。
    海外公共事業の受注というのは、韓国で最も受けのいい政策の一つですから、国を挙げて救助活動をし、ラオス国民から感謝された!と上手く美談にまとめあげてもらいたいと思います。
    以前も言いましたが、失敗国家になるには、多くのお金と長い時間、そして高い支持率が不可欠です。
    アルゼンチンのペロン、ベネズエラのチャベスのように、死後も影響力を持ち、国家を破綻へと導く存在への道は険しいですが、なんとかやり遂げてもらいたい。

    返信削除
    返信
    1. ムン君の支持率も下がっていますからねぇ。

      今回のこれもかなり積極的に動いているようですけれど、かなりヤバイレベルの手抜きが発覚する可能性があるので、先が思いやられます。

      正しい失敗国家への道のりは険しいですね!

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。