文在寅氏の側近取り調べへ

ちょっと早いんでないの?

文大統領側近取り調べ=世論操作疑惑で特別検-韓国


2018/08/06-10:09
 【ソウル時事】韓国与党「共に民主党」の元党員らがインターネット上で不正な世論操作をしていた疑惑をめぐり、特別検察官チームは6日、文在寅大統領の側近で、昨年の大統領選当時、文氏陣営スポークスマンを務めた金慶洙・慶尚南道知事(50)が関与していた疑いがあるとして、出頭を求め、業務妨害や公職選挙法違反の容疑で取り調べた。

でも、大統領選挙の時となると、色々面倒が予想されるね。
スポークスマン
なるほど、この人が文在寅氏のスポークスマンらしいね。
 ソウル市内の特別検察官事務所に出頭した金氏は聴取前、記者団に対し、一連の疑惑について「事実ではない」と述べ、全面否定した。
ちょっと前にこの手の記事を紹介した。
その時、既にこのスポークスマン、金慶洙氏はとうとう事情聴取まで行っちゃったらしい。

とはいえ、現段階では、世論操作の程度はたいした事は無いようで、ここから話がどう展開するか?はかなり気になるところ。
 昨年5月、保守系の朴槿恵前大統領の罷免を受けて実施された大統領選で、革新系の文在寅氏が当選した。文陣営の中心人物が世論操作を指示していたかどうかが焦点で、文政権発足後初めて任命された特別検察官の捜査はヤマ場を迎えた。
捜査のヤマ場ねぇ……。

日本ではモリカケで1年半ほど国会での審議時間を費やして、結局何も出てこなかった。それと似たような話になって、きっと実際には選挙に影響が無かったというような結論になりそうなものなのだが……、ここが韓国の恐ろしいところで、韓国は法治国家ではなく情治国家(情痴国家)である。
しかし、そこへ来てラオス問題が直撃しちゃって、ムン君の支持率が落ちるような事態になっている。
ここで韓国世論が、「ムン君じゃダメだね」なんて流れになると、ロウソクで焼かれてしまうのはムン君というような事態に陥ってしまう。
ロウソク部隊には北朝鮮の息がかかっていると言われているのだけれど、その裏側には支那がいる訳で。支那にとってムン君は使えるのか?という観点で考えると、物事はもうちょっと分かり易くなるのかも知れない。ただ、そうなると「陰謀論」的な話になってしまうので、ここではこの程度の話にしておきたい。

それに、朝鮮半島を混乱に陥れる為には、ムン君はまだまだ使い道はありそうなので、ここでの交代劇が起こるとは思えないのだけれど……、更なる逸材が出てくる可能性はあるので何とも言えないね。

いやはや、ムン君はこの局面をどうやって乗り切るんだろうか??



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. まだ支持率60%あるんだから、ちょっと早いですね。
    ポスト文在寅争いの内輪揉めって線もあるかもしれません。

    返信削除
    返信
    1. そうなんですよ、支持率は未だに信じがたいほど高いのです。
      あれだけの政策をやっておいて、支持率が高い理由が理解出来ないのですが、未だ平気なんでしょうね。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。