米兵遺骨の調査はこれから

どこの「イヌの骨」とも分からないものを調査するのである。数年かかるレベルは仕方が無いのだろうけれど、時間稼ぎだよね、これ。

米兵遺骨、身元判明に「数年」も 提供された認識票は1つのみ

2018.08.01 Wed posted at 12:09 JST
ワシントン(CNN) 北朝鮮が7月に米国へ返還した米兵の遺骨55柱について、提供された認識票は1つだけだったことが1日までにわかった。国防当局者が明らかにした。遺体に関する追加情報がないため、これまでの経験を踏まえると、身元の判明には「数カ月から数年」かかる可能性があるという。
そもそも、北朝鮮からアメリカに返還される米兵の遺骨は、当初、200柱の予定であった。ところが蓋を開けたら55柱分だというのである。
us-remains-returned-001
そして、そこに付いてきた認識票はたったの1つである。
同当局者によれば、認識票1つを除いては、遺体の収容場所などの他の情報について北朝鮮からの提供はなかったという。
これさぁ、北朝鮮は何を根拠にして米兵の遺骨だと判断したんだろうね。場所?まさかDNA検査ができる技術があるとも思えない。

北朝鮮からの遺骨というと、かつて日本でも騒ぎを引き起こした。
引用できるニュースがないのでWikipediaの内容を少し引用しておきたい。
北朝鮮側の説明によれば、横田めぐみは1986年に結婚し、1987年に一児(キム・ウンギョン)を出産するも、1994年4月(2002年10月の報告では「1993年3月」としていたが後に訂正)に入院先の病院自殺、1997年に火葬したとしている。2004年11月の日朝実務者協議を通じ、横田めぐみ本人の「遺骨」として提供された骨の一部からは、DNA鑑定の結果、別人のDNAが検出された(「ニセ遺骨問題」も参照)。遺体は未確認。
Wikipedia「北朝鮮による日本人拉致問題」より
拉致被害者である横田めぐみさんは、北朝鮮で死亡したとして、遺骨の一部を日本に提出してきたのだが、これがニセモノだったという騒ぎになった。鑑定方法について問題提起されているものの、火葬に使用されたといわれる施設が火葬されたとされる時期よりも後に建設されている点や、生存情報がもたらされたという話もあり、結局、遺骨はニセモノだった可能性が高いという結論になっている。

北朝鮮、日本人遺骨の返還に約100億円を要求=韓国ネット「その金で核兵器を作るの?」「むしろ日本に賠償金を支払うべき」

配信日時:2015年9月25日(金) 10時5分
2015年9月23日、韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮が日本に対し、太平洋戦争の終戦前後に北朝鮮で亡くなった日本人の遺骨を返還する対価として、約100億円の経費を要求していたことが分かった。
そして、今でも「遺骨を返すなら、金を寄越せ」と、主張している。

北朝鮮、返還する米兵遺体は本物か 前例には疑問

2018 年 6 月 22 日 03:51 JST
 【ソウル】北朝鮮が2011年、関係改善の一環として、英空軍パイロットのものと思われる遺体を返還した際、ロンドンの専門家は奇妙なものを発見した。調査の結果、北朝鮮が送ってきたのは、動物の死骸だったことが判明した。
 英国はただちに北朝鮮に抗議した。

更に、イギリスの例ではあるが、動物の骨を「遺骨」として返されたという話もあって、本当に何を信じたら良いのかというレベルのお話である。

北朝鮮返還の米兵遺骨「すべて人間の骨」

2018年8月3日 9時3分
北朝鮮から返還された、朝鮮戦争で死亡したアメリカ兵の遺骨についてアメリカの国防総省は2日、すべて「人間の骨だ」とする初期の鑑定結果を明らかにした。
米国防総省の会見「我々が話した北朝鮮当局者は協力的で率直だった。箱の中にあるのは人骨だと確認した」

どうやら、流石に「人骨」ではあったようだね。
おおっと、こちらのニュースでは他にも遺品があったようだ。
北朝鮮側からは証拠として、ブーツや水筒などアメリカ軍の装備品のほか、1人分の身分証が渡されたという。ただ、今回引き渡された遺骨が何人分かについては「北朝鮮側も分かっていなかった」としている。
なるほど、よく分からない人の骨も混じっていると。

……なんでよく分からない人の骨を「米兵の遺骨です」といって渡すんだよ!意味分からねー。
ペンス副大統領は1日、ハワイで、返還された遺骨を受け取る。遺骨はその後、国防総省の研究所に運ばれ、歴史家や科学者が身元の確認を進める。

冒頭のニュースは少々古いので、ハワイで返還された遺骨を受け取るという記載があるが、実際には既に受け取り、「取り敢えずは人間の骨だね」というところまでは分かっている。

ただ、そこから先は、科学者や歴史家が遺骨の身元の確認を行うと言うことらしい。何故、歴史家が?と思わなくも無いが、おそらくは身元の特定のために朝鮮戦争の戦史などを引っ繰り返す為に歴史家が登場するのだ、と言う事になると思う。


時間がかかるよ。そして、北朝鮮の狙いはそこなんだろう。


追記 (2018/8/3)

そして、こんなニュースが。

トランプ氏、金正恩氏の新たな書簡受理

8/3(金) 5:07配信

【AFP=時事】米ホワイトハウス(White House)は2日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長から新たな書簡を受け取ったことを明らかにした。

トランプ氏は大喜び、みたいな報道がある様だが、これも遺骨返還に関わる話なのだろう。

アメリカが、こんなことで北朝鮮に対する譲歩をするとも思えないが、一方で、制裁の姿勢が緩む可能性はある。

少なくとも北朝鮮の時間稼ぎに手を貸すような事態になることだけは避けて欲しい。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント