朝鮮総連本部の落札者は宗教法人

この話、かなりきな臭い。

朝鮮総連本部45億円で落札…鹿児島の宗教法人

読売新聞3月26日(火)12時53分

 競売にかけられた在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部(東京都千代田区)の土地・建物の落札者を決める開札が26日、東京地裁民事執行センターであり、鹿児島市の宗教法人「最福寺」が45億1900万円で落札した。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0326/ym_130326_2151128533.html

もともと、朝鮮総連中央本部の土地・建物は、差し押さえの上、競売物件となった経緯がある。


そもそも、この東京にある朝鮮総連の中央本部の敷地及び建物の登記は、2007年5月31日付けで元公安調査庁長官であった緒方氏のペーパーカンパニーに変更されていたことが、同年6月12日判明。

その後、紆余曲折を経て、この敷地と建物は差し押さえ物件となり、競売にかけられたわけだが……、何と、落札したのは生臭坊主ときたもんだ。

僧侶「永田町の怪僧」の異名も 清原氏、金本氏の護摩行だけじゃなかった

2013.3.27 11:20

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の土地・建物の競売について、東京地裁民事執行センターで26日、入札で最も高い価格をつけた人を決める「開札」が行われ、宗教法人「最福寺」(鹿児島市)が45億1900万円で落札した。最福寺「法主(ほっす)」の池口恵観(えかん)氏(76)は北朝鮮への渡航歴が複数回あり、「永田町の怪僧」との異名もある人物で、総連への貸し出しも検討したいとしている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130327/trl13032711210004-n2.htm

この落札者の最福寺の法主である池口氏は、北朝鮮との関わり合いが深い上に、政界にも太いパイプがあるという。

民主党員だけでなく、自民党の中核に座っている安倍氏、麻生氏とも関係が深いとされ、今回の落札劇にも、政治的背景があったことが予想される。

 

 約45億円という高額入札に、池口氏は「資金はある程度のメドは立っている。総連側からお金が入ることはありえない」と話した。

 入札には総連は関われないことになっており、地裁は購入資格などを審査して29日に売却の可否を決定する。

それにしても、宗教法人がこのような多額の費用を工面可能であり、かつ、政治的活動すら可能である点には、国民として些か疑問を抱かずには居られない。

 

朝鮮総連、本部競売回避で「政界工作」か 民主政権に働きかけ

2013.3.27 14:44

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の土地・建物の競売をめぐり、総連側が民主党政権に対し、競売回避に向けた「政界工作」を行っていた疑いが26日、浮上した。許(ホ)宗(ジョン)萬(マン)議長が総連幹部に伝えた発言記録から判明した。許氏は昨年、野田佳彦首相(当時)側に和解での決着を求め、引き換えに北朝鮮で拉致事件に関する日朝間の交渉を行ったとも言及した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130327/plc13032714440018-n1.htm

このような怪しいニュースも流れており、なんとも北朝鮮を取り巻く情勢は不穏である。

ニュースソースが正しいか否かはともかくとして、日本と北朝鮮との関係を維持する上では朝鮮総連の建物がこのような状況であることは好ましくないと思う人物が多数居ることは確実だろう。


そして、北朝鮮とのパイプが無くなることは、保守派にとってもあまり好ましいことではない。

北朝鮮の動向を探る上では、非公式にせよ公式にせよ、情報が多い方が望ましく、好むと好まざると、パイプを持たざるを得ないのが実情である。

日本と国交のない北朝鮮との関係を、どのような方向に持って行くにせよ、最低限拉致問題は解決しなければならない。

 

和尚が慈悲の心をもって北朝鮮に手を貸す……、という何とも嘘くさいシナリオを描いたのは誰か知らないが、日本と敵対する勢力の本拠地の扱いは、政治的にも難しい問題なのだろう。

僕個人の感情としては、宗教法人が多額の費用を払って朝鮮総連を救済するのは、許せないものがあるが……、この問題はどういった経緯を辿るのだろうか?

 

北朝鮮 金王朝の真実(祥伝社新書271)

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ