口撃で調子に乗る北朝鮮

構って欲しいので、色々やっているようだな。

朝鮮労働党機関紙 日本列島が戦場に

4月10日 11時27分

北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙は、10日、東京や大阪など日本の5つの都市の名前を挙げたうえで、「日本が戦争の火をつければ、日本列島全体が戦場に変わる」と強く威嚇し、日本に対する挑発の度合いも一段と高めています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130410/t10013807561000.html

ちゅーか、相手は韓国だろ?日本を巻き込むなよ。


 朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は、10日、「わが国に対する敵視政策が日本にもたらすのは破滅だけだ」と題する論評を掲載し、この中で、「日本は、わが国の近くに位置し、われわれの報復攻撃の対象から逃れることはできない」と主張しました。
 そして、論評は「東京、大阪、横浜、名古屋、京都には、全人口の3分の1ほどが暮らしている」と、5つの都市の名前を具体的に挙げたうえで、「これは、日本の戦争持続能力が一撃で消滅する可能性を示す。日本が戦争の火をつければ、日本列島全体が戦場に変わる」と強く威嚇しました。

報復攻撃って、別に北朝鮮に直接日本が何かした訳じゃないのにな。

経済制裁は、自業自得だろう?

 

まあ、「東京、大阪、横浜、名古屋、京都には、全人口の3分の1ほどが暮らしている」というのと「これは、日本の戦争持続能力が一撃で消滅する可能性を示す。」というのは残念ながら事実だ。

そして、更に残念なことに、日本の保有するイージス艦とPAC3の数ではこの全ての都市を同時に守ることが出来ない。

 

非常に具体的かつ、現実的な脅迫なのである。

ただ、「日本が戦争の火をつければ」というのはそもそも前提が間違っている。火を付けたがっているのは北朝鮮で、日本から手を出すことは無い。

「横須賀、三沢、沖縄と、アメリカ軍基地がある地名を挙げて、ミサイル攻撃も辞さないと強調した」この発言も、良く研究して居るなぁという印象は受ける。この3カ所の拠点がやられれば、在日アメリカ軍は手足を縛られた状況となってしまう。

だが、それだけでアメリカ軍が封じられるかというと、そんなことはない。アメリカ軍の機動力は第7艦隊率いる空母であり、在日基地の打撃は大きなダメージとはなるものの、北朝鮮程度の相手を叩く妨げになる程の話では無い。

 

最終的にはアメリカとの対話チャンネルを確保したいというのが北朝鮮の狙いなのだろうが……、アプローチの仕方を間違っている。

三毛猫ホームズの危険な火遊び (光文社文庫)

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ