麻生氏の靖国参拝で公明党も韓国も不快感

何とも愚かな話だ。

麻生氏ら靖国参拝、首相は供物奉納 公明、不快感示す

2013年4月21日23時40分

麻生太郎副総理と古屋圭司拉致問題相は21日、東京・九段北の靖国神社に参拝した。新藤義孝総務相も20日に参拝しており、第2次安倍内閣の3閣僚の参拝が明らかになった。靖国神社は21日から春季例大祭で、安倍晋三首相は同日、神前に捧げる供え物「真榊(まさかき)」を奉納した。

http://www.asahi.com/politics/update/0421/TKY201304210247.html

無論、愚かなのは公明党と韓国だが。


別に、閣僚が神社に参拝したくらいで、国内も国外もガタガタと抜かす必要は無いわけで。

公明党の山口那津男代表は21日、さいたま市での記者会見で靖国参拝について「外交的な影響が出ることは避けられない。(中国、韓国両国との)関係改善を損なわないよう配慮が必要だ」と不快感を示した。

そりゃ、創価学会は神社に参拝することそのものを否定する考えらしく、一時期は鳥居ですらくぐらないように指示していた。

もうアホかと。

信教の自由を声高に叫ぶ団体は、たかが閣僚が靖国神社参拝した程度のことで、ギャーギャー騒ぐことに対して何か言うことは無いのか?

韓国外相 訪日を取りやめ

4月22日 10時38分

韓国政府の当局者は、今月末ごろに検討していたユン・ビョンセ外相の日本訪問を取りやめたことを明らかにしました。
韓国のユン・ビョンセ外相は24日に中国を訪問するのに続き、今月末ごろに岸田外務大臣と会談するため日本を訪問する方向で検討を進めてきましたが、安倍内閣の閣僚3人が靖国神社に参拝したことなどを受けて、これに抗議するために訪日を取りやめたものとみられています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130422/t10014083411000.html

早速、どっかのバカが過剰反応をしているが、もう放置しておけば良いだろう。

前日の記事、韓国大統領は日本に来なくて良いからでも紹介したが、 韓国大統領どころか外相も日本に来ない積もりらしい。

無論、来なくて良い。韓国大統領にしてみれば、日本を回避する恰好の理由となったわけだ。良かったな!

 

戦争を知らない人のための靖国問題 (文春新書)

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ