捏造する民主党、徳永氏の場合

酷い質疑もあったものだ。

靖国参拝で「拉致被害者が落胆」は捏造? 民主の質問に首相が反論

2013年04月25日13時29分
 安倍晋三首相は25日午前の参院予算委員会で、古屋圭司拉致問題担当相の靖国神社参拝に対し、拉致被害者が落胆していることはないとの認識を示した。
http://news.livedoor.com/article/detail/7625019/

産経新聞なので、喜んで噛みついているようだが、他の新聞ではスルーのようだ。しかし、これは非常に大きな問題ななのである。


先ずは、この動画を見て欲しい。見所満載である。
04.24 参議院予算委員会 徳永えり - YouTube

4月24日の予算委員会での質問である。
徳永エリ氏 : 「(約意)中国、韓国を蔑ろにするのはダメでしょ。靖国参拝で両国とも怒ってるよ
古屋大臣 : 「(約意)世界各国と連携するのが外交。一部の国とだけ外交やっている訳じゃない」
~11:43頃から
徳永エリ氏 : 「まー、何れにせよですね、拉致被害者の家族の方々は、実際非常に、ま、マスコミベースの話ですから、今ご説明をうけて少し誤解したこともあるかも知れませんが、落胆をしているという声が聞こえてきています。はい、あの、こんなことで、本当にしっかりとですね、拉致問題の解決に取り組んでくれるんだろうかという声もあがっているんですが」
古屋大臣 : 「あの、委員にお聞きしますけど、それは今度の、私ども閣僚が靖国を参拝したことにたいして、家族が批判されていると言うことですか?」
徳永氏 : 「反応と言うことです」
古屋大臣 : 「いや、それはねぇ、それはちょっと全く聞き捨てならない話です。是非ね、それ、お名前言ってください、どなたか」
徳永氏 : 「……えー、それではあの、総理にお伺いします。ま、いずれにせよですね、この靖国参拝問題が中国や韓国に対して、ま、影響を与えたと言うことを否めないと私は思っております。この点に関して総理はどうお感じになっておるかお伺いしたいと思います」
安倍総理大臣 : 「ま、あの、その前に申し上げておきたいと思います。質問の中で拉致被害者の方々が懸念を表明された、これは極めて重要な質問です。どなたが、それは言われたか。これはやはり予算委員会ですからちゃんとしていただかないと。それは質問者としての、党としての民主党として質問されているのですから。言っておられないのに言っていた、これは大変なことです。これは明らかにしていただかないと」
(以下意訳)「プロパガンダには我々は屈しない。靖国の問題は韓国は盧武鉉時代から、中国はある日突然。言いがかりに過剰反応は如何なものか。日本のために命を賭した英霊に敬意を払うのは当たり前だ。

大人が子供に諭しているような質疑で、頭の中身も残念なのだろうなと。
http://www.facebook.com/eri.tokunaga.79
徳永 エリ
約1時間前、東京都千代田区周辺 (携帯より)
靖国参拝について、予算委員会で質問。英霊に手を合わせる、その気持ちは、私は子を持つ母親ですからよくわかります。
しかし、韓国や中国を刺激するようなことは今はするべきではない。
ましてや、閣僚はその立場と責任を感じて欲しい。
拉致被害者の落胆は、被害者家族の支援をしている議員に言ってくれと頼まれました。
個人情報なので皆さんには言えません。
色々と考え方はあると思いますが、中国とは戦略的互恵関係を包括的に推進することが日本の国益です!私はすべてに、平和的解決を望みます。
更に負け惜しみである。
話が伝聞調に変わっているところが、爆笑ものである。


永田偽メール事件とは一体何だったのか?
民主党は一体アノ事件からどんな教訓を受けたのか?

事実関係をしっかりと、裏付けを取って質疑をしなければならないのに、「マスコミベースの話」だとか、「議員に言ってくれと頼まれた」とか、大丈夫か?コイツ。
国民の大切な税金を消費して国会は開かれる。1日3億とも言われる経費を使って、この予算委員会も開かれているわけであり、この下らない嘘に基づく質問ですら数千万というお金がかかっているのである。
そのことを本当に理解しているのだろうか?
「古屋氏が家族会などに問い合わせたが、一切そういう声は上がっていない」と明言した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130425/plc13042513280017-n1.htm
早速、古屋氏が家族会に確認をとって、その結果がこれだと言うことだ。
事実の積み重ねで質疑を重ねることこそが、国会では重要視されるのに、この状況である。こんな事が許されるなら、適当な事実をでっち上げて質問をするなどという話がまかり通ってしまい、一方の政府答弁は事実に基づく話をしなければならないわけで。時間の浪費以外の何ものでもない。

拉致被害者から落胆の声が聞こえた、等と言う話だったが、徳永氏が聞いた言葉は「空耳」だったのだろうか?

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ