韓国産?機動ヘリが実戦配備に

それは目出度い(棒読

初の韓国産機動ヘリ“スリオン”が実戦配備

2013年05月23日08時16分

  初めての韓国型機動ヘリコプター“スリオン”を実戦配置する記念行事が、朴槿恵(パク・クネ)大統領が参加する中で22日、忠南道(チュンナムド)の論山(ノンサン)陸軍航空学教で開かれた。20日に行われたリハーサルでスリオン編隊が離陸している。

http://japanese.joins.com/article/910/171910.html?servcode=200&sectcode=200

韓国型機動Hel機(KUH)スリオンの戦力化行事

随分開発が遅れていたから、もう駄目かと思った(笑


お笑い韓国軍のリストを挙げておこう。

無論、次世代型のKUHはこのリストに入らないよね!(確認

韓国防衛事業庁は29日、韓国型機動ヘリコプター「スリオン(KUH)」の開発が完了したと明らかにした。「UH1H」や「500MD」など軍の老朽化したヘリと入れ替える。自国でのヘリ開発は世界で11番目となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130329-00000034-yonh-kr

そう、それは重ねてめでたい(棒

お笑い韓国軍(陸軍編)で紹介していたけれど、500MDも随分老朽化していたからねェ。

スリオン

防衛事業庁は、「ヘリの開発は通常10年以上かかるが、T-50の開発に適用した設計技術と同時工学設計(設計とプロトタイプの生産をコンピューターシステムを活用してリアルタイムで進行)技術を適用して、短期間の開発に成功することができた」と説明した。

そーだねー、時間とお金がかかるよねー(棒読


さて、何故さっきから棒読みなのか?といえば、純国産化を喜んでいる内容に、疑問があるからだ。

KMH 事業課比べて事業期間が短縮されるによって国産化率目標も 70%から 50%で減ってしまったし, 開発方式も独自開発したモデルを海外技術協力を通じて完成するという概念で, 海外業社が提案したベースモデルを土台に国産化するというふうに変わった. 結論的に一番技術移転に積極的に参加したユロコブトが技術協力を担当する事にした。

http://www.kjclub.com/jp/exchange/photo/read.php?uid=14017&fid=14017&thread=1000000&idx=1&page=10&tname=exc_board_53&number=10392

このサイトの情報が信用できるかはともかく、実際にユーロコプター社から開発援助されてスリオンが開発されたのは事実。メインローターやギアボックス、ローターマスト、自動操縦装置等がユーロコプター社から提供されている。

そして、エンジンはアメリカのGE製との噂だ。こちらの情報は今のところ裏が取れていないのだが。

 

> 初めての韓国型機動ヘリコプター

そして、タイトルは韓国産機動ヘリコプターとしているが、中身は韓国型だ。違和感を感じられた方は鋭い。

嘘は書きたくなかったので、あくまで韓国型、すなわち韓国仕様のユーロコプターだと、その様に自白しているわけだ。

元になった機体は、ユーロコプターEC135AS532UCらしい。

 

まー、記事になった初っ端から、飛ばしているけど、流石に実戦配備されたばかりだから、問題やら何やらは出てきていない模様。

……お笑い提供はまだだよ?

<追記>

わが国の機動ヘリ「スリオン」、米ブラックホークに匹敵=韓国

サーチナ 5月27日(月)19時16分配信

 韓国陸軍は22日、国産機動ヘリコプター「スリオン」の配備に向けた式典を開催した。2009年から自主開発している同機動ヘリは、ラインオフ後初めて軍隊に配備される。韓国軍によると、陸軍に配備される第1陣の機動ヘリは全部で20機で、2022年を目途に、200機の同型ヘリを配備する予定だ。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

あっはっは、吹きよる(苦笑

UH-60:ブラックホークと言えば、未だアメリカで活躍する多目的ヘリだ。無論、初飛行が1974年であることを考えれば、今年初飛行したヘリの方が性能が上でも不思議はないのだが……。

 

韓国産だからねぇ。

ランキングに応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ