日本版DARPA創設か

日本のメディアでニュースにならないようなのだが、チャイナネットにこんな話が。

日本版DARPAが武器開発促進 アジア・米国の脅威に

発信時間: 2013-11-18 16:30:07 | チャイナネット |

ロイター通信(ウェブ版)の13日の報道によると、日本政府は2014年度予算編成で、米国防総省の「国防高等研究計画局(DARPA)」をモデルにした革新研究機構を発足することを決定した。その目的は、軍事技術の進歩につながる民間技術の開発だ。これは安倍晋三首相の、平和憲法の突破を試みる新たな動きだ。 中国の専門家は、「日本はこのほど武器輸出拡大を模索し、同時に武器の開発を積極的に拡大している。これは整った武器開発・配備・輸出の産業チェーンを形成し、自衛隊の拡張に向け物質的基礎を固めようとするものだ。この動きについては警戒が必要だ」と指摘した。「環球ネット」が伝えた。

国防高等研究計画局(DARPA)とは、アメリカ国防総省内部部局管轄の組織のことだな。


で、DARPAが何をやっているかというと、軍事技術の開発をやっているんだけど、軍事技術の開発をやる民間企業は、アメリカには山ほどある。DARPAがそれらと異なるのは、アメリカ軍からの直接干渉を受けない点だ。

DARPAの主な活動は、最先端科学技術を速やかに軍事技術に転用することで、軍や軍に関連する組織が投資を行わない隙間への投資を積極的に行っている。

その結果、やっていることが空想科学的な域を出ないという批判もあるが、インターネットの基礎となったARPANETや極超音速試験飛翔体Falcon HTV2、ビッグドッグの研究など、比較的有名になったものも多い。


軍事技術の開発はこれまで、少数の軍需企業(三菱重工など)に集中しており、大学は軍事技術の研究を避けていた。一方で日本が計画中の機構は、大手電機メーカーのシャープ、セラミック大手の京セラなどの民間企業が開発する、潜在的な軍事的用途を持つ技術を支援する。

まあ、要は、軍事技術への技術転用の裾野を広げることを目的とした組織と言えるだろう。

日本には、防衛技研(防衛省技術研究本部)という兵器開発を行う組織があり、様々な日本の兵器を自由に開発している側面は有るが、三菱重工など大手との取引が多く、それでも優秀な兵器を開発してきたが、より、多くの技術を兵器に転用しようという発想といえる。

 

正直、どれ程の成果が得られるかは未知数だが、日本の工業技術は世界レベルで考えてもトップクラスの分野を幾つも持っている。可能性は十分に期待出来るだろうし、産業の発展にも寄与できるだろう。

期待して良いと思う。


死の商人 (新日本新書)

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ