主力戦闘機KF16のアップグレードをBAEに依頼する韓国軍

耳を疑うような話が、現実に起こっていたというニュース。まあ、お笑い韓国軍なら仕方が無い。

韓国空軍が主力戦闘機KF16を改良へ 英BAE社を選定

japanese.china.org.cn | 06. 08. 2012
韓国空軍の主力戦闘機KF16をアップグレードする1兆1000ウォン(約763億円)規模の「KF16性能改良事業」から米国ロッキード・マーチン社が脱落し、英国BAEシステムズ社の米国法人が選定された。韓国紙「朝鮮日報」が伝えた。
今のところ、選定をした、と言う発表だけで、実際のアップグレードはもうちょっと先の話になるかも知れないのだが。


えっと、まず、何に驚いたか?と言う話なのだが、F-16は米ロッキード・マーチン社(ジェネラル・ダイナミクス社が製造していたが、事業買収により現在はRM社がF-16を製造している)の製品なのだ。
当然ながら、改良するに当たってはLM社がやるのが筋だ。尤も、ライセンス生産する国内企業がある場合は(日本の場合、三菱重工がLM社を協力企業としてF-2を開発したため、改造は三菱が行っている)、国内企業が改良を行うケースもある。が、KF-16の場合はKAI(韓国航空宇宙産業:旧サムスンの航空機部門)がライセンス生産をしているハズ。KAIでは力量不足だと言うことだろうか?
KF16性能改良事業は、2021年までにKF16戦闘機134機のコンピューターや武装システムなどを最新型のものに交換し、従来の古い機械式レーダーを最新型の能動電子走査配列(AESA)レーダーに替えて探知距離を大幅に伸ばす、というのが主な内容だ。事業全体の規模は1兆8091億ウォン(約1256億円)に達するが、今回はレーダーの取り換え事業(約7000億ウォン規模=約486億円)を除いた分野での業者選定が行われた。
ほうほう、何か中途半端な記事だなーと思ったら、朝鮮日報の方には続きがあったようだ。
今回の選定をめぐり「米国と欧州の有力防衛関連企業間の対決で欧州の企業が勝利した」と見る向きもある。しかし防衛事業庁は「選定された企業は英国の企業ではなく米国法人で、契約も米国政府が品質を保証する対外有償軍事援助(FMS)方式で行われるため、米国対欧州の対決とは見なし難い」と語った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/08/01/2012080100653.html
すげーな。
> 選定された企業は英国の企業ではなく米国法人で、契約も米国政府が品質を保証する対外有償軍事援助(FMS)方式で行われるため、米国対欧州の対決とは見なし難い
BAEシステムズはイギリス国防・情報セキュリティ・航空宇宙関連企業なんだが……、えっと、受注したのが北アメリカに進出したBAEシステムズ・インク社の方だって事なのかな?
それにしたって、「米国政府が品質を保証」ってFMSってそういう話じゃ無い様に思うんだが、気のせいだろうか。政府が1枚噛むってだけで、品質保証はやぱり民間企業だと思うぜ。
 
BAE社も世界最大の軍事関連企業だから、KF-16のアップグレードくらいやれるのかも知れないが、ユーロファイターの為体を見ていると、そんなに簡単な話でも無い様に思う。

万が一にもBAE社が契約を降りたり、不具合が発生した時にLM社かBAE社かどちらが対応する話になるんだろう?まさか、BAE社にF-16Kの設計図が有るわけでも無いのだろうし……。入札価格だけで決定した、って話なら、かなり愚かな選択だと思うんだけど。
他国の心配をしても仕方が無いけどね。



ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ