韓国型MDが本格化

韓国型と付くだけで一気に信用が毀損される気がするが、こんな記事が出てくる辺りKAMDの構想は本気らしいな。

韓国型MD本格化…米国からミサイル112基購入推進

2013年10月28日08時42分

  韓国軍が「ミサイルを撃つミサイル」と呼ばれるパトリオットミサイルを大量補強する。韓国型ミサイル防衛体系(KAMD)構築の一環だ。パトリオットミサイルは1991年の湾岸戦争当時、イラクのスカッドミサイルを迎撃して有名になった米陸軍の地対空ミサイル。

ただ、購入するのがPAC-2なんだよね。韓国軍の謎行動は何時にも増して理解しかねる。


パトリオット・ミサイル発射システムは、北朝鮮からのロケット(ミサイルだが)発射騒ぎで自衛隊が展開していたので、ご存じの方も多いだろう。

まあ、要は迎撃用のミサイルだ。

ただし、「システム」であるので、パトリオットミサイル(発射機)だけ持っていても役には立たない。フェーズドアレイ・多機能レーダーとか、ECSとかICCとかCRGとか色々と揃って始めて機能するのが実情だ。

一緒に買うのかな?

  DSCAは「韓国政府がパトリオットミサイル112基と関連装備および部品、訓練、軍需支援を購買できるかどうかを打診してきた」と議会に報告した。米国が主要軍需物資を海外に販売するためには議会に報告しなければならない。2月の北朝鮮の3度目の核実験と昨年12月の長距離ミサイル発射で韓半島での軍事的脅威が高まったと判断しているため、議会の承認を得るのに問題はないと政府は見ている。

……あ、やっぱり関連装備などを一緒に買うみたいだねぇ。

ただ、「訓練」、「軍需支援」などと書かれて居るところを見ると、現状はあってもかなりショボイか、全く無い状況だと予想される。大丈夫か?

 

いやいや、確か韓国にはPAC2が48基ほどあったはず。ドイツから買った中古品だが、レーダーも込みで買っていたハズだ。

韓国、PAC-2の修理をする

この前、PAC-2のレーダーが壊れちゃったから修理して!とアメリカに泣きついていた記事が出ていたから、少なくともPAC-2用のレーダーは持っているようだ。

ただし、それが必要にして十分なものか?については疑問が残るな。

 

  今回購買を推進するミサイルは、韓国軍が保有するパトリオット2(PAC2)の最新バージョン「GEM-T」という。従来のPAC2に比べ、レーダー性能とソフトウェアが改善された。軍は、北朝鮮の弾道ミサイルや超音速戦闘機による空軍基地攻撃に備えるため購買を推進すると説明している。

……今回買うのはPAC-2のミサイルだけって事みたいだな。

いくらGEM弾(目標への誘導性能を向上させたミサイル)を買ったところで、まともなレーダーが無ければ運用できないと思うんだが……。

だって、誘導のためにはレーダーが必要になる訳で。KAMDにはイージスのレーダーでも使うのかな?


えっと、価格は……。

  GEM-Tは弾道ミサイル、超音速戦闘機、巡航ミサイル、航空機などを撃墜できる。弾道ミサイルは30キロ、超音速戦闘機の場合150キロまでが射程圏。112基の購入に4億400万ドル(4290億ウォン)かかると見込んでいる。

112基で4億400万ドルね。

PAC-3を購入する!と決めたときに、価格が48基で3兆4000億ウォンという回答が来たので、さっさと諦めて、ドイツからPAC-2を48基とレーダーを購入した経緯があるんだが、このときも結局1兆ウォンほど使っている。

今回は112基買うんだよな?単純に計算すると2兆ウォン以上必要になる訳なんだが、レーダーとか一部の機能を既存の設備で使い回す計算なんだろうか?

 

  このため韓国が米国のミサイル防衛(MD)体系に編入されず独自の防衛体系を構築していることを示すため、実効性も考慮せず無理に導入を推進するのではないかという指摘も出ている。

この記事、最後にこのような指摘をしているのだが、多分正しいぜ。

PAC-2を導入して、韓国はミサイル防衛やっていますよっていうポーズのためだけにお金を使うつもりだというのが、今回のこの話だということだろう。

 


2pac: All Eyez on Me ? Book 1

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ