第2ロッテワールドの水族館で、漏水騒ぎ

建設が進むロッテワールドタワーの下層にある商業施設で漏水騒ぎがあったようだ。

韓国、水族館漏水で騒ぎ 下層階に変電所

2014.12.10 00:26
 財閥ロッテグループが運営し、10月に一部開業したソウルの商業施設「第2ロッテワールド」の地下2階にある水族館で、水槽の水が壁沿いに漏れていることが9日、分かった。韓国メディアが伝えた。
水槽の下は変電施設なんだとか。何故そんな設計に?



いろいろと曰く付きの第2ロッテワールドタワーだが、愉快な話になっている模様。
亀裂の話は続報もあったので、写真だけ紹介しておこう。
天井
天井の石膏ボードを誤って作業員が踏み抜いてしまったので、この様な亀裂が出来たと説明されているが、まあ、誰も信じないよね。そんな風に出来た亀裂じゃ無いし。



で、今度は何だ?という話なのだけれど、水槽の水が漏れていたらしいという話。
水槽
えー、この水族館がオープンしたのは2014年10月である。2ヶ月も経たずして水漏れとは、恐れ入るな。

第2ロッテワールド、アクアリウムの水中トンネルで水漏れ

2014年12月10日10時47分
  ソウル松坡区にある第2ロッテワールドのアクアリウムで水漏れが見つかり、補修工事が行われている。
  ロッテ建設などによると、ロッテ側は3日、アクアリウム地下2階のメーン水槽の水中トンネル区間で水漏れを発見した。アクリル水槽とコンクリートの間のシリコン接合部位だ。
……接合部で水漏れ?
  ロッテ建設のチョン・ヨンギュン工事チーム長は「6日に補修のためにシリコン連結部を切る過程で幅1ミリ、長さ7センチほどの隙が生じた」とし「1時間に1カップ分量の水が漏れた程度で、床がやや濡れた」と説明した。現在は水が漏れていないが、追加でシリコンを張り重ねる必要があり、12日ごろ補修工事が完了する予定だ。
よく分からないのだが、「補修のために連結部を切る」って何故補修が必要なのかね?運営して2ヶ月程度で。



しかし、恐ろしいのは先に言及したのだがこの更に下層に変電設備があるという点だ。
地下2階の水族館というのもちょっと意味不明だが、更に下層に変電設備があるというのが恐ろしい。
アクアリウムの下の階に15万4000ボルト級の石村変電所があるという点も不安要素に指摘されている。
15万ボルトとは、ピカチュウもビックリだな。
この石村変電所、周辺の2万世帯に電気を供給する変電設備である。
当然、漏水によって大量の水が下層に流れ込めば大事故に発展するリスクがある。常人には理解できない設計だな。たたでさえ、水族館施設を地下に作るには排水などの問題でリスクが大きい訳だが、更にその下に変電設備を作る神経が分からない。
 YTNテレビなどによると、漏水は3日に見つかったが、水族館側は隠していた。漏水箇所周辺は「掃除中」だと説明して入場客を近寄らせず、補修工事をしていた。水漏れは止まっていないが、ロッテ側は9日、漏水は「よくあること」と主張し批判が出ている。
……水族館で水漏れねぇ。

ひび割れや水漏れ相次ぐ第2ロッテW 安全性に懸念の声

記事入力 : 2014/12/09 16:53
【ソウル聯合ニュース】ソウルの複合施設「第2ロッテワールド」でひび割れや水漏れが相次いで見つかり、安全性を懸念する声が高まっている。
 ロッテグループによると、第2ロッテワールドのアクアリウム(水族館)地下2階に設置されたメーン水槽の水中トンネルで今月3日、水が漏れているのが見つかった。
 コンクリートの壁とアクリル水槽の間の隙間を埋めるシリコーンコーキングが裂け、シリコーンにボールペンの先ほどの穴があいたという。その部分から水が漏れ続けたため、ダイバーらが補修作業を行った。その間も付近の約10メートル区間への立ち入りを禁じただけで、営業は通常通り続けられた。


何やら杜撰な作業が問題だったみたいだぞ?
 
確かに、ちょっと前にドバイの水族館で巨大水槽から水が出た話はあった。水を扱う施設なので、水漏れが起こること自体はそれ程不思議では無いかも知れない。
だが、普通は漏水検査をやった上で、水槽内の水を作る訳で、営業が開始されてから漏水するなんて事態に陥ることはちょっと珍しい。
水槽1
これがその現場っぽいな。
水槽2
水槽そのものよりも、水槽の隣に映っている木の壁が気になる。営業中だろ?そして、壁の塗り方が杜撰なのも気になる。プロが塗ったんじゃ無いの?
コーキング
……なんでシリコンコーキングがこんなにでこぼこなのか。
そりゃ、気泡が入って水漏れが起こる訳だ。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ



コメント