香港デモ、制圧完了

終わったみたいだね。

香港デモ、強制排除 中国「法治」盾に強硬 民主派の不満くすぶる

産経新聞 12月12日(金)7時55分配信
 【南京=河崎真澄】学生らによる香港の抗議活動は、選挙制度の民主化要求に中国と香港の当局が二人三脚で“ゼロ回答”を突きつけたまま11日、強制排除された。中国外務省の洪磊報道官は同日、「香港の占拠事件は完全に違法であり、中央と香港の政府には社会の安定と秩序を回復させる権利がある」などと強調。中国式の“法治”を盾に国際社会からの批判に反論する姿勢をみせた。ただ、香港の民主派の不満はむしろ募り、社会の混乱はなお続きそうな情勢だ。
法治(笑)


先日には終わりの兆候の見えていた香港デモ。
大方の予想通りに強制終了した。
中国共産党は10月に開いた第18期中央委員会第4回総会(4中総会)で、「法治全面推進に関する重大問題決定」を採択し、民主主義社会とは異なる価値観に基づく「中国式法治」を正当化した。
まあ、APECも終わったしね。
支那が「法治」により強制的にデモを終了させたところで、支那国内では問題は起こらないのだろうし、国際的にも問題になりにくいのだろうな。
強制排除
209人が逮捕された模様。

香港政府、デモ隊200人超逮捕か 最大拠点を強制排除

2014年12月11日23時50分
香港行政長官選挙の制度改革をめぐり、中国側が決めた仕組みに反発する民主派が続けていた抗議の占拠で、香港政府は11日、最大拠点だった中心部の大通りでデモ隊を排除し、バリケードなどをすべて撤去した。
7000人の警察官を動員して、裁判所の命令が出ていない区間についても強制排除と。
え?「法治」だって?

ただまあ、デモ隊側ににとっても、出口の見えない状況になっていただけに戦術の転換という意味では良い転機になったのかも知れない。

より厳しい状況におかれたとも言えるが……。

支那において、民主主義を勝ち取ろうという動きは今後もあるだろうが、そのたびに弾圧が繰り広げられるのだろう。
香港が今後どのような経緯を辿るのかは、注意深く見守りたいところである。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


コメント