韓国海軍、済州島に海軍基地建設

この話自体は以前からされていたんだけどね。

韓国が済州島に海軍基地を建設・・・蘇岩礁や竹島での「武力衝突」に備えか=韓国メディア

2015-09-24 10:59

 中国メディアの環球網は18日、韓国済州(チェジュ)島における韓国海軍の基地建設が竣工に近づいていると伝え、イージス艦がこのほど同基地の埠頭に寄航したことは「同基地のテスト運用が始まったことを示すものだ」と論じた。

ノムタンの野望を代表したような基地建設だったけれど、本格的に運用する気なのだろうか?


色々言われているが、韓国にとって巨大な海軍基地の建設は、ある意味、悲願達成のためにどうしても必要だったと言えよう。

ただまあ、位置は微妙だね。

海軍基地が建設されつつあるのは、韓国済州島の南側。江汀村の海に面した部分であるという。

基地計画自体は1993年頃に、当初は空母まで接岸できるような設備を、という話であった。当然、米軍の使用が前提である。


しかし、どうやらその話は反故にされつつあるようで、場合によっては支那の部隊が駐屯する可能性すらあるという。

基地の位置

位置的には、アメリカ軍が支那対策に基地を作りたかったという印象が強いのは事実だ。しかし、それにしたって位置が微妙である。


さて、何故「位置が微妙だ」を連呼するかというと、支那に近く日本から遠い位置なのである。

そりゃ、アメリカさんも済州島基地を欲しがるわけだ。支那さんは何としてもそれを阻止したいわけさ。

それでいて韓国の首都ソウルからは距離がある為、大きな部隊を配置すると統率に問題が出る可能性ありと。まさに微妙なわけです。

済州島

こんな完成図を描いていたようだけれど、実際にもうこの形にはなっている。

基地

何やら司令部もしっかり建っているようで、そこそこ機能はするのだろう。

建物

ここに、韓国版イージス艦やら潜水艦部隊を集結して、外洋に出れるように、というのが元々の構想なのだけれど、一体何のために?

基地の配置が日本側に向いているというのは、多分偶然では無いだろう。


いま、色々テストを進めているようだが、本格的に基地として起動するようになると、何処の国が使うのかでかなり揉めそうである。

 続けて、海軍基地の港口の安定性や埠頭の電力供給や給油といったシステムの点検に向け、韓国海軍は2015年の10月までに駆逐艦や護衛艦など各艦艇ごとに海軍基地に派遣してテストを行う計画だと紹介した。

支那が使いたがっている、というのはほぼ間違い無いが、ここが支那の拠点となると、日本はかなり防衛がやりにくくなるのも事実。

 

日本の防衛戦略にも、影響が出てきそうな話ではあるが、韓国の基地としてはかなり微妙な気がしてならない。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ