韓国空軍、不遇のKF-16は始動用発電機関連で不正

こんな話ばっかだな。

韓国の防衛事業でまた不正発覚!政府機関を一斉捜査

配信日時:2015年9月15日(火) 6時29分
2015年9月13日、韓国のテレビ局KBSによると、韓国防衛事業不正合同捜査団が防衛事業庁を大々的に家宅捜索した。
不遇の兵器だねぇ。

KF-16といえば、「アップデートしてー」と韓国からアメリカに2機おくって、BAEに「こんなオンボロ修理できるか!もっと金を出せ!」と怒られたアレである。
その2機は未だに帰ってきていないらしいが。

まあ、それはともかくとして、今回はKF-16そのものでは無く、そのエンジンを始動させるための発電機絡みのトラブルのようだ。
KF-16をはじめとする戦闘機は、離陸前にエンジンをかけて、異常の有無を確認するための手順を経る。そのために使われる機器が「戦闘機始動用発電機」だ。韓国軍は今年末までに国内メーカーから1台4億ウォン(約4000万円)ほどの始動用発電機90台を導入する予定だ。
始動用発電機、ということなのでそれ程難しい機構のものではないらしいな。韓国国内から調達可能のようだ。
ただ、そのお値段は1台4億ウォン(約4000万円)というから、それなりのモノなのかも知れない。


もちろん、例に漏れず韓国メーカーは契約条件を満たしていなかったようだ。
しかし、この事業を進める過程で契約条件を満たしていないにもかかわらず、防衛事業庁と業者が随意契約の形で納品契約を結んだ事実を合同捜査団がつかみ、契約に便宜があったとして、11日に防衛事業庁と納入業者を大々的に捜索し、関連資料を押収した。
韓国でありがちの軍との癒着である。

日本でありがちなのは、事前に情報漏洩をして業者側に便宜を図るという方法だが、さすがは韓国である。条件がクリアできていなくても契約が結べる模様。

こんなことしているから、おかしな装備品が増えるのである。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント