竹島の日、今日

多分、一歩一歩進まねばならない問題なんだと思う。

竹島の日 国内世論を粘り強く喚起せよ

2016年02月22日 03時03分
 国家主権に直結する領土問題の解決は、簡単ではない。国内世論を喚起する啓発活動を続けながら、粘り強く取り組むことが欠かせない。
そして、現実を見れば、「竹島は日本の領土」で、「今は韓国人によって不法占拠」されている。

不法占拠が長引けば、好むと好まざると、不法占拠している側が有利になるのもまた事実だ。
日本は韓国の隣国であり、だからこそ領土の問題で揉めることは当然にある。
だが、武力をもって不法占拠した韓国のやり方を日本が許す必要は無いし、いい加減、取り戻すべき何じゃ無いかと。
 島根県などが22日、松江市で第11回「竹島の日」記念式典を開催する。2005年に制定した県条例に基づく行事である。
 島根県は、竹島の関連資料を積極的に収集し、解説書などを刊行してきた。竹島が日本固有の領土であることを補強する調査研究活動を実施し、情報発信する地道な努力を高く評価したい。
 政府は、領土問題を担当する酒井庸行内閣府政務官を式典に派遣する。政務官の出席は安倍政権の発足以来、4年連続だ。地元では閣僚や副大臣の派遣を求める声がある中、格上げを見送っているのは韓国への外交的配慮だろう。

外交的配慮は分かるが、しかし、国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴をすべきなのである。
この問題は決着を着けるべきだ。


相手が韓国だからこそ、である。
 だが、サンフランシスコ講和条約の発効直前の52年1月、韓国が李承晩ラインを一方的に設定し、現在も竹島の不法占拠を続けている。警備隊を常駐させ、宿舎や灯台、湾岸設備などを整備した。容認できない行為である。
1952年に韓国によって竹島を奪われてから、この島を一度も二本の手に取り戻した事は無い。
だが、国際的にそこは日本の領地だと訴え続けるべきだし、関係を深めるべき国だから「棚上げ」というのは間違った考え方だ。


真剣に日本が韓国と「隣国の付き合い」をするつもりなのであれば、さっさと事実を突きつけておくべきだろう。
僕としては「隣国付き合い」などまっぴらゴメンだと思っているが、だが、それは国益と関係無い感情だ。
やるべきは、しっかりやる。

 様々な分野で日韓協力を着実に強化することは大切だが、領土問題については、日本の主張をきちんと伝えなければならない。
読売新聞もまともな論説で締めくくっているな。
先ずは声を上げ、そして認めさせる、そこからスタートなのである。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ






コメント

  1. 島根県に住んでいた事が有る身としても竹島問題は早く片付けて欲しいものですがいざやるとなると
    非常に不安定な極東情勢でトリガー引くことにもなりかねませんからね……
    提訴だけでも慰安婦問題以上の反発は確実でしょうしいつぞやの靖国での爆破騒ぎ再びになりそうなのが何とも
    米も折角サード配備が進みそうなのに邪魔されるのはいい顔しないでしょうし

    返信削除
    返信
    1. 難しい問題なのは事実ですが、いつまでも先送りというわけにも行きません。
      寧ろ、二国間関係が悪化している今やっておくべき事だと言えるでしょう。

      アメリカの反発は予想されますが、元々、この件に関してアメリカは表向きノータッチ。ついでにTHAADの配備はアメリカ側の方が慎重姿勢になっています。
      根回しは必要でしょうが、事態を動かすべき時だと思いますよ。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。