韓国空軍、空対地ミサイル「タウルス」を配備か?

いやいや、マジで買うの?

空対地ミサイル「タウルス」 2~3カ月以内に配備=韓国

2016/08/09 06:00
【ソウル聯合ニュース】韓国中部の大田上空のF15K戦闘機から発射しても平壌の重要施設を攻撃できる長距離空対地ミサイル「タウルス」が数カ月以内に実戦配備される見通しだ。韓国軍の関係者らが9日までに明らかにした。
それも、配備するのはF-15Kに?





さてさて、韓国空軍が買おうとしている「タウルス」だが、ドイツ製のミサイルである。記事に弾道ミサイルとあるようだが……、巡航ミサイルの間違いだろう。
Taurus_ILA2006
別に韓国空軍がどこのミサイルを買おうが知ったこっちゃないのだが、巡航ミサイル「タウルス」はアメリカのトマホークを発展させたようなシロモノで、むしろAGM-129のコンセプトに近いのだろう。
航空機から発射するものの、標的へはGPSで誘導するので正確な目標破壊が実現出来る。ついでに、ステルス性が高いので敵から発見されにくい。

正直、AGM-129の仕様は明らかにされておらず、外国にも売られていないので、何処までの性能を持っているのかはハッキリしたことは分かっていないんだけどね。


つまり、ステルス性能を付与した巡航ミサイルという風に要求を出すと、ドイツ製の「タウルス」が出てくるのは不思議では無いのだ。あ、いや、おフランス製のストーム・シャドウも或いは……。

いずれにせよ、F-15に搭載実績のあることも含めて考えれば、割と現実的な選択肢ではあると思うのだ。
AJP20160808005200882_01_i
……ただねぇ、果たしてこれが本当に韓国軍に必要なのか?と言われると悩ましい。
 タウルスはステルス性を持ち、射程距離が500キロ以上ある長距離弾道ミサイル。タウルスが目標を正確に攻撃するためには、北朝鮮が発する全地球測位システム(GPS)を混乱させる妨害電波の影響を受けない米軍のGPS受信機を使用する必要がある。米国政府が同受信機の使用を承認したことにより、韓国での実戦配備を年内に終えることが可能になった。
だって、記事で触れられているようにタウルスはGPS頼りに飛ぶのだけれど、そのGPSについて「米国政府が同受信機の使用を承認したことにより、韓国での実戦配備を年内に終えることが可能になった。」などと書かれているんだけど、少なくとも今までは禁止されていて、この使用承認も果たして本当かどうか。



実は、今までは韓国軍はアメリカの軍事用GPSの使用を拒否されていて、民間のGPSを使っての作戦であった。アメリカから買った兵器は軍事用GPSが使えるようなんだけど、韓国で開発した奴は使用許可が下りていないと。

軍事用と民生品との違いはその精度で、1桁ほど精度が違うのだとか。

そして、巡航ミサイル「タウルス」の導入によって、精密攻撃が可能になるという話なんだけれど、……似たような話はどこかで聞いた気がする。
 韓国空軍の関係者は「タウルスが実戦配備されれば北の領空に入らずに北の全域に対する超精密攻撃が可能になる」とした上で、東海や大田周辺からでも北朝鮮のミサイル基地を15分以内に攻撃することができると説明した。
うーん、どこだったか。
あ、これだ。


確か、JDAM辺りを導入するのではないかという話があったが、あれってどうなったのやら。
実際に、色々ニュースを調べていくと2011年時点で既にF-15KはJDAMを搭載しており、さらにKF-16にも運用を決めていたはずである。
主力機KF16にJDAM運用能力を付与
2011/02/14
韓国空軍の主力機KF16戦闘機が、最新の GPS(衛星利用測位システム)精密誘導爆弾「GBU31 JDAM(統合直接攻撃兵器)」を運用することなった。
こちらはリンク切れだが、東亜日報に記事が残っていた。

北朝鮮の野砲に対応、精密直撃弾1000発を導入

Posted April. 10, 2005 23:04
国防部が、独自の対北朝鮮抑止力確保のために、先端誘導兵器である統合直接攻撃弾(JDAM:Joint Direct Attack Munition)1000発を導入することにした。
国防部のある関係者は10日、「JDAMを1000発導入する案を06〜10年の国防中期計画に盛り込んで、最近政府に報告した。国家安全保障会議(NSC)で詳細の計画を検討中だ」と話した。

にもかかわらず、さらに新しいオモチャを買う理由は一体??JDAMが腐っちゃった?

見逃していたが、どうやらキルチェーン構想の一環として長距離空対地巡航ミサイルの購入を以前から模索していた模様。

韓国軍、北核施設を精密打撃可能な「タウルス」ミサイル導入推進


2013年04月03日16時28分
韓国政府が北朝鮮による核・ミサイル攻撃の兆候を探知して先制打撃をするキルチェーン(Kill Chain)システムの一翼を担う長距離空対地巡航ミサイルで、ドイツ製タウルス(TAURUS)の導入を推進する。
この際に、アメリカのJASSM(AGM-158)も購入する話が出ていたようなのだ。
でも、アメリカの議会承認が得られなかったので頓挫し、ドイツから買うことにしたらしい。

……良いのかねぇ?



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント