北朝鮮ミサイル問題で国連安保理が緊急会合

国連なんぞで会合したところでたいした意味は無い。が、この即応性は評価すべきだろう。

北ミサイル 国連安保理が緊急会合

産経新聞 8月4日(木)9時57分配信
 【ニューヨーク=松浦肇】国連安全保障理事会は3日午後(日本時間4日午前)、北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ノドン」とみられるミサイルを発射したことに対応して、非公開の緊急会合を開催した。発射された2発のミサイルのうち1発の弾頭部分が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した点を重要視し、今後は声明発表に向けた調整を進める。
ここから何が引き出せるのか?が、外交の手腕の見せ所である。





さて、緊急会合の開催要請を行ったのは、日米韓の3カ国である。
 日米韓3カ国が議長国のマレーシアに緊急会合の開催を要請した。別所浩郎国連大使は安保理緊急会合後、記者団に対して、「全く受け入れられない。われわれは強く非難する」と述べた。米国のサマンサ・パワー国連大使は、「国際社会の平和と安全にとって重大な脅威であり、威嚇(いかく)する能力を高める試みだ」と非難した。
しかし、これで何度目か。

北朝鮮がミサイルを撃ち、日米韓が国連会合の要請をし、法的拘束力の無い決議案を出し、ロシアと支那が反対し、骨抜きの対応をする。ルーチンワークのようである。何度繰り返したら気が済むのか。
 一方で、米軍が最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備することを決定したことを受けて、常任理事国の中国が反発。安保理としての結束した対応が難しくなっていると見られる。
特に、今回はTHAADの一件があるので、間違い無く支那は反対してくる。ロシアがどう動くかは分かりにくいが、賛成する理由は無いだろう。



実のところ、アメリカと韓国は北朝鮮を定期的に挑発する軍事演習をやっている。

【朝鮮半島ウオッチ】米韓軍事演習に正恩氏が怒りおののいた理由…米特殊部隊「斬首作戦」の実態とは?

2016.3.19 09:25
 4月末まで約2カ月間にわたる米韓合同軍事演習は、金正恩氏の核ミサイル挑発に対抗、史上最強規模で展開中だが、中でも注目は北朝鮮首脳をターゲットとする「斬首計画」だ。
今回は4月に特に金正恩氏を挑発する内容だったので、現状はかなり緊迫したムードだ。
とはいえこれも5月頃の話で、今回のミサイル発射はどちらかというと支那の意向が強いと思われる。

そして、今回は北朝鮮の狙いが、明らかに日本を脅しに来ているという点でこれまでとは大きく異なる。



その原因の一端と考えられるのが……、そう、防衛相に稲田氏が就任した事案だ。小池氏の話も関係はしている可能性がある。
少々古い話だが、二方とも核ミサイル配備を口にしている。

小池百合子が日本会議会長らと「東京に核ミサイル配備」をぶちあげていた! 小池は「東京のトランプ」になる?

2016.07.24
 昨日、本サイトは東京都知事候補の小池百合子氏の本質が“極右ヘイト政治家”であることを、多くの実例を交えて紹介した。だが、彼女の“危険性”はヘイトスピーチを放置し、歴史修正主義を邁進しているだけにとどまらない。
怪しいサイトを引用してきて申し訳無いが、小池氏がそうした発言をしたのは事実。

稲田朋美防衛相「核保有は現時点では検討すべきでない」

2016.8.3 22:17
 稲田朋美防衛相は3日夜の記者会見で、核武装の必要性について「必要最小限度の自衛権の行使を考えた場合、現時点で核保有を検討すべきではない」と述べた。稲田氏は雑誌「正論」の平成23年3月号で核武装を検討する必要性に言及していた。
とはいえ、二人とも核武装を検討する必要性について言及しているだけで、実際に配備が必要だとは言っていない。

言ってはいないが、それでもこんな発言すら問題視するのが特亜なのだ。


そして、日本のマスコミは異様に核ミサイルなどに固執する習性があるので、「核ミサイル」と口にしただけで叩かれる風潮は未だにある。
もはや病気や宗教のレベルなのだが、しかしそれは逆に言えば特亜が日本の核武装を強烈に警戒しているという事でもある。

だからこそ、核を配備した際に、どのように運用できるのか、どういった利点があってどういった問題が生じるのかという点について、しっかり議論すべきなのは、説明するまでも無い。

「議論したら保有に傾くので、議論すら許されない」という意味不明な発言をする人を見かけるし、大手のマスコミもその風潮が強いが、言論を弾圧することをマスメディアが推奨してどうするのか。

安保理の会合などたいした意味は無い。そりゃ、話し合うこと自体に意味はあるのだろうし、そこから成果を得るのが外交の手腕の見せ所ではあるが、これまでのことを考えれば期待ができるような成果は得られないだろう。

だからこそ、もっと実効的な行動に移る時期なのである。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント