一見民主党、中身は民進党

少し前の話になるが、公明党の山口氏から「一見民主党」だと揶揄されていた立憲民主党だが、「一見」どころか「実質」そのものである。

立憲民主は「一見民主だ」 公明・山口那津男代表が皮肉、野党批判炸裂

2017.10.7 22:14
公明党の山口那津男代表が7日、群馬県のJR高崎駅前で街頭演説を行い、希望の党を巡る野党の急激な再編ぶりを皮肉り、「立憲民主党は一見民主党だ」などと語った。衆院選比例北関東ブロックから出馬予定の輿水恵一前衆院議員の応援に駆けつけ、消費税使途変更への理解を求め、少子高齢化対策や子育て支援拡充などの政策も訴えた。
公明党の山口氏だが、僕自身は「公明党など論外」とは思いつつも、山口氏の演説の旨さには一目置いている。公明党がダメだと思う理由は、その支持母体がアレだからであって山口氏の能力とはまた別だよね。

ともあれ、皮肉られた立憲民主党だが……。

比較表

こんな画像が作られる程度には、その正体を隠そうともしない。幹部は管政権そのまんまの体制だな。

新潟市中央区

これもまあ、笑って良いのか悲しめば良いのか……。きっと、再利用だな。エコだぜ。

民進無所属が立憲民主党に統一会派を申し入れへ 岡田克也氏ら23日に会合 参院民進党の動きも焦点

10/19(木) 8:01配信
 衆院選(22日投開票)に無所属で出馬している民進党出身者らが選挙後、国会で立憲民主党と統一会派を組む方向で調整していることが18日、分かった。民進党出身者らが23日に会合を開いて最終調整し、立民側に申し入れる方向だ。参院民進党も24日に参院議員総会を開き、今後の方針を話し合う。
 衆院選では、民進党から希望の党や立憲民主党に移籍しなかった岡田克也元外相や野田佳彦前首相、江田憲司前衆院議員ら約20人が情報交換のためのネットワークを作り、相互支援をしている。

それどころか、連携姿勢すら隠そうとしない。



民進党のお家騒動があったのは9月の始めのこと。
民進党最後の党首・村田蓮舫氏が自滅してから、民進党は自壊した。実際には前原氏が現代表ではあるが、党首としての仕事はなにもしていない。実質、その前までが民進党として、党の体を維持出来ていた時期と、僕は考えている。だって、もともと、連合からも見放されつつあり、そのまま存続というのは難しかったのだから。

民主党から民進党に看板を掛け替えて失敗し、今度は希望の党へ最後の希望を求めて政党ロンダリング。ソレが叶わない残りカスが立憲民進党を作ったのである。

立憲民進党がより左派としての立ち位置を明確にしたことだけは評価したいが、評価可能なのはそこだけ。政党としての理念も綱領もイイカゲンなものだ。いや、民主党時代は長期にわたって綱領すら無かったのだから、マシになったと言えるのかも知れない。
ただ、中身は意味不明である。
色々突っ込みどころ満載だが、本来一番明確にしなければならない国防に対するスタンスがこれだ。

五. 国を守り国際社会の平和と繁栄に貢献する

私たちは、専守防衛を前提に外交安全保障における現実主義を貫く。我が国周辺の安全保障環境を直視し、自衛力を着実に整備して国民の生命・財産、領土・領海・領空を守る。日米同盟を深化させ、アジアや太平洋地域との共生を実現する。
 国際連合をはじめとした多国間協調の枠組みを基調に国際社会の平和と繁栄に貢献し、核兵器廃絶、人道支援、経済連携などにより、開かれた国益と広範な人間の安全保障を実現する。
いや、「専守防衛」って、防衛力強化できなければ不可能だぜ。第二次安倍政権が目指した「日米同盟の深化」の答えとして出したのが「特定秘密保護法」であり、野党が「戦争法案」と揶揄する「安全保障関連法」の成立である。僕としてはこれらでは未だ足りないと考えているが、この2つで確実に「日米同盟の深化」は進んだと言える。
でも、民主党政権はこれらに関連する法案を作ろうとして断念し、民進党になってからは法案成立を邪魔したよね?「自衛力の着実な整備」って、民主党時代は防衛費の削減方針を推し進めたじゃ無いか。本当にできるなら、具体的な数字を出しなよ。

これが立憲民主党の正体なのだが、議席は倍くらいに伸びるんじゃ無いかという予想が出ている。日本国民は、何を見て投票する気なのかな?



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 悪夢だ!
    絶滅してくれると喜んだ連中が生き延びて、また繰り返すか?
    自公体制に変わりはないでしょうが、奴らの議席が伸びるなんて…で、またモリカケ騒ぐんですか?
    それは無いにしても、似たようなことを繰り返すのでしょ?
    ナイトメアです。

    返信削除
  2. 木霊さん、仰る通り山口氏は指導者に絶対必要な演説能力は長けていますよね。=安倍ちゃんに一番欲しい能力。
    さすが、じっくりエース候補として育てられたエリート中のエリートって感じがします。=安倍ちゃんとは頭のデキが決定的に違うという証左。

    さて、記事のテーマであるこのオゾマシイ似非リベラル集団は、「専守防衛」も「日米同盟の深化」も「自衛力の着実な整備」も、選挙公約がデタラメでも構わないと舐めているのか、いったい何言ってるのやら滅茶苦茶です。
    単純な謎ですが「日米同盟の深化」を散々邪魔した悪行を、都合よく米国が忘れてくれるとマヌケにも思ってるんでしょうか?

    だから、木霊さんが「具体的数字を出してみなよ」とご指摘されるのはごもっとも!!

    ちなみに軍事評論家の小川氏の試算では、日米同盟なしに日本が独自自衛しようとするなら、国防予算は4倍(20兆円)くらいかかるとのことでした。(信憑性はともかく)

    しかし、この似非リベラル集団の主張は日米同盟の深化どころか、最悪の破綻を招きかねないのですから、消費税10%どころの話ではなくなっちゃいますし、選挙後は極左だらけになりそうなこのイカガワシイ政党は「支那に国を売る方が楽だァ~」ってことになりかねません。

    選挙趨勢は自民への批判票が流れソコソコ議席を獲得、旧民進党で無所属立候補議員が合流すれば60~70議席くらいかな?
    旧民進党より大幅に議席減の少数野党第一党とはいえ、旧民進党参議院という武器を温存していますから、本当に嫌な感じがしますね。(参院は共産・自由・社民系を含めて30%くらいになる)

    なにより理念はおろかロクな政策がないクセに、安倍ちゃん憎しの反対票さえ取り込んで、自分達だけ生き残ればいい・・・、本当に真底腐った集団で唾棄すべき存在です。

    P.S.
    引用した小川氏ですが少々大袈裟な表現も多く(信憑性に欠ける)、さらに最近はちょっとボケ発言も目立ってきたような・・・? 

    でもかつて国会参考人質疑で呼ばれた時、国会に向かって最後の念押しに「有事に自衛隊・海上保安庁・警察の手足を縛るな。彼らが向き合うのはフリーハンドのプロ=軍隊。判断を誤れば僅かな敵相手に全滅する恐れあり。」、と強い警鐘を唱えたのは今でも評価しています。

    国民の命を守る使命を与えられた自衛官も海上保安庁職員も警察官も、同じく平等に命を守られるべき日本国民に変わりはないのですから、この主張には今でも賛同しています。

    前面で命を懸ける隊員の皆さん、そしてそのご家族や友人達に対し、「いやそれは憲法で禁じられているから仕方ない。」、と言える厚顔無恥(手足を縛って無駄死にを強要する一番非人道的所業)な度胸と対案を持ってるなら、この選挙で堂々と開陳すべきです。

    似非リベラルに人の命の尊さを語る資格はない!!

    返信削除
  3. もういっそ、立憲民主党の党員たちはこれ(http://yaplog.jp/cv/yukalogblog/img/327/200421522154890929_p.jpg)みたく内ゲバでも起こして、4つか5つかぐらいのちっこい小政党に分裂してくれないだろうか?
    「良い醜態」を晒すことになって、支持率はだだ下がり(今の時点でもそんなに高くないような気がするが・・・・)になるし、「彼ら」には「とっても」お似合いなのだが・・・・。

    返信削除
  4. タイで目覚めた日本人2017年10月19日 23:06

    今回の選挙は安倍総理が演説する度に邪魔するパヨクを一喝する勇者が登場したり、偏向報道を責めるプラカードを持った人が集まったり、TBSのカメラマンの邪魔する人が現れたりと、胸の熱くなるニュースもあって・・・人も少しずつ変わっていくんだと思わせてくれます。
    いつまでもパヨクが幅をきかせる世の中は続かないんだと希望を持って、投票しに行きます。

    返信削除
    返信
    1. タイで目覚めた日本人2017年10月23日 6:37

      しかし、結果として写真のメンツ全てが議員になって落選していない事実に驚愕を覚えずにいられません・・・

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。