サヨク成分推しの毎日新聞、世論調査を行う

なるほど興味深い。

<毎日新聞調査>「安倍首相続投望まず」47%

10/16(月) 2:35配信

 毎日新聞が13~15日に実施した特別世論調査で、衆院選後も安倍晋三首相が首相を続けた方がよいと思うかを聞いたところ、「よいとは思わない」が47%で、「よいと思う」の37%を上回った。今回の情勢調査で自民党は300議席を超える可能性があるという結果が出たが、首相の人気とは必ずしも合致していない。

選挙戦を控えて色々な駆け引きがある様だが、正直どの報道機関が正しい事を言っているのかなんて分析できるほど情報があるわけじゃ無い。

ただ、毎日新聞の世論調査は、実に毎日新聞の希望が透けて見えて、面白い。

20171016-00000001-mai-000-2-view

なかなか面白い結果をたたき出しているが、この様な結果を得るためにどのような努力をしたかは気になるな。

 安倍首相の続投を「よいとは思わない」は立憲民主支持層で89%、希望支持層で80%、共産支持層で88%に上った。「支持政党はない」と答えた無党派層でも「よいとは思わない」(59%)が「よいと思う」(25%)を大きく上回った。

さて、何故、野党を中心に質問をしたのかはよく分からないが、選挙後に安倍内閣が存続することに疑問を持つ層が47%、つまり5割弱存在するという結果が出た。

ところがこのうち、比例代表選にて自民党に投票するとした層は12%いるそうだ。この質問のやり方がちょっと疑問なのだが、今回の衆議院選挙は小選挙区と比例代表の2つの制度によって選挙が行われる。

小選挙区で289人(約62%)、小選挙区で176人(約38%)、合計465人が選出される。

この数字を加味すると、毎日新聞の47%が「安倍首相続投望まず」というタイトルに偽りは無いと思うが(設問の立て方にもよるのだろうけれど)、47%が反自民であると思わせるような記事の書き方は少々問題だろう。何故ならば、全体の6割を占める小選挙区に関してのデータが無いからだ。


ただ、この辺りの事情を加味した設問もあったようで、こんな回答も紹介されている。

 逆に自民支持層では「よいと思う」が76%に達した。公明支持層も57%が続投を望んでおり、与党支持層と野党支持層で結果が分かれた。
 「よいとは思わない」と答えた人の比例代表の投票先は、立憲民主党が26%で最も多く、希望の党20%▽共産党11%--などとなった。首相に批判的な層の投票先が野党各党に分散していることがうかがえる。自民党も12%あった。

野党支持層に、「安倍首相続投を拒否」する流れというのは、反安倍でアライアンスを組んでいる野党連合の目論見は正しかったということになるだろう。

もちろん、こういうデータの紹介の仕方をされても全体像が分からない点に変わりは無い。小選挙区制でも同程度の自民党支持層がいると仮定すると、5割近くは自民党支持、という結果が透けて見える訳だ。

意外に思うのは、公明党支持層は憲法改正に抵抗感があるはずなのだが、9条3項を追加するという案であれば呑めると言う事なのだろう。


そして、面白いと感じた結果がこれだ。

 主な政党支持率は、自民29%▽立憲10%▽希望9%▽公明5%▽共産4%▽維新3%▽社民1%--など。無党派層は28%だった。

立憲民主党の方が希望の党よりも支持率が高いよ。


まあ、あれだけメチャクチャな公約を挙げていれば、自民支持層からは嘲笑され、民進党支持者からは蛇蝎の如く嫌われるだろう。そうだとすると、今回の選挙における希望の党の支持者は、一体、希望の党に何を望んでいるのか?という点が気になる。


案外、希望の党の勢いだけを見て勝ち馬に乗りたいという要望があったのかも知れないが、失速している希望の党を状況を見て失望しているのかも知れない。

毎日新聞の調査という部分を差し引いても、実に興味深い結果である。


そして、調査方法も実に興味深い。

 13~15日の3日間、全国289小選挙区ごとにコンピューターで無作為に数字を組み合わせて作った電話番号に、調査員が電話をかけるRDS法を使いJNNと協力して実施した。福島第1原発事故で帰還困難区域などに指定されている市町村の電話番号は除いた。全国の有権者7万3087人から回答を得た。

13日~15日ということは、金、土、日の3日間調査を行ったと言うことであり、平日に電話に出られる層というのは、主に高齢者層だと思われる。土日は雨が降ったところも多かったと思うが、それでも休日の昼間に電話に出られる若い層はそれ程多くないだろう。RDSという手法は既に時代遅れになりつつあるのかも知れないという危惧は、新聞社には無いのかな。

母数が多いことは、そのデータの信頼性にも大きく関係するだろうが、記事の書き方一つ、設問の作り方一つで印象は大きく違うものだね。


さて、毎日新聞の調査でわかった事の1つに、希望の党の劣勢と同時に前原民進党の窮地が伺える。

前原氏、誤算続き窮地 「合流」決断が招いた分裂劇

2017年10月14日05時01分

 衆院選で希望の党への合流を決断した民進党の前原誠司代表が、誤算の連続で窮地に追い込まれている。「排除」と分裂劇の末、政権交代に向けた一時の勢いは失速したまま回復する手立ては見つからない。民進の参院議員の間では選挙後の代表辞任を求める動きも出てきた。

「民進党存続させるべき」小川氏は再結集目指す考え

2017年10月13日 17時41分 (2017年10月13日 19時00分 更新)

 民進党の小川参議院議員会長は、民進党を今後も存続させた上で、立憲民主党や無所属の議員ら民進党出身者が、再結集することを目指す考えを示しました。
 「残っている民進党をしっかりと存続させて、同じ思いで人がまた集まればなと」(民進党 小川敏夫参院会長)

こんな状況で、民進党には色々と辛い状況が重なっている。

既に、比例代表で公認を出さない民進党は、参議院にいる残党だけの「残りカス」状態だが、選挙後にまた再結集するなどと言う意味不明の暴言を吐いてしまった政治家がいた。

慌てて発言を修正した恰好だが、選挙のために分裂した上で、選挙後に動きがありますよと言う事を臭わせて有権者が呆れないわけが無い。


そうした事も手伝ってか、ここの所はマスコミが総出で立憲民進党に票が集まるような細工をしだした様に思える。


野党の同士討ちフラグ立ちました、とも言えるのかも知れないが、選挙戦はまだ序盤である。これからどういう局面を迎えるかはちょっと予測しにくい。

「自民盤石」という報道が続けばアンダードッグ効果が狙えるかも知れないが、立憲民主党の代表の枝野氏が割と堅実な発言を続けているのは、サヨクにとっては好ましく映るのかも知れない。

もうちょっと注意深く見守っていきたい。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. ちっ!
    ガラパゴス左翼を根絶できると喜んだのに!

    返信削除
    返信
    1. ガラパゴスサヨクだけに、コアなファンがいるのでしょう。
      近所にもそうした類の人々がいるのですが、話がどうにも食い違うのでできるだけその手の話題は避けております。

      削除
  2. ハサミトギ2017年10月18日 1:44

    「よいと思う」「よいと思わない」だけを聞いて、
    「わるいと思う」「わるいと思わない」まで入れない時点であからさまに印象操作。
    「よいと思う」「わるいと思う」「どちらでもない」の3択なら違う結果が出るはず。

    返信削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。