韓国陸軍のドローン戦闘団は使い物になるのか?

笑うところか?

韓国陸軍、来年「ドローン戦闘団」創設へ

記事入力 : 2017/10/20 10:06
 韓国陸軍が19日、軍用ドローン(無人機)や商用ドローンを活用して北朝鮮地域に対する偵察および攻撃任務を遂行する「ドローン戦闘団」を来年創設すると発表した。韓国陸軍はこの日、忠清南道鶏竜台で開かれた国会国防委員会による国政監査で「有事の際、北朝鮮の非対称の脅威に対応し、韓国国民の被害を最小限に抑えて最短期間で勝利するため、『5大ゲームチェンジャー』(中心戦力)の建設に集中したい」という趣旨の報告を行った。
相変わらず妄想が激しいが、戦場でのドローンの活用については各国で研究されているくらいには、有用だと思われる。
ただ、……ねぇ。

えーっと、まず、ドローンってなに?って話なのだが、簡単にいうと、遠隔操作又は自立式の無人航空機の事を指す。UAVなんて呼ばれ方もするのだけれど、有名所だとRQ-4「グローバルホーク」なんかもドローンの範疇に入る。
ただ、日本でドローンというと、4つの回転翼を持つマルチコプターの印象が強い気がする。

ドローン
こんな奴だ。

日本でも首相官邸の上に落ちたみたいなニュースが有ったような気がするが、使い方によっては有用であるとは思う。

首相官邸にドローン落下 けが人はなし

2015/4/22付
 22日午前10時20分ごろ、東京・永田町の首相官邸で、小型の無人飛行機(ドローン)が屋上に落下しているのを職員が見つけた。警視庁によると、けが人はいない。同庁が所有者や落下した経緯などを調べている。
韓国軍は一体どんなレベルのモノを用いる気なのやら。商用ドローンを活用とか言っている辺りを含めて非常に気になる。

さて、その「ドローン戦闘団」なる存在についてだが、一応記事で解説されている。
 ドローン戦闘団とは、ドローンとロボット技術を結び付けて新たな概念の多様な作戦を遂行する部隊で、韓国陸軍ではドローン軍事研究センターやドローン教育センターも併せて設置し、未来戦の中心的戦闘システムの一つとしてドローンの発展・育成を進める計画だ。また韓国軍は、単なる偵察だけでなく攻撃用兵器としてもドローンを開発、活用することを計画している。
取り敢えずは偵察用に使いましょうという話らしいな。

ただ、こんな壮大な計画を打ち出すのは良いのだけれど、韓国軍のUAVって割と悲惨な状況だったような。
なんかもう、成果が出た話を聞かないのだが、取り敢えずは何か組織を立ち上げましょうという話っぽい気がする。
だが、それにしてもだ、グローバルホーク買うって話は一体何処に行ったんだ??
購入許可を貰ったとこまでは追いかけていたのだけれど、その後のニュースを見かけないんだが。

グローバルホークで北を監視 12月に航空情報団創設=韓国軍

2017/10/20 10:49
【鶏竜聯合ニュース】韓国空軍は20日、中部の忠清南道・鶏竜台で行われた国会国防委員会による国政監査の業務報告で、今年12月1日付で「航空情報団」を創設する計画だと明らかにした。空軍戦隊級の情報部隊を戦団級に拡大・再編した部隊で、空軍が2018年、19年に2機ずつ導入する高高度無人偵察機「グローバルホーク」で北朝鮮の重要施設を精密に監視する。
そう思って調べたらヒット。
……今日のニュースじゃねーか!!!

そして、導入先は韓国空軍になっている。意味が分からない。グローバルホークは来年買う事になっているらしいな。まあアレだ、無事に買えると良いな。アメリカ議会の了承を得てから随分長かった気がするが、準備に時間がかかったのだろう。

なんかこう、韓国陸軍と韓国空軍で見栄を張り合っているようにしか見えないのは、僕の心が曇っているからかも知れない。

あと、韓国陸軍は、半島有事勃発目前だというのに、随分暢気な感じがする。
 19日に韓国陸軍が公開した「5大ゲームチェンジャー」には、このほかにも▲全天候・超精密・高威力ミサイル3種類▲戦略機動軍団▲特殊任務旅団(別名「斬首部隊」)▲個人先端戦闘システム(別名「ウォーリア・プラットフォーム」)が含まれる。
色々やる前に、今の部隊編成を見直した方が良いと思うんだ。今のままで戦えるのかい?


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 木霊さん、北との開戦前夜の緊迫した雰囲気なのに、なァ~んかズレまくりって感じのニュースですね。(特に最近は多発しちゃってくれてます-笑-)

    あるに越したことはないんでしょうけど、1機約200億円・・・???

    自衛隊も買うとか買わないとかいう話もありますが、そもそも陸上用の偵察機って印象ですから、海に囲まれた日本には哨戒機がありますから、メリット薄いような気がして微妙な装備と思っています。(今回トランプ氏に訪日で買わされそうですが)
    そもそも、これまでの中東・アフガンでの運用実績からして、陸上の敵地攻撃を前提とした偵察機って位置づけじゃないのかな? ならば「専守防衛」を錦の御旗に掲げる今の日本には運用以前の矛盾があるような・・・?

    さて、南朝鮮がこれを運用するのは国境以北の陸地偵察ってことになるんでしょうけど、いざ開戦となったら探索している最中にソウルに弾道ミサイル・ロケット砲・長距離弾が落ちてるんじゃないかな~。

    まあ、DMZ付近の偵察で北の特殊部隊&機甲師団の動きを把握できたとして、やっぱりそんな緊急な動きがあった時にはもはや空中戦真っ只中・・・。
    「北の軍隊がただならぬ動きをしています。」と報告した時点で、先にソウルが火の海で後の祭りとなりそう?

    素直に迎撃能力に不安一杯の中古PAC2の代替えに、PAC3を米国に売ってもらえるよう(800億なら12基くらい買えるはず)、土下座してでも懇願したほうがいいんじゃないかと思うんですが。

    >笑うところか?

    乾いたタメ息・・・、しか出ませんね~。(笑)

    返信削除
    返信
    1. 韓国にとってもグローバルホークは微妙な感じの装備ですが、日本にとってもちょっと、という気はしています。
      確かに情報収集のためのツールとしては有用なのですが、割と情報収集衛星と役割が被るんですよね。

      いや、そういう意味では韓国にとっては重要なツールかも知れませんが……。しかしそれもまともに運用できればの話でして。

      まあ、状況の推移は見守りたいと思います。

      削除
  2. グローバルホーク導入については中央日報8/21記事(下記URL)でコスト上昇のため導入中止を検討、今月末に決断と韓国としてはまっとうな判断をするかと思ってましたが少なくとも韓国軍としては導入を決めたようですね。(米政府の報告を受けた米国議会の承認がどうなるかわかりませんが)
    グローバルホーク買うお金があったら今はF16でも買って老朽化した戦闘機部隊を何とかするとか不足している空対空ミサイルとかが先だと思うけどね。 

    (http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/08/21/0200000000AKR20170821174200073.HTML)

    U2に替わる無人偵察機であるグローバルホークについては韓国だけでなく日本も優先度は高いとは思いませんけどね。
    アメリカ海軍は哨戒用に試験中とかNASAは温暖化調査にもとあるけどどちらもグローバルホークじゃなくていいよね。(海軍はP8+UAVでの運用がおもわしくないのなら話は別だけど)

    日本だと弾道ミサイルの警戒のために北朝鮮領空に近づいたりましてや領空内で偵察なんて北朝鮮を挑発するなとか言われて現状無理だろうし、北朝鮮が撃墜する可能性もありMIG17なんていう安物にやられたらコスト的に見合わない(米国と区別がつかないだろうから領空外では撃墜行為に及ばないだろうけど)

    返信削除
    返信
    1. そうですか、韓国も中止を検討していましたか。
      日本も注視検討をしていましたが、何となく後追いのような気がしないでもありません。

      ともあれ、ご指摘の様に、戦闘機の整備が先ですよね。
      KF-16戦闘機は割と優秀な機体なので、余すことなく利用できるように準備すべきなんですが、疎かにしていますよね、あの国。

      削除
  3. 連中は流行りものが大好きですからね。

    返信削除
    返信
    1. なんというか、日本と張り合って装備を選ぶ傾向にありますよね。
      真似して意味があるのか?と。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。