負け犬の遠吠えを地で行く日本共産党

みっともねぇなあ。

民意をゆがめる自公の「虚構の多数」

2017年11月2日(木)
 日本共産党の志位和夫委員長は1日、衆院第2議員会館前で開かれた総がかり行動実行委員会など3団体主催の集会でスピーチし、総選挙結果を報告しながら、力を合わせて9条改憲の国会発議を絶対に阻止しようと呼びかけました。
ここのところの、野党の状況は見苦しいというかみっともないというか。
希望の党のことは扱き下ろしたが、それでも「負けた事」そのものは理解していたようだった。負けた原因は「排除」の発言だったという勘違いをしているが、民進党の大多数を吸収するような悪手選んだことが、そもそも問題だったのである。
「希望の党」の看板をしっかり掲げたにもか関わらず、その看板に書かれている内容をしっかり確認しなかった。それどころか、選挙が終わってから看板の一部を替えようとしている始末だ。そんな政党が信用されるわけが無い。

このように、腰の定まらない希望の党も酷かったが、更に酷いのが日本共産党である。
冒頭の記事は赤旗の内容だが、まあ、何を言っているんですかねぇ?
こちらでも赤旗を扱き下ろしたが、自分たちが戦った選挙の内容の総括すらできんのかね、この政党は。「確かな野党」は何処行ったんだって話。



それどころか、選挙について文句を言い始めた。
 このなかで志位氏は、総選挙で与党が3分の2超の議席を占めたことにふれ、「国民多数の支持を得たと思ったら大間違いです。確かに議席では、自公が多数を占めたわけでありますが、それには三つの仕掛けがあった」として3点を指摘しました。
 一つは、小選挙区制です。自民党が比例代表で得た得票率は33%、(有権者全体に占める)絶対得票率は17%です。ところが、全体の議席では61%を占めました。「これは大政党有利に民意をゆがめる小選挙区制がつくった虚構の多数だということを、言わなければなりません」と志位氏。
 二つ目は、野党の中に分断と逆流がおこったことです。志位氏は「希望の党が登場し、野党の分断がはかられた結果が、自公の多数を許す結果になった。自分たちが強いから多数になったわけでは決してないということを、私は安倍さん(首相)にはっきり言いたい」と強調しました。
 三つ目は、安倍首相は今度の選挙で徹底して争点を隠したことです。安倍首相は「森友・加計疑惑」について一言も街頭演説で言いませんでした。


こういうのは、選挙の前に言えよ。

選挙に負けてから「あの選挙はおかしい」ってそういうのは負け犬の遠吠えって言うんだぜ。
確かに小選挙区制には問題が沢山あるし、比例代表制についても比例復活とか意味不明な制度がある。小選挙区制の一番の問題は「死票が多い」ってことだな。何しろ、1つの選挙区に候補が3人立ったとして、当選した1人の得票率が3割だったとして、残りの7割は死票になる。ソレは民意を反映しているのか?という問題は出てくる。それは当然の疑問だ。
しかし一方で、昔やっていた中選挙区制のように、1つの選挙区で複数の候補者が当選するシステムを採用すると、死票は減るかも知れないけれど、選挙費用は沢山かかるという事態になる。

「虚構の数字」というのは勝手だが、誰も聞かないぜ、そんな話。ソレは国会で議論しろよ。
この論調は、朝日新聞、毎日新聞に、テレビのニュース、ワイドショーなどで全く同じ事をやっているけれど、全く聞くに値しない話である。


次、野党分断、等と言っているけれど、おまえ達が勝手に分かれたんだろうさ。
既に言及したが、民進党はあのままでは選挙に勝てない。もはやどうしようも無い状況に陥っていたのは、誰の目にも明らかである。それで、選挙が始まるという話が出たら勝手に割れちゃった。ソレが事実だろうに。
誰が分断したんだという話。
「自分たちが強いから多数になったわけでは決してない」と言っているが、逆に言えば、野党が弱いから与党が多数になったんだって。その通りだよっ!


最後、モリカケだけど、1年間騒いだ上で、結論出たじゃん。未だやる気なのか?それ



えーっと、3つの仕掛けって結局何よ。
新聞赤旗作っている人達って、かなり頭が良いという風に聞いたし、過去には感心するような分析を載せた記事を出していた時代もあったけど、酷いねぇこれ。
『森友・加計疑惑』を隠し、改憲の野望を隠して得た議席だということを私は言いたいし、この議席をもって『もうみそぎはすんだ。改憲を進める』。こんなことは絶対に許してはならないと私は言いたい」と訴えました。

今回の選挙は、安倍政権を信任するか否か、という選挙だったわけでしょう?
その結果が、与党で衆議院の議席2/3以上を確保だったんだから、これ以上分かりやすい話は無いんだよ。
野党は戦略的にも主張敵にも敗れた。
そして、安倍政権は信任された。

その内容が気に入ろうがそうで無かろうが、それを受け入れて次の対策を考えるのが議員のやるべき話なんじゃないの?



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 酷いですね。
    赤旗だけでなく、メディア一丸となって泣き喚いてますよ。
    やれ直前の世論調査で示された民意とズレがあるとか、希望・立憲・共産・自由・社民・無所属を合わせれば自公を圧倒した!とか。
    言ってること無茶苦茶ですわ。
    ドーナッツの穴にアンコが詰まってたらアンマンに勝っていた!
    って言ってるのと同じです。
    ドーナッツの穴にアンコなんて詰められない。そもそも存在しえないものをあるかのように主張するのは妄言と言うのですよ。
    小池に騙されて希望に入れた保守層が共産や某革マルフルアーマーと一緒の候補者に票を入れる訳がないです。
    そんな恥も外聞もなく偏向するメディアなんか地上波から退場するべきなんですよ。

    返信削除
    返信
    1. 赤旗と主要メディアが同じ論調というのが又キモチワルイですよね。
      どうなっているのだか。

      アレで、話を鵜呑みにする人も多分いるんでしょうけど、そうした層は多くないと、そう信じたいところです。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。