カナダでも加速する反日活動

カナダも移民大国だから、支那人が多数住んでいる。

中国系住民に乗っ取られたバンクーバー、愛国を唱えつつも移民を願う中国人

2017年11月12日 15時12分
 愛国を唱える中国人がいる一方で、成功を収めて経済的に豊かになった中国人のなかには、より良い生活や教育を求めて海外に移民する人も少なからず存在する。こうした行動は矛盾しているように見えるものの、移民を熱望する中国人が多いのは事実であり、カナダは中国人にとって人気の移民先だ。中国メディアの今日頭条は7日、「カナダのバンクーバーはすでに華僑や華人に占領された」とする記事を掲載した。
~~略~~
カナダから中国に一時帰国した移民たちはしばしば「バンクーバーはすでに華人や華僑、中国人に占領された」と口にするようだが、実際にバンクーバーの人口230万人のうち、中国系の住民はおよそ41万人ほどに達しているようで、その数はさらに増加し続けているという。
カナダ、バンクーバーでは、既に18%程度の人口が支那系であるという。

「南京」の嘘、カナダで拡散 慰安婦像の増殖が止まらない 女性議員、大虐殺信じ「ネバー・アゲイン」

2017.12.12 05:00
 「80年前、旧日本軍はおよそ2万~8万人の中国人女性や少女をレイプし、30万人余りが殺害された。当時南京にいた欧米人の目撃者はこの世の地獄のような虐殺だったと証言している」
 11月30日のカナダ連邦議会下院。西部ブリティッシュコロンビア州選出で香港出身の女性議員、ジェニー・クワンの熱のこもった発言に議場から拍手が起きた。
で、彼らが何をやっているかというと、反日ロビー活動である。
ジェニー・クワンなる香港出身の女性議員が、こんな嘘をカナダの議会でばらまくのが、今の世の中のである。

旧日本軍が「2万~8万人の支那人女性をレイプ」という聞いたことも無い話が出てくるわ、「南京では30万人も虐殺した」とか、根拠の無い嘘をばらまく。
 「南京大虐殺の後、旧日本軍の軍性奴隷システムは急速に拡大した。韓国、フィリピン、中国、ビルマ、インドネシアやその他、日本の占領地域から20万人ほどの女性がだまされたり、誘拐されたりして、売春施設で強制的に『慰安婦』として、旧日本軍兵士のために働かされた」
 クワンは国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に「南京大虐殺文書」が登録されたことも紹介したうえで、ある団体に言及し発言を締めくくった。
 「カナダALPHAの献身に感謝したい」
こんな嘘を誰が信じるのか、という話ではあるが、しかし、こういう嘘をカナダの連邦下院議会など、それなりに影響力を持つ組織を含めてばらまかれている現状が放置されていること自体が問題なのである。
こんな話も最近出たね。

支那の共産党が如何に組織的に反日ロビー活動を展開しているか、という話なのである。

反日マップ

もちろん、アメリカ、カナダだけの話だけでは無い。

フィリピン政府機関、首都マニラに慰安婦像を初設置 日本大使館が抗議

2017.12.11 20:55
【シンガポール=吉村英輝】日本軍占領下(1942~45年)の慰安婦を象徴するフィリピン人女性の像が、首都マニラに設置されたことが11日までに分かった。政府機関「フィリピン国家歴史委員会」が、現地の民間団体などの支援を得て建てたという。フィリピン国内に慰安婦像が建てられたのは初めてとみられる。在フィリピン日本大使館はフィリピン政府へ抗議した。
フィリピンの首都マニラに、変な像が設置されたらしい。
フィリピンには多数の華僑が住んでいるので、やはり、そうした活動によるもののようだ。
8日は1941年の日本軍のフィリピン侵攻開始日で、式典ではエストラーダ市長の代理人が、「私たちは慰安婦の苦境を忘れない」との声明を読んだという。
マニラの現市長であるエストラーダ氏は、「慰安婦の苦境」などと口にしているが、それは一体どんなものなのか教えて欲しいものである。ちなみにこの人、支那の軍事パレードに参加している。

フィリピンのエストラーダ元大統領、中国軍事パレードにマニラ市長として出席へ―中国紙

配信日時:2015年9月2日(水) 13時40分
2015年9月1日、AFP通信によると、フィリピンの元大統領で現マニラ市長のジョセフ・エストラーダ氏が、9月3日に中国・北京で行われる「抗日戦争勝利記念行事」の軍事パレードに出席する。環球時報が伝えた。
エストラーダ氏の広報担当者は8月31日、「招待に応じて出席する。マニラと北京は姉妹都市であり、市長の身分で中国へ向かう」と述べた。
これがフィリピンの元大統領というから、何処かの鳩が思い出されるな。なお、彼がフィリピンの第13代大統領の時代には、色々と「特定の富裕層向けの優遇政策」を打ち出していたらしい。が、不正蓄財で弾劾を受けて失職。その後、逮捕されたという強者である。

「特定の富裕層」がいかなるものかは、ちょっと調べられなかったのだけれど、推して知るべしという感じではあるな。



そんな訳なのだが、カナダでは特に力を入れて反日が進んでいるという話。

そうそう、カナダと言えば、一部で「カナダの鳩山」の異名をとるイケメン首相だが、これもなかなかの人物な模様。

性的少数者への抑圧 カナダ首相公式謝罪 「われわれがしたこと恥じ入る」

2017年11月30日 朝刊
 【ニューヨーク=共同】カナダのトルドー首相は28日、下院で演説し、性的指向を理由に公職を追放されるなど、かつて性的少数者(LGBTなど)に対し「国家による組織的な抑圧と排斥」があったと認め、公式に謝罪した。
LGBTに対して、カナダがどんなことをしたかは知らないが、日系人がカナダに居住している際に、かなり悲惨な差別を受けたという話は聞く。LGBTに謝罪するのであれば、その前にやることがあるだろうに。
トルドー首相が国を代表して謝罪するのは、これが初めてではない。24日には、第2次世界大戦後にニューファンランドとラブラドール地方の学校で数千人の先住民の生徒が虐待されていた問題で、被害者に謝罪した。
2016年には、1914年の「駒形丸事件」について謝罪している。この事件では、当時英領だったインドから同じ英領のカナダ移住を目指した数百人のヒンズー教徒、シーク教徒、イスラム教徒が、日本船「こまがた丸」でカナダ西部に到着したものの、ほとんどは上陸を認められず追い返された。
http://www.bbc.com/japanese/42163713
あ、謝ってた。……手当たり次第かよ。
この人、ハト呼ばわりされる理由は、思いつきを手当たり次第、相談無しに口にするタイプらしい。とはいえ、思いっきりの良い政治手法が悪いことばかりでは無いだろう。この人の話題は「イケメン」という話しか出てこないので、実際の政治手腕はハッキリとはしないのだけれど、支那系の資金パーティーに参加したという話もあり、要注意であろう。


そう言えば、カナダだったっけ、つい先日、韓国とのスワップ協定を結んだのは。
まあ、カナダがどんな道を進む気かは知らないが、日本としては嘘を広められるのは我慢ならない。

そうそう、カナダALPHAだが、正式には第二次世界大戦アジア史保存カナダ連合という名称なんだそうだ。

これらに対する日本政府の対応は鈍い。
金が無限にある訳でも無いし、直近の話題である半島危機に対応しなければならない事を考えると、時間が割けないのは事実で、優先順位は高くないのかも知れない。が、放置すれば最低な結果を招きかねない。

追記 (2017/12/13)
唐突な訃報が。

サンフランシスコ市長が急死 中国系、弁護士出身のリー氏

12/12(火) 22:53配信
 【ロサンゼルス=住井亨介】サンフランシスコ市のエドウィン・M・リー市長が12日未明(日本時間同日夜)、市内の病院で亡くなった。65歳。地元メディアが伝えた。心臓発作による急死とされ、12日は市役所で会合に臨む予定だったという。
なんというか、お悔やみ申し上げます。

……Kの法則ってヤツですかね。しかし、心臓発作ってことになっているけれど、本当なんだろうか?
これで、後釜がまともな人であってくれれば良いのだが、大抵はそんなことになら無いのだろうね。多分、支那が莫大な資金力を活かして、更に酷いことになる予感。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. そういえば、例のサンフランシスコの市長が急死した旨の記事が出てますね。何があったんでしょう?

    返信削除
    返信
    1. 新聞記事では、心臓発作という風に伝えられていますね。
      「何かあったのか?」と疑ってしまうようなタイミングでしたが、偶然の可能性が高そうです。

      良く言われる、アノ国の法則、はありそうですけど。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。