【母船を撃沈せよ】北朝鮮の木造船はどうやって日本海を渡るのか?

「ああ、なるほど」と思った人は多いと思う。

漂着相次ぐ木造漁船に「母船」の存在

12月18日 23時08分
朝鮮半島から来たと見られる木造船の漂着が相次ぐ中、日本海で操業する北朝鮮の漁船の中には、日本への漂着が相次いでいる小型の木造漁船のほかに、大型船の存在が確認されています。
北朝鮮から相次いで漂着する木造船。

木造船
こんな木造船で、日本海を?と、言う意見が相次いで出ていたが、10人程度が乗れるような大きさの木造船で、たいした防風・防寒もない。エンジンもまともなものを積んでいるのかが怪しいものである。

船のエンジンではない? 違法操業が可能なワケ

12/19 19:21
日本に相次いで漂着している木造船。実は、そのエンジンに、日本の技術が使われている可能性があります。
どうやら船専用のエンジンを使ってはいないようで、エンジンの形状から、日本の農機具に使われるディーゼルエンジンなどが用いられている疑いもあるという報道もあった。

もちろん、日本の船外機が盗難されたというニュースもあったので、そういった盗品を使っている可能性も高い。

北朝鮮の船?着岸の島、漁業者の小屋の家電が無くなる

2017年12月4日20時15分
北朝鮮から来たとみられる木造船が着岸した北海道松前町沖の松前小島で、漁業者の小屋に置かれていたテレビや冷蔵庫などが無くなっていたことが、関係者への取材で分かった。船内からはテレビなど複数の家電製品が見つかっており、北海道警などが関連を慎重に調べている。
~~略~~
島内からは船外機もなくなっていた。


だが、アノ程度の小型船で本当に漁業ができるのか?という点については疑いがもたれており、冒頭のニュースにあるように大型の母船がある可能性が高く、実際にそれらしき状況が目撃されているという。

イメージ

船を繋ぐって……。

ともあれ、これで貧弱な動力でも木造船が日本にたどり着ける理由はあらかた分かった。




しかし、この様な話を聞くと、難破船に乗っているのが漁業関係者であるかどうかはあらためて疑わしく感じる。
海上保安庁などによりますと、大型船はことしも大和堆の付近で複数の大型船が確認されていて、全長は30メートルから40メートルほどと木造漁船の3倍以上の大きさだということです。大型船の側面に木造漁船が横付けされているのが確認され、当時、この海域にいた日本の漁業者は、木造漁船から大型船に何らかのものが運び込まれている様子を目撃したということです。
大型船の詳しい役割はわかっていませんが、海上保安庁関係者は、大型船が魚を集める拠点となり、木造漁船が漁を続ける態勢をとっている可能性もあるとしています。
また、ロープでつながれた複数の北朝鮮の木造漁船が大型船に引っ張られるような様子も確認されているということで、燃料を節約する目的もあると見られています。
NHKの報道では、他国の排他的経済水域で操業することに対する問題点は指摘されていない。それどころか、こんな事が書かれている。
「排他的経済水域」は、水産資源や海底資源の権利の状況を明確にするために沿岸国が国連海洋法条約に基づいて設定するもので、沿岸からおよそ370キロまでが範囲となります。ただし、日本と北朝鮮の間で排他的経済水域を設定する場合、重なり合う部分が生じるため、日本側は法律に基づいて両国間の中間線を境界としています。
しかし、北朝鮮は国連海洋法条約を批准していないことなどから、排他的経済水域の考え方を受け入れていない可能性があり、今後も北朝鮮の漁船が日本の排他的経済水域で操業を続けることが懸念されます。
なにかこう、北朝鮮側が国際海洋法条約を批准していないので、操業しても良いのだという風にとられかねない記述だが、日本の法律に照らせば違法であることは間違いが無い。

ただ、問題はそれを取り締まることができるか否か?という点で、国際的にもこの辺りの判断は各国の調整に任せている部分がある。よって、海上保安庁は放水して追い出すくらいしかできない。


日本の漁業関係者が迷惑を被っている、場合によっては物を投げられるような攻撃をうける状況にあるので、日本人の生命と財産を守る為にももうちょっと踏み込んだ対応をすべきなのである。

どこぞの大臣のように外国の船を爆破するようなパフォーマンスでも良い。とにかく、拿捕し、破壊する方向で対応しないことには、もはやこれにブレーキをかけることは難しい。

そして、これらの木造船や母船に乗っているのが北朝鮮の人民軍の軍人で、或いは工作員である可能性もあるのである。
そうやって考えると、これはもはや海上保安庁の出番なのか?という気がしてならない。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ










コメント

  1. 南西諸島沖で自沈した工作船のような母船に繋いで活動してるんですね(あの船にはウェルドックもありましたし納得です)
    停船勧告を行った後従わなければ撃沈で構わない気がするのですが(自動小銃などを持っている者が漁民であるはずありませんし)

    返信削除
    返信
    1. それができれば苦労しないんですが、停船勧告すらできていない状況だと思いますよ。
      取り敢えずは「退去せよ」で、次に放水。

      居座った場合のみ拿捕という流れになるのでしょうが、それは嬉しくないんでしょうね、海上保安庁としては。

      しかし、本来であれば、拿捕して船は沈める方が良いんですけど。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。