北朝鮮の日本侵略が始まっていた?荒らされた無人島

人的被害はなかったものの、由々しき自体である。

北朝鮮船に「第854部隊」 島は荒らされ放題 「金目のもの全部ない!」 管理人 怒りであ然 北海道

12/4(月) 19:05配信
 北朝鮮の木造船が漂着した北海道松前町沖の無人島から12月4日、家電製品のほか、灯台のソーラーパネルが、現場から無くなっていたことが分かりました。
 警察などが島に入り、関連を調べています。
支那もそうだが、北朝鮮人民軍も、多分、自給自足部隊がある。現地で物資を略奪して、戦闘継続することができる部隊、そういう考えもあるのだろう。

楽器から遊覧船まで…北朝鮮軍は万能工場

Posted March. 26, 2013 03:02,  
Updated January. 01, 1970 09:00
北朝鮮軍が楽器から遊覧船にいたるまで各種品物を直接製造して自給していることが明らかになった。北朝鮮労働党機関紙の労働新聞は25日付で、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が人民軍が建造している「食堂船」の大同江(テドンガン)号を視察し、「現代的な食堂船で平壌(ピョンヤン)がさらに美しくなるだろう」と話したと報じた。
同紙によると、排水量820トンの大同江号は食堂と宴会場を備えた2階建てで最大で300人まで乗れる。また金正恩は、アコーデオンとピアノをはじめ、チャンゴ(杖鼓)など軍部隊が作る楽器も視察したと、同紙は伝えた。


実際に、人民軍が工場を経営していて、自前で様々なものが生産可能であると伝えられている。それに、北朝鮮の労働人口の多くを軍隊にとられていて、長い兵役期間があるのだから、それなりの生産力が無ければ成り立たない。
120万人の兵力を誇る北朝鮮人民軍を支える人民は、その総数2400万人。つまり、国民の5%は軍役に就いている。この他に予備役と呼ばれる兵士に準ずる人々が470万人。労農赤衛隊350万人、保安部隊が19万人と、驚くべき人数が軍事に従事している。北朝鮮の男子はほぼ軍役に就いていると言っても過言ではないと言える。
もちろん、大半は訓練が行き届いた兵士では無いのだろうが、一度声がかかれば軍人として働く人々であると言うのも又事実である。

そんな訳なので、こうした事態はそれ程おかしな話では無い。
漂着した木造船の正面に張り付けられた白いプレート。
 最上段と2段目には数字が並び、その一番下の段のハングルは…。
 「朝鮮人民軍第854部隊」と記されています。
 海上保安庁などの調べに対し、「北朝鮮から来た。漁をしていて、舵が壊れて、漂流していた」などと話していた乗組員ですが、謎が深まっています。
そこに謎など無いのである。
単に、日本に漂流してきたのが人民軍の一員だったということが裏付けられた、それだけである。



ただ、深刻な事態は、北朝鮮の人民軍が漂流してきたということそのものでは無い。
 松前小島の管理人 吉田修策さん:「ぐちゃぐちゃもいいところだ!ほとんど全部、ちょうつがい以外、金目のものは全部ない」
 小屋の中にあったはずの家電製品をはじめ、漁の道具などがなくなっていました。さらに室内では、生活の跡も…。
 松前小島の管理人 吉田修策さん:「食べ残しのホッケをとった跡がある。10日以上はゆうに泊まっている」
松前小島などを拠点として活動した跡があるという事実だ。

漂着船

こんな船で日本海を渡ってくるとは信じがたいが、11月だけで27件の漂着案件があった。明らかになっていない事実もあるだろうから、この十倍以上の数の船が出て、多数の人民軍が日本近海に押しよせてきたことを意味する。

先日はこんな記事を書いたが、危惧ではなく現実のものとして受け入れなければならない事態になってきていると見て良いだろう。
見逃してはならないのは、過去にも多数の事案があり、こうした事態は恒常化しているということだ。

そもそも、大和碓そのものが日本のEEZ内にあって、北朝鮮の漁業権を認めてはいない。そこを許しているからこんな騒ぎになるのである。

更に言えば、日本海側の都市には、既に北朝鮮人民軍の兵士があちらこちらに潜んでいる可能性がある。
日本政府はもっと真面目に考えるべきだ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント