特亜が仕掛ける日本買収

この問題はなかなか深刻な話のようだ。

中韓の「日本買収」が止まらない これは武器を持たない戦争

1/9(火) 7:00配信
 今、「外国人による土地買収」という“日本領土侵食”が大規模に進行している。その主役は中国と韓国だ。外国人の土地買収自体は合法だが、自衛隊施設や在日米軍基地に隣接する土地が買収されるケースも多い。
 この問題に詳しい産経新聞編集委員の宮本雅史氏は、「世界の多くの国では、外国人による土地所有を基本的に『不可』とするほか、認める場合も地区を限定するなど厳しく制限している。それなのに、日本は野放し状態で、一度買われた土地を買い戻すのは困難だ」と警鐘を鳴らす。

土地の売買については、過去にもこのブログで取り扱った事があるが、かなり深刻な問題になっているようだ。
幾つか出ている話は、北海道の水資源を中心とした土地、リゾート地が支那人に買いあさられているという話。対馬が韓国人に買いあさられているという話。その対馬の土地を今度は支那人が買いあさり始めたという話。
リンクの一番最後のヤツは、済州島が支那人に買いあさられているという話ではあるが、何れも日本の国防に関しては非常に深刻な問題だ。

政府の対応も遅く、この話について対策が本格化したのは2016年になってから。

外資の土地買収実態、政府が調査に着手へ 維新は安保上重要な土地取引規制する新法検討 今国会提出へ

2016.10.7 05:00
 政府は6日、外国人や外国資本により森林や水源地の買収が進められている問題について、対応策の検討に向けて調査に着手した。水源地を含む安全保障上で重要な土地の取引をめぐり、日本維新の会が売買を規制できるようにする法案を検討していることもわかった。今国会中の提出を目指している。

「国境離島」安全保障に懸念 政府、私有地対策議論へ

2017/11/26
 政府は、日本の領海や排他的経済水域(EEZ)の基点となる国境に近い離島にある所有者不明の土地や外国人名義の土地について、放置すれば安全保障上の懸念になりかねないとして対策の検討に入った。
残念ながら、核心的な法案提出は今年の国会からと言う話になりそうである。
しかし、この浸食スピードはかなり速く、法律が間に合うのか、という点においては心配だ。

plt1605110003-p3

これは産経新聞の2016年の記事だが、なかなか恐ろしい。

日本が20年足らずで消滅? 空自基地周辺にも中国の影 ゴーストタウン化した中国人向け別荘地も

2016.5.15 21:00
 北海道の新千歳空港から車で約15分。千歳市郊外の高台に整備されたニュータウンの一角に高級住宅が立ち並ぶ。障害物はなく、東方に新千歳空港と航空自衛隊千歳基地が一望できる。
北海道や沖縄は、経済的にハンデを背負う土地であるので、過疎化と共に経済的にも困窮する方向に向かっている。
政府も、内閣特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)なる役職を用意しているが、現内閣では江崎鉄磨氏がそれを担当している。だが、この江崎氏、消費者及び食品安全、海洋政策、領土問題なども担当しており、ハッキリ言って手が回っていない。というか、この人、目立った仕事をしている印象が皆無である。
二階グループの人材(なお、二階グループは消滅したので、現状は二階氏の側近という立ち位置)として期待されているようだが、仕事しろよ!


で、冒頭の記事にもあるが、北海道の現状は惨憺たるものだ。
【北海道】 
中国をはじめとする外国資本による広大な森林、農地、ゴルフ場などの不動産買収が進み、その規模は森林だけで東京ドーム515個分の2411haに及ぶ(北海道庁調べ)。このままでは北海道全域が「虫食い状態」になる恐れがある。
原野商法で欺されて買ったのだということを言う人もいるのだが、支那人に買われたという事実そのものが問題である。

外国人に土地が買われたとしても、その土地に帰化した外国人が住むのであればともかく、外国人のまま所有するという事態は避けるべきだ。特に所有者がハッキリしないような状況は非常にマズい。

中国人が日本領土爆買い「北海道は中国32番目の省になる」

2017.11.16 07:00
 いま北海道では、ゴルフ場や広大な農地、自衛隊基地近くの森林などが中国系資本により次々と買収されている。現地を取材した産経新聞編集委員の宮本雅史氏が報告する。
このレポートでは、「星野リゾートトマム」の話も言及されているが、個人的に宿泊した際にはそこまで支那人が多いとは思わなかった。が、スムーズに支那資本に買収されたという訳でも無い。
こちらのpdf資料には、8回の調停を経て、ようやく代金支払いの目処が付いたという話が出ているが、買収の話は2015年にでたにもかかわらず、去年1月の時点でも支払いは完了しておらず、裁判所に持ち込まれる次第であった。
これ、こちらの記事を見て頂ければ、何が起こったかが分かる。
「村長のコメント」を見ると、何とか金額は支払われる流れのようだが、しかし、当初の予定から随分とプライスダウンしている様な気も……。しっかり比べる資料が無いので何とも言えないが。

また北海道の話だけでは無く、新潟の支那総領事館の移転に関する問題も相当に深刻である。
■「治外法権」恒久化の恐れ
 在新潟中国総領事館が移転用地として2012年に取得に動いた新潟市内の土地は約1万5000平方メートル。2017年末現在、移転は行われず土地は野ざらしのままだ。
支那人の拠点になりかねないし、現在、野ざらしのままであるとは言え、有効活用すらできない状況というのは宜しくない。

新潟、中国が総領事館移転へ土地取得 環日本海の交流深化期待

2012/3/2付
中国が総領事館の移転へ向け、土地を取得する契約を結んでいたことが明らかになった。総領事館が移転・拡張すれば新潟と中国の交流が一層深まるという期待がある半面、移転に反対する住民運動などの動向によっては曲折も予想される。市民の理解を得られるかどうかが移転実現のカギとなる。
~~略~~
 関係者によると、中国が取得契約を結んだ土地は県庁の南西約500メートルにある空き地で、面積は1万4900平方メートル。以前は駐車場だったが、現在は四方が柵で囲われている。現在の領事館は中央区西大畑町の住宅街にある賃貸ビルに入居している。

日経新聞はその当時こんな楽観的な記事を書いているが、日本が支那に土地を購入することができないことを考えても、安易にこの様な売買契約を成立させてしまうのは問題である。事実、朝鮮総連などはスパイの巣窟だと言われていて、深刻な問題になっている。


そして、対馬の問題だ。
【対馬】 
 朝鮮半島情勢が緊迫化する中、国境の島「対馬」では韓国人観光客がさらに増え、不動産などの買収にも拍車がかかる。有事の際に避難民が押し寄せる懸念もあり、地元島民からは「もはや韓国領」との声すら挙がる。
■旧日本軍の軍港周辺を買い占め
 かつて海軍の施設が置かれ、自衛隊の対馬防備隊本部のある竹敷地区周辺を韓国資本が買収し、ホテルやロッジ、民宿など数十軒を営業中。
■「対馬はもともと韓国領」?
 2012年には15万人だった韓国人客が2017年には30万人(人口の10倍)まで急増。現地韓国人ガイドは「対馬はもともと韓国領」と偽りの説明をしている。
■中国人もやって来る
 対馬の表玄関・厳原港では大規模な改修工事が進む。将来は大型客船の停泊も見込んでおり、一度に数千人単位の中国人客が大挙する可能性も。


産経新聞の記事は大げさな部分もあるが、国防におけるリスクはそこかしこにあると言う話は「おおげさ」などではない。

そもそも、国防上重要な拠点は、日本人であっても簡単に購入できるような仕組みではマズいのだと思う。国としては国有地をホイホイと増やしたくないのかも知れないが、国益を考えればある程度の広さの土地を、重要拠点に確保するくらいに事をやっても良いと思うのだ。
その辺りを含めて法整備を急いでほしいものである。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. ヤバいんすよ、この問題。
    趣旨と離れるかも知れませんが、日本の水源地をシナが買い漁るてるんです。
    今までタンカーで原油を運ぶのにコスト高なんで、「水」は問題外とそれてきました。
    でも5年以上前に長大なホースに水を詰めて、それを巨大な袋で運ぶ実験が成功してるすね。
    日本の水資源を狙ってます。
    んで、敵はシナだけでなく、実はテームズウォーター社とか、
    西側のウォーターバロンも参加していて、テームズウォーター社とかは堂々と大手町にオフィスを構えてます。
    彼らもシナと一緒に、破綻した自治体の水道施設を買い漁ってるのです!
    この問題、木霊様にはクローズアップして欲しい!
    山河と水の豊かな日本がシナや毛唐に水をうばわれようとしてるんです!

    返信削除
  2. 木霊様は私が信頼する冷静なウウオッチャーで、信用できるブログ主です!
    それは、はっきり申しておくます。でも、農林水産業に冷たくないか?
    EUとの車産業の取引で、日本の乳製品を蔑視する話で、
    十勝平野だけで300万人を100%
    養える北海道の農家(肥料の事から大半は畜産と兼業してる)
    を車とか工業製品ばかり重視していけば、日本の食糧自給率は
    20%を切ると提案しました。
    木霊様は、検討するとおっしゃったのに、未だに記事はアップされません!
    いつも工業ばかり!
    人は水を飲まねば3日で死ぬ!
    ガソリンを飲めんし、タイヤを食って生きられない!
    食い物と水は「軍事」の範疇ですよ!
    俺は自衛隊で選抜射手でした。
    食糧、燃料、医療品、弾薬が無ければ戦えないの知ってる!
    兵士はロボットじゃねーの!
    市民はなおさらだ!
    水源地に話を触れてるのに、
    飲料水どころか農業用水も
    シナや毛唐に奪われかね!
    もっと突っ込んで下さいよ!
    木霊さんをリスペクトしてんだから!
    そこらの上部だけ愛国なブロガーとは違う方なのだから!
    水は飲めねば死ぬ!
    農業も半導体も水が必要!
    解って下さいよ!
    他ならぬ木霊様なのだから!

    返信削除
    返信
    1. えー、ご指摘の話はなかなかに記事にしにくい点がありまして後手になっておりました。
      次の記事でその一端を取りあげましたが、問題を解きほぐすには色々な問題が絡んでいますので、また別の角度で言及していきたいと思いますので、ここは一つ気長にお願いいたします。

      削除
    2. 木霊様。
      とんでもない、逆に勉強させて頂く事があり、懇願した者の無知で、お恥ずかしい限りです。
      よく、カキコミの浴室に、あれだけ広範囲に、しかも脅威性を表現していただけたと、
      脱帽であります。
      木霊様は引退したら作家になられると良いですよ。
      ありがとうございます。今後も応援します。申し遅れましたが。本件も宜しくお願い致します。

      削除
    3. 本年もよろしくお願いします。

      問題提起頂けるのは歓迎します。
      こちらこそ、視野を広げて頂けたことで、色々調べることができました。早くに記事にできた理由は、ある程度書いてあったから、ということもありまして。
      ただ、調査不足でオミットした部分も結構あるので、そのうちに記事にさせて頂きたいと思います。

      削除
  3. メディアによって仕掛けられた「韓流ブーム」や一時期連日のようにメディアに好意的に報道されていた「爆買い」も彼らへの警戒心をなくすための宣撫工作だったと考えると納得ですね(土地まで爆買いされちゃたまったもんじゃないですが)

    返信削除
    返信
    1. 何というか、何でも買って貰えばいい、という話じゃ無いんですよね。

      そこいらを含めて、もう少し積極的にこの関連テーマに突っ込んで行ければ良いな、と、思っています。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。