韓国企業が建設した「インドネシア証券取引所」の天井崩落

うんまあ、良くある良くある。
折角紹介頂いた記事なので、本日の記事にさせて頂いた。

インドネシア証券取引所で天井崩落 77人けが

2018/1/15 15:26
【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシアの首都ジャカルタ中心部の「インドネシア証券取引所ビル」で15日正午ごろ(日本時間午後2時ごろ)、出入り口付近の天井が崩落し、警察当局によると、77人がけがで病院に運ばれた。死者は確認されていない。証券取引所は午後の取引を通常通り行った。警察のこれまでの調べではテロの可能性は低いという。
天井が崩れるってどんな感じなのか。
朝日新聞社の記事に紹介されていた映像はかなり衝撃的である。
いやはや。
一応、崩落現場の写真も紹介しておくが、動画の方が説得力がある。

崩落現場崩落現場その2

映像を見ると分かるが、中2階の廊下状になっているところ。多数の人間が乗っている状態で急に崩れ落ちている様子が分かる。
そして、衝撃的なのは写真を見て貰うと分かるのだが、破断面に鉄骨どころか鉄筋すら見当たらないことである。等間隔で垂れ下がっているのは、鉄骨ではなくケーブルっぽい。いや、よく見ると上の写真には落下した複数の鉄骨が見える。鉄骨の端部にはボルトで固定されていたであろうことが想定されるわけだが……、弱くないかい?

そして、ボルト固定をする相手は鉄骨であるはずなのに、その相手の鉄骨は破断面にどこにも見当たらない。後付けで廊下を継ぎ足したんだろうなとは思う訳だが、しかし、当初の設計になかったのか、或いは別の理由なのか、どう考えても必要な重量を受け止められていたとは思えない。

映像を見ると、見学者なのか、多数の人が一斉に廊下に人が出てくる様子が分かる。その後、突如として廊下が落ちる。重量に耐えられなかったと見るのが正しいと思うが、そりゃ、こんな構造では仕方が無いかも知れない。

誰だよ、こんな設計したヤツは!!!


犯人捜しをする前に、じゃかるた新聞の記事を紹介しておく。

バルコニーが崩落 証券取引所 ロビー騒然、77人負傷 (2018年01月16日)

15日午後0時10分、南ジャカルタ・スディルマン通り沿いにある証券取引所(IDX)ビルのタワー2で、1階ロビーの吹き抜けにある中2階のバルコニーが崩落し、会社員や同ビルの見学に訪れていた大学生ら77人が重軽傷を負った。
~~略~~
 証券取引所ビルのタワー2は1998年に完成。タワー2では2000年9月、地下3階で爆弾テロがあり、10人が死亡した。現在は世界銀行や国際金融センター(IFC)などが入居している。17年5月に建物全体の点検が実施され、安全性に問題はないと報告されていたという。
ふむ、1998年に完成したらしいね。
2017年5月には建物全体の点検も実施されて、「問題なし」と判定されているとか。当然、施工した会社の仕業だろう。

ジャカルタ証券取引所

はい、こんな建物で、建てたのは……。

ジャカルタ証券取引所

位置  Jakarta
竣工日 1997/09
発注先 Artha Graha Group
工事の概要 1棟/ 33階
規模 69,000㎡/ 20,873坪
インドネシアの商業中心地であるスディルマン(SCBD、Sudirman Central Business District)に位置するジャカルタ証券取引所は、双竜建設がインドネシアでグランドハイアットジャカルタホテルをはじめ、タマラ銀行、バリインターコンチネンタルなど、大規模な建築工事を正常に遂行してき名声をもとで受注したプロジェクトである。
はーい、お待ちかね。韓国の双竜建設が作った建物だったんだって!
そういえば、数年前にもホルホルしていたな、別件で。

828メートルの最高層ビル、52度傾いたホテル…施工は韓国が最高

2015年03月11日09時33分
  2013年6月、双竜(サンヨン)建設に国際電話がかかってきた。マレーシアで最先端ホテルを作っていたインドネシアの会社だった。当時は図面上に存在するだけで、1度も建てたことのない建物だった。インドネシアの会社では実際に設計通りに施工が可能なのかの検討が切実だった。双竜建設は同年8月から年末までの検討作業を経て、設計図に合う施工法を考案して出した。するとインドネシア会社は経営再建中だった双竜建設に8100万ドルの工事を快く任せた。
  双竜建設のイ・サンヨプ理事は、「双竜建設は韓国国内よりは海外で難しい建築物をうまく作ることで有名だ」と説明した。双竜建設はシンガポールでも52度傾いたホテルを作り話題となった。世界の有名建設会社が不可能だとあきらめた建物だった。
幸せ回路発動!

現実はしっかり見ようぜ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 「世界の有名建設会社」が造るのを諦めたのは、デザイン通りにハコを作ることは可能だけど耐久性や安全性が担保できないからやらないとかそういう理由がありそうなものですけど(双竜建設的にはハコをデザイン通りに建てられたら成功なんでしょうけど)

    返信削除
    返信
    1. 作った後のことを考えていないってことなんでしょうなぁ。

      そんな建築物が世界にワンサカあるわけですが……、韓国企業は色々関わっているようですね。

      削除
  2. ニュースで流れたときに「韓国じゃあるまいしどこが作った」と思ったら本当に韓国でしたか。
    仮にもH型鋼使っただけましかもしれませんがあり得ないですよねぇ
    デザインの都合で梁を渡せないにしても、躯体にしっかり組みこんだ突き出し梁に波板乗せてからモルタル打つぐらいはするべきなのに、鉄骨末端をボルト止め……しかも鉄骨に薄い鉄板溶接してそこにボルトっぽく見えますね。
    安かろう悪かろうの典型ですね。
    まぁ、死者が出なかったのが不幸中の幸いでした。

    返信削除
    返信
    1. 何処かのブログから先に情報を得ていましたので、韓国が関わっていたことはニュース記事を探す前に分かっていたのですが、写真や動画を見てびっくりですよ。

      僕は業種が違うので建築関連の「常識」というヤツを知らないわけですが、構造物としてはお粗末なやり方ですよね。
      この事件、もう少し深掘りしてくれるところがあれば追いかけるのですが、これで終わりなんでしょうなぁ。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。