【ずっと俺のターン】 支那国家主席の任期撤廃へ

やるやると言われてはいたのだけれど、ついに実現するのか。

国家主席の任期撤廃へ=習氏長期政権に布石-中国憲法改正案

2018/02/25-21:18
 【北京時事】新華社電によると、中国共産党中央委員会は25日、憲法が規定する2期10年の国家主席と副主席の任期を撤廃することなどを求める憲法改正に関する提案を発表した。2013年に就任した習近平国家主席(党総書記、64)が23年以降も主席にとどまり、長期政権を可能にする狙いがあるとみられる。
習近平氏は皇帝になろうとしているというわけだ。

支那皇帝

このブログでも言及しているが、支那は今まで「集団指導体制」あるいは「トロイカ体制」という方針を貫いていた。
この「集団指導体制」という話、実は民主党政権時代にもそんな単語が出てきて戦慄したのだが、共産主義国家においても独裁というのは非常に危険視される状態である。独裁を防ぐ為に採り入れられるのが集団指導体制であり、これは支那においては文化大革命を反省して、という事であったはずなのだ。

しかし、習近平氏は天安門事件や文化大革命を無かったことにして、自らは支那の皇帝になろうとしているというのが、冒頭に紹介したニュースである。

支那の国家主席の任期は副主席と同様に2期10年と決められている。
ところが、この任期の制限を撤廃してしまおう。そのために憲法改正してしまおうという、そういう話なのだ。パヨクはこの件では「憲法改悪!」と叫ばないのか?
 中国の憲法第79条第3項は、国家主席と副主席の任期について「2期を超えて連続して就任することはできない」と定め、3選を禁じている。党中央委はこれを削除し、「全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の毎期の任期と同一とする」との部分だけ残すよう求め、任期の上限を事実上なくした。
なかなか凄い話ではあるが、それがどういうことになるのか?は、毛沢東の時代を振り返れば明白である。
時事通信の記事にはそんなことは一切触れていないが、「何故、3選を禁止」したのか、ということは非常に重要なのである。支那にとっても、世界にとっても。

習氏、マフィア一掃宣言=「掃黒除悪」、批判弾圧懸念も-中国

2018/01/27-15:40
 【北京時事】中国の習近平国家主席は「黒社会」と呼ばれるマフィアなどの犯罪組織の一掃キャンペーンに乗り出した。習氏は、黒社会の「後ろ盾」となっている地方の共産党幹部も容赦しない方針を表明。汚職を摘発する反腐敗闘争と連動させ、民衆の支持を広げたい考えとみられる。
そして、習近平氏が1月27日にこんな発言をしている。

「虎もハエも叩く」と言われている習近平氏の汚職撲滅運動だが、その実、政敵の駆逐作戦に他ならない。
つまり、相手に罪があろうと無かろうと、汚職があろうと無かろうと、政敵を滅ぼしていくぞと言うのが習近平氏の覚悟なのである。しかし、地方政府には大きな力を行使できない。で、戦区を組み替えた上で、とうとう「マフィアも潰すぞ」と、脅した訳だ、公式にね。
 新たなキャンペーンのキーワードは「掃黒除悪(黒社会の一掃と悪の排除)」。習氏は11日に開かれた党中央規律検査委員会の会議で「掃黒除悪を反腐敗と結び付け、闇の組織だけでなく背後にいる後ろ盾も捕まえないといけない」と檄(げき)を飛ばした。
良い事のように聞こえるが、これ、共産主義国家にとっては非常に恐ろしいことになることを意味する。
実際に、毛沢東の時代には、地方政府をすり潰すようなことをやっているのである。まあ、その凄惨な歴史について言及するつもりは無いが、Wikipediaでもある程度は書かれているのでご覧頂きたい。

そんなわけで、衝撃的な決定をした支那の共産党なのだが、これが世界にどのような影響を与えるかというと、正直図りかねる。
黒社会だけでなく、不正に手を貸す党の末端組織幹部も取り締まると強調した。ポルノ、賭博、薬物、マルチ商法、誘拐に関係する組織が重点的な摘発対象となる。
ただ、あらゆる分野で締め付けをやろう、という支那の姿勢を、好意的に捉える外国がはたしてどの程度あるのか、と。
下手すれば、外資などの支那への流入が更に少なくなり、支那経済も更なる打撃が……。まあ、可能性だけの話なんだけどね。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. ああ、やっぱりやるか?
    次は世襲ですな(笑)
    いっそ習王朝を建てたら?
    議会制民主主義など紀元前から21世紀まで存在した事がないのでせから。相応しい。
    人民中国だと思うから腹が立つのですよ。いっそ「大秦」とか国名も天日さぁ。
    秦なら焚書坑儒もフツーだ(笑)
    思想弾圧しようが少数民族弾圧しようと相応しい。
    冗談はとめこくとして、これから日本では天安門やチベットや新疆を報道できなくなりますね?
    大手は北京支局を封鎖される恐れがあるし、フリーランスのレポーターは、やると入国を拒否されて取材できのくなる!
    アサヒだけになる!
    気をつけて欲しいのは、
    木霊様が取材や観光に行っても、顔認識に記録されてブラックリストされる可能性がある!
    実際は表に出さないが!Webの保守陣営も監視されてる恐れがある!
    サイバー部隊を作れよ今より強大な!!

    返信削除
    返信
    1. 世襲制を選ぶのも時間の問題ではありますが、終身制、皇帝になってしまえば、今以上に権力の移動が無くなるわけですから、後はクーデターしか期待できなくなります。
      何でもありの支那ですが、歴史を逆行するような選択をすることで、更に悲惨な事になるでしょう。まさに習王朝が人民を弾圧するという構図になるワケで。

      ……え?顔認識技術の話ですか?
      そうですねぇ、こんな弱小ブログまで警戒するようになるとは思えないのではありますが、注意するに越したことはありませんね。

      削除
  2. なんと袁世凱政権に関わった政治家や、袁世凱に逆らった政治家、袁世頭(その政権での通貨)
    などなど検索を禁止しているようです。
    自国の近代史すら隠蔽するようです。焚書坑儒するつもりなようです。いよっ!始皇帝!
    次皇帝か。
    すごいですね。どこが社会主義国なんだろ?
    マルクスやレーニンに訊いてみたいな(笑)

    返信削除
    返信
    1. 袁世凱って、何やったんでしたっけ……。
      ああ、初代の中華民国大総統をやったり、皇帝に即位したりしていますね(笑)

      その程度の事すら知られたくないんですかねぇ。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。