北朝鮮、日本政府の圧力強化姿勢を非難

さて、週明け月曜日に何を題材にしようかと悩んだけれど、軽い話題でいこうと思う。

北朝鮮、日本に「圧力継続なら平壌行けず」と警告

3/18(日) 1:34配信
 北朝鮮は、17日、日本政府が圧力強化に固執していると非難し、「永遠に平壌行きの切符を入手できなくなる」と警告しました。
別に、日本政府としては北朝鮮と話をしたいわけじゃ無いんだけどね。拉致被害者を帰せよ、な。話はそこからだ。

そもそも、日本としては北朝鮮に対して強烈な経済制裁を加えた上で、被害者救済を最初にいうべき話。北朝鮮に何か便宜を図ってあげるような筋合いは日本には無いのである。
 北朝鮮の朝鮮中央通信は、17日付けの論評で日本政府が北朝鮮に対する圧力強化に固執していると非難し、「日本が分別を失い引き続き悪ふざけをするなら永遠に平壌行きの切符を求めることができなくなる」と警告しました。北朝鮮情勢をめぐっては、韓国と北朝鮮の首脳会談が来月末に、アメリカと北朝鮮の首脳会談が5月末までに開催される見通しで、日本政府も日朝首脳会談の実現可能性を検討しています。
もちろん、北朝鮮にとっては取り敢えず吠えてみるというスタンスが如実に表れたケースが、このニュースの本質ではあるが、しかしそれと同時に、北朝鮮にとって、今回の国際協調圧力が、[効果が無い」という状況ではない事実を示していると、その様に思われる。

つまり、日本のこの様な高圧的で、対話のために圧力をかける姿は、対北朝鮮外交において十分に効果が出るやり方なのだろう。

文氏に日朝対話への意欲伝える 日韓首脳が電話会談

2018年3月16日 21時41分
 安倍晋三首相は16日午後、韓国の文在寅大統領と電話会談した。北朝鮮による日本人拉致問題の解決へ何が効果的かとの観点から、日朝対話を含めた対応を検討していると伝達した。政府筋が明らかにした。金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談の実現に意欲を示した発言だ。両首脳は北朝鮮の非核化の実現に向けて引き続き最大限の圧力をかけるべきだとの認識で一致。南北、米朝の首脳会談で成果を上げるため、日韓米が緊密に連携する方針も確認した。
北朝鮮が冒頭でいったような反応があったのは、安倍氏がこうした態度を韓国に伝えた事が影響しているのだろう、直接的には。



そもそも北朝鮮にとって、日本は寧ろ交渉相手としては役者不足なのである。

金某

北朝鮮にとって本当に交渉したい相手はアメリカなのだから。

北朝鮮は不意を突かれたか、トランプ大統領の会談即決で

2018年3月19日 7:31 JST
韓国の康京和外相は18日、米朝首脳会談の提案をトランプ米大統領が直ちに受け入れたのは、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長にとって想定外だった可能性が高く、金委員長は公式の反応を示す前に自身の立場を考えざるを得なくなったとの見方を示した。
ところが、アメリカの動きが読みにくい事もあって、割と北朝鮮は対応に困っているという印象である。
日本への対応というのは、こうした話が関連しているのだろうね。一番困るのは、日米同盟が強固であり、同じ方向を向いて行動していることそのものだろうから。





さて、話は変わるがもう1つ気になるニュースがあった。

中国「台湾旅行法」成立で米政府に強く抗議

3月18日 9時11分
アメリカのトランプ大統領が台湾との間でこれまで控えてきた閣僚や高官を含む、あらゆるレベルの往来を促進する法案に署名したことを受けて、中国政府は「断固たる反対を表明する」として、アメリカ政府に対して強く抗議したことを明らかにしました。
以前も取りあげたニュースではあるが、台湾旅行法がアメリカで施行されることが決まった。これ、トランプ氏を始めとしたアメリカ政府の閣僚や高官が台湾との往来が促進することになる。

支那にとってそれが嫌なのは、中華思想の否定に繋がるからである。「中国はいつも1つ!」などという幻想は、支那人の中で完結してくれれば、勝手にやって頂いて構わないんだけどね。
だけど、それを他国にも押し付けるのは違う。違うのだが、それが支那のアイデンテティなのだ。迷惑な話なんだけど。
そして、法律について、「『1つの中国』の原則に著しく違反し、『台湾独立』の分裂勢力に著しく誤ったサインを発した」と批判して、アメリカ政府に対して「誤りを正して、中国との関係や台湾海峡の平和と安定に重大な損害をもたらさないよう求める」としています。
これは、アメリカと支那との対立の構図なのだけれど、国際社会としては台湾は支那の要求によってある程度留意した態度となっているけれど、名実ともに台湾は独立した国なのである。

で、何故この話を引っ張り出したかというと、これもまた支那にとって日本とアメリカが連携することが「厄介だ」と感じる話なのである。
つまり、外交的にアメリカとの連携は日本にとってはプラスになるケースが多いと言うのが現実であり、良くも悪くもアメリカの外交にも日本が影響されるという結果が出てくるのである。

冒頭の北朝鮮の主張はどうでも良い感じで受け流せば良いのだが、日本はこの立場を十分に利用すべきなのである。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. どんなに北朝鮮に対して制裁しても、日本国内に北朝鮮支持者がいらとしたら、制裁が形骸化してるかもしれません(T . T)

    日本が韓国と同様に北朝鮮支援国みたいなイメージにならなければいいのですが‥

    返信削除
    返信
    1. 支持者は日本国内にもワンサカいるので、洒落にならないですよね。
      案外、外国では日本に対してその様な目で見ているのかも知れませんね。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。