日本の個人情報、年金機構から支那へダダ漏れ

もはや開いた口が塞がらない。

500万人分の個人情報が中国業者に 年金情報入力を再委託

3月19日 19時05分年金
日本年金機構からデータ入力の業務を委託された東京の会社が、契約に違反しておよそ500万人分の個人情報を中国の業者に渡し、入力業務を任せていたことが厚生労働省などへの取材でわかりました。
個人データを支那に流している時点で、「リスクを考えない」というのは凄いな。
どう考えたって、支那に流せばその個人情報を悪用する。いや、特に支那が問題だというわけではなく、外国に個人情報を流す時点で、政府として終わっているとしか言い様がない。まだ、ニートに入力業務を任せた方がマシである。
日本年金機構は、去年8月、東京・豊島区にある情報処理会社におよそ500万人分のマイナンバーや配偶者の年間所得額などの個人情報の入力業務を委託していました。
特に、他人に見せるなといわれるマイナンバーだが、そっくりデータを他国にプレゼントしてしまう辺り、もはや「国防」の意識の緩さは世界一だろうね。

だが、この問題は日本年金機構の問題に留まらない。

「それ早く言ってよ~」、名刺共有に抵抗ある営業マンも納得の世界観

2018年2月5日 6:05 JST 更新日時 2018年2月5日 13:26 JST
とかくデジタル社会と言われるこの時代。しかし、情報技術(IT)系のベンチャーながら、リアルな名刺交換から始まる人間同士の出会いをことのほか大切にしている会社がある。法人向け名刺管理サービスのSansan(東京・渋谷)だ。
Sansanがそうである、とは言わないが、この手の名刺入力サービスは支那に業務委託するケースが多い。人件費が安いから、というのがその理由ではあるが、漢字を理解できるという点も大きいのだろう。

もちろん、厳密にセキュリティ管理を行っているという事を謳っている会社も多いが、それを確認する術は無い。
しかし、この手の顧客データを管理するようなサービスを外注に出すことで、情報が漏れるリスクがあるのは事実だ。そして、そうした心配は一般人にも及ぶ。



何が言いたいのかというと……、GoogleのサービスやLineアプリの情報抜き取りなど、実際に既にいくつかは問題になっている。

スマホ乗っ取りに注意を 短距離無線通信にもろさ

2017/9/14 16:00
人混みの中、ハッカーが短距離無線通信「ブルートゥース」を使って行き交う人々のスマートフォン(スマホ)を次々と乗っ取っていく――。
 こんな危機が世界的に広がる可能性があることが明らかになった。原因は「BlueBorne」と名付けられたブルートゥースの不具合(脆弱性)。日本では内閣サイバーセキュリティセンターが12日夜からツイッターで注意警戒情報を流すなど、関係者は大流行する前の危機封じ込めを急いでいる。
~~略~~
 さらにハッカーは、乗っ取ったスマホを踏み台にして、ブルートゥース機能が付いている周辺機器を次々と乗っ取ることもできる。ビルの受付ロビーから、複数の社員のスマホを介して企業のネットワークに忍び込み、機密データを盗み出したり、情報システムを破壊したりするといった工作も理論上は可能だ。
スマホからブルートゥースを通じて情報が漏れるというような話もあったので、安心できる話では無い。

こうした個々のデータが漏れる心配もさることながら、冒頭のニュースのように、個人の纏まった情報が他国に大量に流出するという事態を迎えているだけに、本当に洒落にならない話だ。マイナンバーが漏れて、日本人に成りすました支那人が多数日本国内に入国してくるなんて事態にも想定しうる話。

財務省だけで無く、社会保険庁も解体した方が良い、なんて話になりかねないが、そもそもこの話はそんな単純な話では無いのである。
情報漏洩に対する機器認識が、日本人は甘い。構造的に、情報が漏れたことに対しての危機意識が低いのである。
そこをつけ狙った犯罪は、これからも増えて行くだろう事を考えると、遅すぎる感じもするが、早急に対応策を考えていくべきだろう。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 年金機構自体は社保庁つぶして自民党が作ったようですが、立ち上げ時期はモロ民主党政権の立ち上げ時期とかぶりますね。ミスター年金がどんだけ手を突っ込んだんでしょうね。
    この件は、むしろこの件の方がやりようによっては政権与党に大ダメージ与えられる案件に出来るはずなのに、野党とマスコミはスルーの方向みたいですね。何か裏があるとしか思えません。
    どう考えても下請けの社長は確信犯だし、流れたのは名前だけなんて信じる奴は相当おめでたい、オレオレ詐欺に騙されまくるような間抜けだけでしょう。
    国益に無頓着な、危機感、緊張感のない役人(機構はみなし役人かな?)が本当に多すぎます。お勉強出来る人が役人になってるはずなのに、どうしてそうなるかな?出世欲と支配欲しか育ててこなかったのでしょうかね……

    返信削除
    返信
    1. ミスター粘菌もろくなことはやらないですね。
      まあ、ソレが本当かどうかは分かりませんが、社会保険庁がヤバイ状況である事実はもはやどうしようもありません。根本的にどうにかしないことには、どうしようもありません。

      さて、それはそれとして、今回やらかしてしまった会社は、結構前から各省庁が利用しているところらしく、今回初めて明らかになっちゃったという話である模様。
      これ、話が進むと結構ヤバイ話になりそうですよ。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。