F2戦闘機の後継機の国産化を断念! → そんな事実は無い

誰だよ、デマをリークしたのは。

F2後継機の国産断念へ 防衛省、国際共同開発を検討

2018年3月5日05時02分
防衛省は2030年ごろから退役する航空自衛隊の戦闘機F2の後継機について、国産開発を断念する方向で最終調整に入った。今週中にも米政府に対し、日本が必要とするF2後継機の性能に関する情報要求書(RFI)を提出し、米企業からの情報提供を求める。防衛省は今後、国際共同開発を軸に検討を進めるが、米国製の最新鋭ステルス戦闘機F35Aを追加購入する代替案もある。
ああ、朝日新聞か。
似たような記事は読売新聞も報じている。そして、これに追従したのが中央日報である。

日本、自主開発した戦闘機を断念…米F35Aの追加導入を検討?

2018年03月05日11時19分
   日本が自主開発を目指していた次世代戦闘機事業を断念し、米国製の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの追加導入を検討していると朝日新聞が5日、伝えた。

喜んで報じている理由は、韓国国内でKF-Xの開発が難航している現状があるからだろう。

まあ、お笑い韓国軍の話はさておき、確かに「国際共同開発」の話が出てくるのは無理も無い話。「デマ」などと書いては見たものの、戦闘機の開発費のことを考えれば、国内開発断念も仕方が無い判断だとも言える。

F2

そもそも、F-2戦闘機の開発においても、アメリカの横槍が入ってF-16戦闘機ベースの日米共同開発になったと言われている。
このF-2戦闘機の前にF-1戦闘機という、三菱重工が主体になって開発した戦闘機が存在する。もう、退役しているけどね。

F1

このF-1戦闘機は、T-2高等練習機と呼ばれる、日本が始めて開発した超音速航空機をベースにして作られている。このT-2高等練習機も初飛行が1971年で、今は全機退役している。

で、T-2高等練習機は、エンジンが英ロールス・ロイスのRT172 Mk102を石川島播磨重工でライセンス生産した物であり、F-1戦闘機もこれが継承されていた。で、このF-1戦闘機のコストユニットは約27億円である。


しかし、F-2戦闘機は1機120億円~130億円というシロモノになっていた。
近年の戦闘機は高価格化しているので、ある程度は仕方が無い。でも例えばF-35Aの購入価格は、1機あたり150億円程度であるといわれており、F-2戦闘機と比べて随分と安い印象がある。
尤も、F-2戦闘機は合計で94機しか作られなかったが、F-35Aはアメリカ空軍だけで1700機の購入が予定されており、日本の航空自衛隊ですら42機+αという購入計画であるので、開発費を均等割すれば、そりゃ最終的にコストが下がるというのは、まあ、当然な流れではある。

そんなわけで、「共同開発を!」という話が出てきてもおかしくは無いのだ。

空自戦闘機F2後継、米英企業と共同開発も視野 防衛省が情報要求書を提出

2018.3.6 06:44
 防衛省が、2030年代に退役を迎える航空自衛隊のF2戦闘機の後継機開発をめぐり、米国や英国の軍需企業に情報要求書(RFI)を提出し、国際共同開発も視野に入れた調査を行っていることが5日、分かった。
実際に、アメリカやイギリスと共同開発しようという話が出ているのは事実で、F-2戦闘機共同開発の実績のあるアメリカや、同じ島国であるイギリスとの共同開発というのも、説得力がある。

「国産断念との事実はない」F2後継機開発で小野寺五典防衛相

2018.3.6 11:12
 小野寺五典防衛相は6日の記者会見で、航空自衛隊のF2戦闘機の後継機に関し、同省が国産開発を断念したとの報道について「現時点でどのような判断を行うかは何ら決まっておらず、国産開発を断念したという事実はない」と述べた。防衛省が米国や英国の企業に行った情報提供依頼(RFI)は「さまざまな情報を収集する一環で、決してこれをもって国内開発を断念したことが決まったわけではない」とも強調した。

もちろん、防衛省としても報道の内容は否定しており、「断念していない」と、その様に述べているが、これも怪しい話ではある。

現実的に、巨額の開発費を賄い少量の戦闘機を作ると言うのでは、メリットよりもデメリットの方が多くなってしまうからだ。
確かに国産戦闘機を作る事は、国内産業にとっては大きな意味があるし、戦闘機の生産を行わないと、技術力の低下や、防衛面における不安要因を抱えることになる。
となると、「最低限、共同開発」という発想も理解はできるのだが、共同開発が良いことばかりかというと、そうでも無い。

F-35A戦闘機を次期主力戦闘機として選定するに辺り、俎上に上がってきた候補の中にユーロファイター・タイフーンと呼ばれる戦闘機があった。
このユーロファイターは、イギリス、ドイツ、イタリア、スペインの4カ国で共同開発された戦闘機であり、それなりに優秀な機体だ。

RAF_Eurofighter_EF-2000_Typhoon_F2_Lofting-1

しかし、1983年にイギリス、フランス、西ドイツ、イタリア、スペインの5カ国で基本設計に合意して、詳細の協議が始まったが、初飛行ができたのは1994年であり、運用開始は2003年である。
つまり、資金面での問題はある程度各国に負担してもらうというメリットが享受できるが、一方で各国の様々な事情、たとえば、西ドイツが統一によってドイツになった段階で必要は費用負担の影響により分担金のことで揉めるだとか、各国の事情による様々な意見が盛り込まれたスペックを目指さねばならず、結果的に費用が膨れあがるだとか、F-35戦闘機の開発でも生じて未だに問題解決の目処が立っていないような、様々な影響が考えられ、一概に共同開発が良いとも言えないのである。


現実的には、アメリカと組んで共同開発するという路線が妥当ではあるが、しかし、アメリカはF-35系の戦闘機を実戦配備している段階で、アメリカ国内に日本と共同開発する戦闘機の需要があるとも思えない。
となると、F-2戦闘機のような結果になりかねず、更に、莫大なライセンス料を支払う事になりかねないので、それは果たしてコストメリットに繋がるのか?という点は疑問である。共同開発を行う場合には、ある程度の技術レベルを持っている同士が手を組んだ上で、お互いの国でその戦闘機を必要としなければならない。
そうなると、イギリスと組むというのは悪い選択肢では無いのだが……、先述したユーロファイターに一枚噛んでいる現状で、果たして乗ってくるのか?という点に関してはかなり懐疑的だ。
ユーロファイター・タイフーンはトランシェ1、トランシェ2と2つのバージョンがあるが、日本がF-Xで選定対象としたのは、トランシェ3と呼ばれる仕様の未だ存在しない戦闘機である。採用する国は決定しているが、開発が難航しているのか未だに納入されるという話を聞かない。
イギリスが果たしてユーロファイター計画からそっぽを向いて日本との共同開発を選択するか?という点についてはかなり怪しい話で、下手すればこのユーロファイター計画に参加した国がワラワラと群がってくる可能性すらある。

そんなわけで、確実な路線を選ぶのであればとりあえずはF-3戦闘機は国産化を目指していくのが正しい道筋のように思える。何しろ、多くの日本の空を守っている戦闘機が、退役待ったなしという状況を迎えているのだから。

防衛省が未だに態度を決めかねているのは、そういった内情を反映した結果なのだろうと思う。

追記 (2018/3/8)

不確かな話ではあるが、どうやらF-35Aベースに共同開発、なんて事もあるかも、という報道がなされていた。

空自のF2後継機、F35など既存機ベースに共同開発案=関係者

2018年3月8日 / 10:53 / 9時間前更新

[東京 8日 ロイター] - 航空自衛隊の「F2」戦闘機の後継を巡り、日本政府内で「F35」など外国の既存機を土台に共同開発する案が浮上している。国内開発や完成機輸入と比較・検討した上で調達方針を決定するが、関係者によると、今年末までに策定する中期防衛力整備計画に間に合わず、具体的な決断は先送りする公算だという。

関係者が、「F-35かユーロファイターベースで共同開発するんじゃねーの?」と適当なことを言ったらしいという報道だが、可能性としては十分にあるだろう。

ただ、F-35ベースと言われても、アレを何処まで改造できるのか?と言われると、ちょっと……。

逆に、ユーロファイターの方であれば、トランシェ3が頓挫しているので、案外のり気になるとは思うのだが、如何せんベースが古いし、ステルス性の事を考えても、どうかとは思う。


確かに、F-3戦闘機を今から作り出したのでは、2030年までには到底間に合わないんだよね。

どうなることやら。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 読売の記事を見て早とちりで下にコメントしてしまいました。ただ、X-2をそのままF-3に純国産で仕上げるのは費用対効果の面では無理だろうと思います。F-35のAタイプとBタイプを追加調達しながらF-35Jにするのが最も合理的でしょう。オプションとしてはAAMの共同開発が本格化しそうなイギリスと共同開発を探ってみるのも面白いかもしれませんね。トーネードADVの技術も持っていますし、中国・ロシアへの牽制だけではなくアメリカも真っ向から反対も出来ないでしょうから、じんわりとしたいやみになりそうです。

    返信削除
    返信
    1. 何年か前にもF-4EJの代替と、F-15J Rre-MSIP機の代替に、F-35Aを100機ほど追加購入するという話がありました。
      そして、順番としては、F-4EJの次にF-15J Rre-MSIP、そしてF-2、F-15J MSIPという順番になると思われます。

      となると、F-35A追加調達で、F-2の更新というのは、筋が悪い話のように思えるのです。日本の戦闘機がF-15JとF-35Aの2機種になってしまいますから、これまでの3機種混在の方針を貫けない(飛行禁止措置対応だと言われていますが)のは問題であります。
      そういう観点で言うとF-35Jというプランも面白いのですが、そもそもF-35系の戦闘機がドッグファイトの得意な戦闘機では無く、2系統になってしまうと言う面からもあまり望ましい選択肢とは言えないと思います。3種の戦闘機、ということに拘る必要があるのか?という点に関しては検討し直されるべきかも知れませんが。

      なので、「F-3戦闘機の共同開発か単独開発か」という話になるのだと、そう理解しています。

      そして、第5次F-Xの決定が当初の予定では2018年夏頃ということで、こういった記事が出てきているのだと思われますが、トーネードADVですか……。
      まあ、夏頃までに色々な可能性が検討されるのでしょうね。案外、共産圏の戦闘機を俎上に載せるのも面白いかも知れません。採用は無理ですが(苦笑

      削除
  2. まさか…なんですけど。誰か教えていただければ?
    F1戦闘機なんですが、私には仏のミラージュに見えるんですけど。昔の。あのエクゾセミサイルがフォークランドで有名になった頃の(爺いなんで例えが古くてスミマセン��)
    まさか…ですが、フランスにパクられてないでしょうね?
    航空業界はアメリカの圧力あるから盗んでも……
    そだ、ホンダのビジネスジェット売れてるんですってね!
    誉めてあげましょうよ!

    返信削除
    返信
    1. 山童さんお久しぶりです。
      私の知っていることで良ければ(間違いがあったら誰か指摘お願いします)
      マニアの人たちにはミラージュよりも英仏共同開発のジャギュアに似ているとよく言われてますね。
      ジャギュアは積んでるエンジンがF-1と同じアドーアエンジンで、練習機と軽攻撃機になるというコンセプトで開発されました。
      F-1は練習機T-2からの開発で、コンセプトや外観が似ていることからF-1やT-2はジャギュアのパクリだなんて揶揄されることもありますが私は偶然の一致か開発時に参考にした程度だと考えています(真偽は分かりません)
      フランスがF-1の技術をパクったかはわかりませんが、英国と日本の間で交わされたアドーアエンジンのライセンス契約が酷くて、アドーアエンジンの欠点を日本で改良したら、タダで英国に技術を持っていかれた上に自分たちが改良したエンジンを売りつけられるといった出来事は現実におこっていますね。
      ホンダのビジネスジェットはエンジンや部品など自社グループ内での自給率が高くて開発がスムーズに進んだことが成功の秘訣だそうです。特にエンジンを自社開発できるというのは物凄いことですよね(米国の法律のせいでGEとの共同開発という形を取ってはいますが)

      削除
    2. MKT様。RE機能が調子が悪くて、正規のコメントで下に御返事いたしました。

      削除
  3. F-2後継機となると、要求仕様が日本独特のものになる可能性が高いので、共同開発するにしても、相手は限られそうですね。(F-2の時点で、ASM4発、短距離AAM2発搭載して戦闘機動できるようなもの、というトンデモ仕様でしたし。)
    おそらくF-2後継機の要求仕様にはステルス状態でF-2と同等以上の搭載能力を求めていそうです。
    ただ、こうなると形的にはSU-57のように胴体下部にウェポンベイを縦列配置し、そこにASM搭載というものになりそうな気がします。
    ステルス状態で対艦戦闘しつつ、機動性も求める。こんな戦闘機求める国は少ないと思うので、単独開発になりそうですけど(笑)
    ただ、F-35のスペックがあまりにも高すぎるので、防衛省がF-15後継機の単独開発能力に疑念を抱いた、というのはありそうです。もしかしたら防衛省が各国に資料請求したのもそれ関連かもしれないですね。
    米軍にとっても、F-35はある意味完成形に近い機体ですし。
    物凄く機能を制限された試験機で、F-16にやられたという情報以外にはF-35の空戦能力が低いという話は聞こえないですし。
    それになによりもソフトウェアが化物レベルです。これと同等の物を日本で作るのは残念ながら困難な気がします。
    よって、F-15後継機は国際共同開発になりそうです。制空に長けた防空ステルス戦闘機となると、世界的に需要もありそうですし。

    それと、よく言われますが、F-35Jの実現は無いに等しいです。
    F-35はそもそもALGSという国際的な部品供給システムにより、部品等の規格は全て統一されています。
    ALGS自体、「世界中のF-35部品製造国で全く一緒の部品作っていたら、部品余ってるところから買えば修理と整備大丈夫だよね。」的なコンセプトです。
    世界中のF-35部品製造国が同一規格、同一仕様の部品を製造していることが重要なので、日本仕様なんてもの作ったらせっかくのメリットを潰してしまいますからね。

    返信削除
    返信
    1. Nyaachiさん有難うございます。F-35Jの意味のないことがよく解りました。となるとF-2の後継はF-35のほぼ一択になりそうですね。後はF-15初期生産型100機の代替と2030年以降の中後期生産型の後継機をどうするのかですが、F-35がスクランブルに使えない訳でもないでしょうし、日本にとってマルチロール機とは別に格闘戦に優れた第5世代の制空戦闘機は必須なのでしょうか?スクランブルの為ならいっそ割り切ってグリペンのE/Fタイプでも行けそうな気がします。防衛省は1機種ですべての任務をこなせる第5~次世代の将来戦闘機研究をしているようですが。

      削除
    2. 返信有難うございます。
      空自の全機種をF-35一択にすることはないので(どこかの国のF-35に不具合が出たら日本の空を護る飛行機がいなくなっちゃいます)、別の戦闘機は確実に配備します。
      ステルス機と非ステルス機では勝負にならないので、制空に長けたステルス戦闘機を開発・配備するのではないかと思います。

      1機種で全てを賄うというのは無いと思いますよ。現状の米空軍ですら、F-22・F-35・F-15・F-16と4機種運用していますからね(F-16は州空軍専用機になるかもですが。)
      あくまで予想ですが、多用途戦闘機としてF-35を、制空戦闘機としてF-15後継機を、ミサイルキャリアとしてF-15改修機(ボーイングのF-15 2040C的な)の3機種になるのではないでしょうか。

      話題に出たグリペンE/Fでは戦闘行動半径がF-15に劣るので採用の可能性は低いと思います。
      スクランブル専用機として買うとなれば、その機数分本来の真面目な制空戦闘に使う戦闘機が減るということなので、これではデメリットにしかなりません。
      それに、欧州機の場合米国機でないので、米国機を運用してきた空自の整備や運用態勢に差し障りが少なからず発生します。
      この大きなデメリットをこえるメリットが無ければ、欧州機の採用の公算は低いのではないかと思います

      削除
  4. MKT様。
    RE入力がどうもスマホに拒否されてしまうので、コメント頂いた下に付ける事が出来ませんで。ここで失礼いたします。

    丁寧な回答を有り難うございます。外観をWebで見直すと、
    そこそこで、大騒ぎする程ではない感じでした。
    ただ戦闘機はエンジンとか他の部分が大事ですものね。
    MKT様の仰る英国との提携の話、エグいですね。
    てか産業スパイと変わらない。
    同盟国の共同開発って信用できんものですね。どっかのカーリングチームが食べたイチゴみたく、信義の欠片ものない国が存在しますからね。
    では、また何かある時に知恵をお貸し下さい。有り難うございました。

    返信削除
    返信
    1. いえいえ、私の聞きかじりの知識でもお役に立てたのなら幸いです。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。