大型連休中の野党、なんと19連休中も満額給与が貰える模様

えーっと、4月20日から連休が始まっているので、GW過ぎまで19日連続でお休みである。なお、給料は満額貰える模様。

「ただのサボりだ」野党の審議拒否に批判噴出 評論家・屋山太郎氏「税金ドロ以前の問題」

2018.4.26
 立憲民主党や希望の党など野党6党は、与党が麻生太郎副総理兼財務相の辞任要求に応じなかったとして、20日から国会審議を拒否している。国民の税金から多額の歳費を受け取りながら、欠席戦術を続ける野党6党に対し、識者やネット上では「職場放棄」などと批判の声も上がっている。
この野党の欠席の状況を物語る1枚がこちら。
kokkai-sabotage
見事に誰もいねー。

国会議員の給料は、正確には「歳費」と呼ばれるそうで、月額129万4000円也。
この他にボーナスにあたる「期末手当」が合計約635万円支給される他、交通費に月額100万円も支給され、こちらは非課税。ついでに秘書雇用手当が年間約2500万円なので、どれだけコストがかかっているかという話。
月額120万円、月30日として、ザックリ日割りすると、一日なんと4万円なので、19×4=76万円(一人あたり)がドブに捨てられた計算になるね!野党の議員は90人くらいいるはずなので、約7,000万円弱も税金を無駄に使った計算になる。
これで減額無しなのだから、バカにしているな。

その間にも、生活保護改正法案は可決された。

生活保護改正法案を可決、衆院厚労委 野党欠席のまま

2018.4.25 11:14
 衆院厚生労働委員会は25日、生活保護受給者や生活に困窮する低所得者の制度改正案について、立憲民主、希望などの野党側が欠席したままで可決した。与党側は改正案を週内に衆院通過させ、今国会の最重要法案である「働き方改革」関連法案を審議入りさせる。
この法改正により、ジェネリック医薬品を使え!とか、そういう話になっているのだけれど(これが良いとは思わないが)、野党はこれも放置。
野党側は後発薬の原則化に対し、「差別的取り扱いだ」と反発。生活保護基準や児童手当を拡充する「子どもの生活底上げ法案」(通称)を提出し、対案型の姿勢を見せた。しかし財務省次官のセクハラ疑惑や、過労死があった野村不動産に対する特別指導などを理由に急遽、欠席戦術に転じた。
自分で法案を提出しておいて、欠席する始末である。

なお、自分で法案を提出した上で参考人まで呼んだのだが、欠席戦術と。大阪市長の吉村氏も大変お怒りである。

吉村大阪市長「二度と来ない」と激怒 野党審議拒否で国会空転

更新:04/24 19:13
 財務省をめぐる一連の問題で空転する国会。24日の衆議院の委員会では参考人として大阪市の吉村市長が招かれましたが、維新を除く野党が出席しなかったため激怒しました。
 24日の衆議院厚生労働委員会。生活困窮者の自立を促す法律について審議されましたが、維新を除く野党が出席を拒否したため空席が目立ちます。これに激怒したのがこの人です。
これを許している与党もだらしないのだが、これでいいのかねぇ。


なお、野党は新党を立ち上げている模様。

<希望・民進>四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く

4/26(木) 23:20配信
 希望の党と民進党は26日、大型連休明けに新党「国民民主党」を結成することを決定した。両党の民進出身議員が結集して与党への対抗勢力を作る目的だが、統一会派結成が頓挫した1月と同様、希望、民進双方の党内では消極論も噴出。新党参加を見送る動きが民進議員を中心に広がっており、四分五裂の状況に陥りそうだ。
全然、新党じゃ無いよね?!
民主党に戻っただけじゃ無いか。
このツイートがよく分かる図解を紹介していたが、まあ、混沌としているよね。

一方で、日本のメディアは黒電話一味が会見をしたと言って大はしゃぎである。
笑顔で握手したくらいで「歴史的」と騒いではいるが、中身があるのかどうか……。

そうそう、中身があるかどうかと言えば、こちらのニュースも気になったよ。

岡田克也、野田佳彦氏ら週内に民進集団離党表明へ 大型連休明け結成の国民党参加せず

2018.4.26 05:00
 岡田克也常任顧問、野田佳彦前首相ら少なくとも6人の民進党衆院議員が25日、大型連休明けの新党「国民民主党」の結党届提出に合わせ集団離党する方向で調整に入った。週内に表明する。民進党と希望の党が結成する新党と一線を画し、無所属で活動しながら立憲民主党を軸とする野党結集を模索する。
元民主党の大物議員は、しばらく浪人生活を続ける模様。

つまり、政党リニューアルしても、中身は劣化しているという……。国民の働き方改革の前に、議員自身の働き方を議論して頂きたいものですな!



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント