日米首脳会談始まる

さて、昨日は韓国ネタを話に出したわけ何だけれども、日米首脳会談のポイントなどをもう一度整理しておこう。

米朝会談の場所「5カ所検討」 トランプ氏、首相に説明

4/18(水) 7:22配信
安倍晋三首相は17日午後(日本時間18日未明)、米フロリダ州パームビーチにあるトランプ大統領の別荘「マール・ア・ラーゴ」でトランプ米大統領と会談した。トランプ氏は米朝首脳会談の開催場所として5カ所を検討していると説明。北朝鮮政策のほか、経済問題についても話し合ったとみられる。両首脳の会談は6回目。
一つは北朝鮮問題だ。

20180418-00000012-asahi-000-4-view

二人の胸中は如何に?と、思う訳だが、ともあれ北朝鮮問題の話。これは実のところアメリカと日本ではゴールが異なる。

先ずは日本のゴールだが、以下のようなものだと推察する。
  • 拉致問題の解決(この場合の解決とは、被害者を取り戻すことを意味する)
  • 朝鮮半島の核兵器を取り除く
他にも色々あるのだろうけれど、大きくはこの2つなのだと思う。
では、アメリカのゴールはどんなものだろう?
  • 北朝鮮から核兵器を取り除く(アメリカに核兵器が届くことを懸念)
  • 南北対立構造を解消する
こんな所では無いか?
 トランプ氏は「米日関係は非常に強く、北朝鮮ついて全く意見は一致している。金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長氏との会談が6月の初旬かその前にあるかもしないが、うまくいくよう願っている。うまくいかなかったら、強い姿勢で臨みたい」と応じた。
一致しているようで、違うと、僕はそう考えている。
当然、北朝鮮はその点を突いてくるだろうと思われるので、日本とアメリカとの間での齟齬をできるだけ解消しておこうというのが今回の日米首脳会談の目的であろうと思う。

さて、ここで、北朝鮮の狙い、というか金正恩氏の狙いについて推測してみよう。これについては、材料が少ないので何とも言い難い部分があるが、来週に予定されていると言われている南北首脳会談である程度分かるのでは無いかと思う。その前に予測を立てるのはあまり望ましくないのだが……。
  • 金正恩体制の維持
  • 北朝鮮に対する国際社会からの制裁解除
  • 在韓米軍の撤退
この辺りが最低ラインだと考えているのでは無いかと思う。何も目新しい話では無いね。

ただ、「金正恩体制の維持」というのは、解釈がなかなか難しい話。例えば、金正恩一族の延命という事であれば、北朝鮮から亡命させてしまえば解決する話ではあるが、多分、それを望んではいない。
金正恩氏は、実のところ支那からも命を狙われ、北朝鮮国内からも潜在的に命を狙われている状況にある。特に、北朝鮮国内において「正当性」というのは金正恩氏にとってのアキレス腱である。金正恩氏にとっては、一番の正当性を示す方法は、先代の方針を貫いた上での北朝鮮の国際的な地位の向上であろう。だが、それができるかどうかはかなり危うい橋を渡る必要がある。
こちらの記事で触れているのだが、北朝鮮が外国に武器や地下資源を売る為には、現状では北部戦区の助力が不可欠である。もちろん自前でも輸出はしているのだろうが、ある程度は監視されているために自由な貿易というのはなかなか困難だと思う。

北朝鮮製武器を大量押収 エジプトで、制裁違反

2017/2/8 19:47
【ニューヨーク=共同】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会で制裁違反を調べる専門家パネルがまとめた最新報告書の概要が8日、判明した。エジプトに昨年寄港した船舶から大量の北朝鮮製武器が見つかり、同国の弾薬類の押収量としては過去最多だとしている。北朝鮮が制裁逃れの手法を駆使して大規模な武器取引を続けている実態が浮き彫りとなった。
 最終目的地や具体的な押収量は明らかになっていない。北朝鮮による武器輸出は過去の安保理制裁決議で全面禁止されているが、核・ミサイル開発の資金源の一つとなっている可能性が高い。
~~略~~
 エジプトのほか、北朝鮮と軍事協力してきたシリアやアフリカに向けられたものだった可能性もある。北朝鮮の武器取引を巡っては2009年、バンコクの空港に着陸した貨物機から携行式地対空ミサイルや対戦車ロケット砲など総重量約35トンが押収された例がある。


北朝鮮、巧妙な制裁逃れ 違法な金融取引・武器輸出続く
国連安保理の専門家パネル、年次報告書を発表へ

2018/3/6 17:00
【ニューヨーク=高橋里奈】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが3月14日に発表する年次報告書で、北朝鮮が違法な金融取引や化学兵器の関連資材などの輸出に関与したと指摘していることがわかった。石炭の原産地をロシアや中国産と偽ってマレーシアやベトナムなどに輸出するなど、巧妙な制裁逃れによる外貨稼ぎも2017年1~9月で2億ドル(約210億円)に上るという。
だが、現実的には北朝鮮製の武器が押収されるようなニュースは幾つか出ているので、未だに北朝鮮派外貨獲得手段を持っているのだと思う。

中国、北朝鮮への武器関連製品の輸出禁止

2018.04.09
 【北京共同】中国商務省は9日までに、武器に関連する製品や技術の北朝鮮への輸出を禁じると発表した。国連の制裁決議を受けた措置。
先日もこんなニュースが出ていた。輸出は禁じたものの、北部戦区から輸出が可能だとすれば、それは支那の輸出と言う事になるので、北朝鮮に対する国連決議などザルも良いところになる。
ただ、この手のニュースが出たということは、多少なりとも効果が出ている証拠ではあるのだろう。
だからこその、米朝首脳会談の申し入れなのである。僕はその様に分析している。

さてさて、この辺りに更に支那、ロシアが首を突っ込んでくる可能性を考えると、相関関係が非常にややこしくなるわけだが、そこでシリアである。

米、ロシア企業に追加制裁へ シリア化学兵器の責任問い

2018年4月16日10時52分
 米国のヘイリー国連大使は15日、米CBSテレビのインタビューで、米財務省がロシア企業などへの追加制裁を科す方針だと明らかにした。シリアのアサド政権の後ろ盾となっているロシアが、シリアでの化学兵器使用を止めなかったことへの措置とみられる。ムニューシン財務長官が16日にも公表するという。
このタイミングで、何故、シリア攻撃を行ったか?と言う点に関しては、怪しく感じていたのだが、わざわざ米英仏でアライアンスを組んでミサイル攻撃をし、事前通告をして、ロシアやシリア軍に撤退を勧めるような態度をとっていたのか?と言う話。
今回のシリア攻撃で、シリア軍にはあまり直接的な被害が発生していないとも聞く。

もともと、アメリカにとってシリアを攻撃するメリットはあまりないのだが、国際的には「毒ガス兵器を使った、許さないぞ!」という大義名分がある。
そして、今回、アサド政権にはダメージがあまりあったような感じでは無く、その点も疑問視はされている。

シリアのアサド政権は安泰-米英仏が105発のミサイル攻撃後も

2018年4月16日 14:56 JST
米国と英国、フランスがシリアに対して計105発のミサイルを発射した数時間後、シリアのアサド大統領はダークスーツとネクタイに身を包み、自信にあふれた様子で大統領府の門を通って中に入った。
  同大統領は攻撃後初の声明で、「攻撃はシリアの決意を強くさせるだけだ」と表明した。
  米英仏による攻撃は、化学兵器に関連した軍事拠点や研究施設を破壊したものの、アサド政権の戦闘能力をそぐことはほとんどできなかった。また、アサド大統領を支援するロシアやイラン、イスラム教シーア派原理主義組織ヒズボラの戦闘員が標的にされることもほぼなかった。
これを北朝鮮への体制保証に関するメッセージだと理解すれば、分かり易いのでは無いか、と僕は思うわけだ。

だとすると、アメリカ側から出されるメッセージというのは、「体制保証は請け負う」という事であり、その代わり、「刃向かうことは許さない」と言うことなのだろう。

全く話の通じない相手である韓国にメッセージを託すより、直接、北朝鮮にその姿勢を示したという意味では、トランプ氏のやり方は非常に雄弁に北朝鮮にアメリカの主張を通した事になる。

じゃあ、日本は?というと、軍事的なオプションを持たない安倍政権にとって、トランプ氏への信用が何よりも武器であり、ロシアとのチャンネルを持つ意味でも非常に重要な立ち回りを要求されることになる。

これに先んじて、外務大臣の河野氏が韓国を訪問している。

拉致、南北での協議要請 韓国大統領に

毎日新聞2018年4月11日 22時31分(最終更新 4月11日 23時00分)
 【ソウル田辺佑介、堀山明子】河野太郎外相は11日、ソウルの青瓦台(大統領府)で文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領と約30分会談した。河野氏は、27日に予定されている南北首脳会談で、北朝鮮による日本人拉致問題を取り上げるよう要請。北朝鮮の核・ミサイル開発の放棄に向け、日米韓で連携することも確認した。
これについて、韓国紙は「手ぶらで帰った」と嘲笑していたのだが、実はそんな話では無いと思われる。

立場の相違を確認しただけ…訪韓の河野外相が「手ぶら」帰国

記事入力 : 2018/04/12 23:16
 南北・米朝の首脳会談を前に、10-11日に急きょ韓国を訪れた日本の河野太郎外相は、結果的に韓国政府との立場の違いを確認しただけで、何の成果も得られず「手ぶら」で帰国した。

このタイミングでの外相の訪韓は、日米首脳会談前の日本側からの最後通牒なのである。

多分、韓国からのゼロ回答というのは事実なのだと思うが、それは韓国にとって良かったのかどうかは微妙だろう。少なくともムン君にはプラスになったと思うが、日本としては最低限の義理を果たした上で、「ゼロ回答」だった事を考えると、今回の日米首脳会談では、本格的に韓国不在の対策を練ることができるわけだ。

安倍氏が有能であれば、なおのこと期待はできるんだけど、その辺りはどうなんだろうね。
こと、外国政策については安倍氏はこれまでかなり上手く立ち回ってきた印象があるが、今回も外さずに頑張ってくれること望みたい。

追記1 (2018/4/18)

新しい記事にするか迷ったが、追記という形にした。

韓国と北朝鮮が軍事対決終息の宣言を検討、首脳会談で-文化日報

2018年4月17日 13:50 JST 更新日時 2018年4月17日 17:52 JST

韓国と北朝鮮は4月末に開催する南北首脳会談で、軍事対決の終息を宣言する計画について協議している。韓国紙の文化日報が匿名の韓国当局者からの情報を引用して伝えた。

南北首脳会談前に、和平の話が出ているという話は前の記事でも触れたが、アメリカもそれに乗ってきたようだ。

朝鮮戦争の「終戦」実現、トランプ氏が意欲示す

4/18(水) 11:51配信

トランプ氏は17日の日米首脳会談で、米朝首脳会談に関して「北朝鮮と極めて高いレベルで直接協議を既に行っている」と語った。

~~略~~

トランプ氏は「(韓国と北朝鮮が)朝鮮戦争の終戦について議論することに賛同している。今それを議論する時が来た」とも表明し、朝鮮戦争(1950~53年)の終戦実現に意欲を示した。

「終戦」を視野に入れているというのである。


この話は、南北首脳会談で「和平交渉」が進むのとはレベルが違う。何しろ、朝鮮戦争の停戦合意は韓国不在だったので、韓国が単独で和平協定を結ぶ事はできない。

いや、南北で和平協定を結んで国連軍が追認する形は有りうるが、原則として当事者ではないので、韓国側が下手に出るより無く、北朝鮮有利な形で協定が結ばれる可能性が高い。一方で、北朝鮮は、韓国とは別に国連軍との協定を結ぶ必要があり、その為には米朝首脳会談は不可欠。つまり、トランプ氏の「会談が無ければ圧力路線を突き進む」というのは、脅しでも何でも無く事実そうなるぞ、という話なのだろう。


そして「終戦」の意味するところは、即ち、在韓米軍撤退である。

これは「朝鮮半島の非核化」の実現に向けて、アメリカも北朝鮮も合意しうる内容であろう。その為の査察団受け入れ、というのも北朝鮮としては飲まざるを得ないハズだ。


後は、金正恩体制が維持しうるか?という点が焦点になってくるのだろうが、そこは外国が保証できるはずも無い。その辺りをどう落としていくかが、米朝首脳会談の一番のポイントかな、と。


拉致案件がここにどう絡められるのかは、安倍氏の手腕にかかっていると言えるのだが……、これを逃したら退陣やむなしという空気になりそうだな。





ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント