【いつもの】 韓国軍、偵察衛星開発企業選定が難航

軍事産業で遅延というのは、そう珍しい話では無いのかも知れない。ただ、韓国って、今まさに北朝鮮とドンパチというレベルの状況にあって、ある意味これは仕方が無いんじゃないかなぁ。

韓国軍、偵察衛星開発企業選定が難航…3カ月遅延

2018年04月11日15時22分

韓国軍の偵察衛星開発企業選定が3カ月近く遅延している。
  韓国防衛事業庁は9日午前、ソウル国防部テレビ会議室で宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官主宰の第110回防衛事業推進委員会を開き、こうした内容を含む案件を報告したと明らかにした。

宇宙開発やっている場合じゃ無いんだよねー。


モックアップ


ただ、その計画にあたって企業が選ばれる前にモックアップが出来ちゃう辺りが不思議といえば不思議である。これ、仕様が決まる前の話なんだよね??違うのかな。

  韓国軍は北朝鮮の核・ミサイル脅威に対応する「キルチェーン(韓国型ミサイル防衛体系)」を構築するため、2023年までに北朝鮮の挑発の兆候をリアルタイムで監視する偵察衛星5機を戦力化する予定だ。
  昨年末、試作品開発優先交渉対象企業にLIGネクスワンが選ばれたが、LIG側が当初提示した仕様より開発目標を低めてほしいと要請したため、1月末に予定されていた最終契約交渉が3カ月近く遅れている。軍の関係者はソウル新聞のインタビューで「2年近く足踏み状態」と話した。

ん、違うか。流石にメーカは決まっていて、「試作品開発優先交渉企業」なる対象にLIGネクスワンが選ばれていると書かれているので、流石にモックアップもここが作ったんだろうね。


ところでこの話、一体何をスペックダウンしたいと要求しているんだろう?LIGネクスワンにどの程度の技術力があるのかは知らないが、「ダメだ-」と言っているなら、認めてやるか外してやらないとどうしようもないだろう?


ちなみに、このブログをざっと探してみると、LIGネクスワンは2件ヒットした。

あーあー、この会社結構やらかしているぞ?


リンクの上側は、韓国産機雷「潜竜(K721)」で、これを生産している会社がLIGネクスワン。不発率が8割という驚くべき成績を残した、優秀な会社である模様。

リンクの下側は、誘導弾「KGGB」を韓国空軍の方針に反して勝手に150発輸出しちゃった。あ、いや、指示は国防省が出していたみたいだね。なお、このLIGネクスワンと組んで仕事をする事が多いのが、韓国国防科学研究所(ADD)である。


他にもこんなニュースがあった。

韓国軍「ウェアラブル筋力増強ロボット」に巨額投資...行軍スピード2倍に

Posted date:2016.12.01

 韓国軍当局が、疲れを軽減したり、重い荷物を簡単に持ち運ぶためのウェアラブルロボット=ロボットスーツを開発する。韓国防衛事業庁は、国防科学研究所(ADD)とLIGネクスワンと共同で、2020年までの4年間で、同研究・開発に200億ウォン(約20億円)を投資。民・軍でともに活用できる「複合任務用ウェアラブル筋力増強ロボット」技術を開発する計画だと28日明らかにした。韓国各紙が詳細を報じた。

LIG、戦闘機用AESAレーダー開発拍車

韓国でミサイル製造を手掛けるLIGネクスワンは13日、敵の情報を同時に把握する「AESAレーダー」の第2段階の試験開発を開始したと発表した。 LIGは1日に韓国国防科学研究所と350億ウォン(約36億円)規模でAESAレーダーの第2段階の開発に関する契約を締結。

これも、LIG+ADDのタッグでやっている話のようだ。


そうそう、K-11複合小銃はADDが一枚噛んでいるみたいだね。

「名品」とうたった韓国製武器が欠陥のオンパレード、国防科学研究所が反省=韓国ネット「敵にとっては確かに名品」「口先だけなら米国にも勝てる」

配信日時:2015年7月31日(金) 8時15分

2015年7月29日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国国防科学研究所(ADD)が韓国の防衛産業の地位を失墜させたと認めた。

ADDの鄭憲永(チョン・ホンヨン)所長は29日、ADD創設45周年を迎えて記者会見を開き、韓国の防衛産業の地位を失墜させたK11複合小銃などK系列武器システムの欠陥について、これまでの不手際を認めた。ADDは「研究所が開発した武器体系を『名品』と宣伝していながら、兵器システムの研究開発に対する国民の信頼を落とす愚行を犯した」と自評した。

こんな話もある。


これは僕の想像に過ぎないが、ADDとLIGネクスワンは非常に密接な関係にあって、だからこそLIGネクスワンが偵察衛星の「試作品開発優先交渉企業」になっているのだろうね。


その上で、LIGネクスワンの技術力が残念なのだとすると、今後も延々とこんな話は続くのだろうね。

自身の技術力をしっかりと見極め、身の丈に合った開発をするべきだと思うぜ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 2009年に中央日報で「2年後には韓国も衛星強国…北のミサイルも確認」の記事が
    出てましたね。

    その中で
    「すでに地球の上空を回っているアリラン2号に続き、来年はレーダー衛星
    アリラン5号、2011年には赤外線衛星アリラン3A号を打ち上げるため、
    現在開発に注力している。 この2基の衛星が打ち上げられると、韓国は韓半島の
    上空だけでなく、世界の地上を手に取るように見る能力を備える。」
    とありますので、本来ならば新型偵察衛星も開発可能に見えますが、ごぞんじの
    とおり開発に注力とありながらも基幹部品は全てフランス、ドイツ、イスラエルなどの
    海外製なので今回も基幹部品(技術?)を海外から導入しようとしたけど軍事機密レベルの
    解像度の製品は無理と断られたのかな???

    まあ、すでにアリアン2,3A、5で北ミサイルも監視可能と言っていて出来ていない
    わけだしこの偵察衛星計画もお笑い韓国軍行きのネタ案件になるのかな。

    返信削除
    返信
    1. 2009年の記事でしたか。
      ありがとうございます。色々探してみたんですけれど、それらしいのがヒットしなかったんですよね。

      で、アリラン3号とか5号とかですが、名前は「多目的衛星」なんて話になっています。
      本来であればこれを北朝鮮監視に使いたかったのでしょうけれど、韓国は未だに上空からの監視は米国頼みの状況であります。

      当然、遅れるのは織り込み済みだったわけですが、今さら騒いでいるのは滑稽でもあり、哀しくもあります。そもそも、今その路線を更に進めるというのは一体何故なのか?と言えば、経済においても外交においても敗北しつつある現状から国民の目を何としても目を反らしたいから、と言うことでしょうかね。

      削除
    2. 韓国の場合、トップや責任者が国民の目をそらしたいだけでなく自分自身も
      現実から目をそらしたいというところが一番の問題かも知れません。

      直近でも空気バブル装置のアンチダンピングに対する日本からのWTO提訴でも負けたのに
      何故か勝利宣言してるし、その上勝利宣言したのに上訴するとかどういう感覚なんでしょ?

      ともかく自己に都合の悪い、認めたくない事柄に関して目をそらしごまかしている限り
      事故や意味のない同じレベルの開発失敗が繰り返されるのでしょうね。

      削除
    3. 空気バルブ装置の話は、小耳に挟みましたがよく分かりませんでした。
      時間があれば取り上げてみたいとは思っていますが、相手が韓国ですからねぇ……。

      削除
  2. 韓国に販売可能なのは民間向けの解像度1メートルまで、といわれたのでスペックダウンを要求しているのでしょう。で、後にバレて火病って後の祭りまでがテンプレ。

    返信削除
    返信
    1. こんな軍隊と一緒に戦わねばならないアメリカ軍は不幸でしょうが、隣国の日本としても被害を被る可能性がありますので、注意しておかねばなりませんね。
      「だから支援しろ」とは欠片も思いませんが。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。