民進党再集結……再集結?

バカにしてんのか。

民進党は“新党結成方針”了承、希望の党の民進出身中心に呼びかけ

3月30日21時36分
 民進党は「中道的新党」を立ち上げて、希望の党に所属する民進党出身の議員らを中心に参加を呼びかける方針を、両院議員総会で了承しました。
民進党が、希望の党に秋波を送ったということらしい。

民進、新党結成申し入れへ

2018年4月3日 午後3時17分
 民進党は3日、増子輝彦幹事長が同日午後に立憲民主党の福山哲郎、希望の党の古川元久両幹事長宛てに、それぞれ文書で新党結成を申し入れると発表した。
立憲民主党にも秋波を送ったようだね。

だが、どの政党も政党支持率はかなり悲惨だ。

政党支持率

嗤うところか?

党首資産、小沢氏が2億1491万円で1位 安倍首相は2位

2018.4.3
昨年10月の衆院選で当選した衆院議員の資産報告書が2日、国会議員資産公開法に基づき公開された。共同通信の集計では、株式を除く預貯金などの金融資産と土地、建物を合わせた資産総額の平均は2917万円だった。前回2015年5月の公開時より546万円減り、1993年の法施行による初公開以降、過去最低となった。
~~略~~
 政党党首の資産を比較すると、自由党の小沢一郎共同代表(写真、岩手3区)が2億1491万円で、2015年の前回公開に続き1位だった。
そして、支持率0の自由党の党首が資産トップという事実。

党首トップ小沢氏2億円=安倍首相1億円、玉木氏ゼロ-衆院資産公開

2018/04/02-10:18
 2日公開された衆院議員資産で各党党首を比較すると、自由党の小沢一郎代表が2億1491万円で資産総額トップだった。自民党総裁の安倍晋三首相が1億396万円で続き、希望の党の玉木雄一郎代表は資産ゼロ。立憲民主党の枝野幸男代表、共産党の志位和夫委員長も全衆院議員平均の2917万円を大きく下回り、党首間「格差」が浮き彫りになった。
なお、希望の党のタマキンは資産ゼロ。これも嗤うところだろう。いや寧ろ国民が嗤われているのかもしれないが。
また、枝野氏が資産132万円、志位氏が1,148万円なのだという。アホかっつー話。
まあ、この「資産公開」というのは、抜け道が多すぎで意味が分からないので、ほぼあてにならない。あるものを無いと公表することは可能だし、あったと公表されたものは事実なのだろうけれどソレが全てとは限らない。安倍氏が巨額の資産を持っているから悪いんだみたいな印象が操作されているが、寧ろ、資産ゼロよりは随分健全である。


ちょっと話は逸れてしまったが、民進党はとにかく迷走している。

希望・細野氏、新党への参加はしないと明言

4月3日20時39分
 希望の党の結党メンバーの1人である細野憲法調査会長は、民進党が目指す希望の党などの民進党出身議員らを中心とする新党への参加はしないと明言しました。
民進党がいち早く抜けた細野氏は、流石にどの面下げて合流するんだという話にはなるのだろうが、基本的には合流する方向で動くように思う。

希望の党が来週から分党協議、民進党の「新党」構想受け

3月30日15時38分
 民進党が新党旗揚げに動き出したことを受けて、希望の党は来週から分党に向け、党内協議を始めることを確認しました。
希望の党もそれに賛同しているようだ。
一方で、立憲民主党は他よりも支持率が高いことを考えても、支持率が高くなった理由を考えても、この新党に参加する理由は無い。

立憲民主“旧民進新党”に参加せず

03/31 18:21
民進党の大塚代表が提案する旧民進勢力による新党構想について、立憲民主党の枝野代表は31日、応じない意向を示した。
寧ろ、内部を整理する必要すらあると感じているようだ。

不倫疑惑再燃で「デメリットばかり」と総スカン 山尾氏は立憲民主党の「お荷物」に

2018.4.3
 立憲民主党の山尾志桜里衆院議員(43)が同党の「お荷物」になりつつある。昨年末の入党後、安倍晋三政権追及の急先鋒(せんぽう)となることを期待されたが、政策顧問の倉持麟太郎弁護士(35)との不倫疑惑が再燃し、「山尾氏を抱えることにデメリットしかない」と総スカンを食らっているのだ。倉持氏の元妻は、山尾氏への慰謝料請求訴訟の準備を進めており、展開次第で離党の可能性を指摘する識者もいる。
まあ、ガソリーヌ・ウワキーヌがどうなるかは知ったことでは無いが、立憲民主党は旗頭にしている枝野氏こそが支持率を集める理由であり、他の面々は表に出てこれば足を引っ張るだけである。そして、枝野氏が支持される理由は、「純化」を選んで結党したという判断が買われたワケで、それを捨てて、今の支持率を捨てて、民進党に合流?何の冗談だ?それ、という話になる。

ただ、それは今支持されているという前提が覆されたときにはこの限りでは無い。立憲民主党が何か成果を上げるような動きができるのか?といえば、それは無い。
そして支持母体も空白地帯となっている。

立憲民主 参院比例で日教組候補の公認決定

2018.4.3 23:08
 立憲民主党は3日、来年夏の参院選比例代表について日教組の組織内候補で前職の水岡俊一氏(61)の公認を決定した。
支援団体として日教組を取り込むことにしたようだが、連合や自治労などは、民進党の支持母体でもある。日教組?日教組ももちろん民進党の支持母体だ。
立憲民主党は、ソレを奪おうとしているというのが現状なのである。

なお、希望の党は特に支持してくれる団体はいないので、資金繰りは厳しく、合流するという流れはある意味必然だと言えよう。

で、立憲民主党はそんな事情があるので、簡単には合流できないが、一方で支持団体としては、これ、困るのである。よって、裏では合流しろという圧力が強い様だ。

そんな訳で、現状は再び民主党時代に逆戻りという形が濃厚になってきたが、立憲民主党も何れは合流するだろうと思われる。

そうだとすると、新党立ち上げというと聞こえが良いような気がするが、その実、民進党の再結集するだけという。党名は「第2民主党」とか「帰って来た民主党」とか、そんな感じにしたらどうだろうか?直前で党名を変えると、前の選挙のように負けかねないので、早い内に党名を変えて、落ち着こうという狙いがあるんだろうね。

有権者は、党名ロンダリングに誤魔化されてはならない。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. いつもハイブローな皮肉る木霊様だが、今回は呆れが先に立ってますね。まぁ解らいでない。
    まさに「帰ってきたナントカ」で、結局、何だったんだろーね? と奴等が嫌いな私ですら
    民主党時代からのサポーターだかが哀れであるです。
    まぁ民主党政権で懲りてますからね、彼等が政権を握ることは無いでしょうが、相変わらず審議を空転させ続けるでしょね。
    あのスピリチャルおばさんのツイッターがどうのには反吐が出ましたね。
    総理の女の趣味の悪さや、嫁を選ぶ目の悪さは間違いないけど、それさ答弁すべき内容なんですかね?
    国会て1日の運営で億の税金が消費されるんですけど。

    返信削除
    返信
    1. さっさと政治の舞台から消えて欲しい人達ではありますが、彼らを選ぶ有権者も存在するのです。

      ……何でなんでしょうかねぇ。

      削除
  2. ハンドルネーム:音楽大好き
    私、かなりというか、思いっきりというか、左寄りなんです。火炎瓶を投げたり鉄パイプを振るったりはしませんでしたが、いわゆるシンパだったんです。公安だかの監視対象になっている極左「○○」の活動家を私のアパートに泊めた事もありました。民主党が政権をとった時は、民主党に投票しました。鳩山さんの時代でしたね。その時の投票動機は、「最低でも県外」・・・政府が長い長い時間をかけて導き出した普天間問題の対応を、鳩山さんは「簡単に解決」できる・・・本当に出来たらすごいね。できるとは思わないけど。まぁ、お手並み拝見。といった、とっても「無責任な」投票をしたわけです。まぁ、国が亡びる事はなさそうだし。もう1つの投票動機は、「これで奴らの技量が明らかになるだろう」というものでした。見事に無能ぶりを見せてくれましたね。
    さてさて、「再集結」ですか。政治というもの、「理念---->戦略---->戦術---->政策」だと思うのですが、彼ら(民進党だか一見民主党だか知らんが)には理念も戦略も戦術の政策もないように見える。あるのは「反自民」だけ。自民が正しいかどうかは関係なく、単に「反自民」。これではまともな「政策」など提出できるわけがない。「政党」というより「反自民カルト教団」ですね。
    そんな連中が集まって新党を結成してみても、どうにもならない。所詮、烏合の衆。そんなの「政治」じゃない。
    彼ら、「左派」からも見放されている事にも気づいていないんでしょうね。かわいそうに。くやしかったら、「まともな政策」を提示してみろ。・・・それでも支持者がいるんだよね。なんで?

    返信削除
    返信
    1. 思い出すだけでも嫌になるハトの政権ですが、それでも自民党政治を変えてくれる期待感は確かにあったと思います。
      ……ある意味、変えたのかも知れません。少なくとも、民主党政権時代が無ければ第2次安倍政権は無かったかも知れませんし。

      ただ、今や野党の理念も信念も無いような状況を見るにつけ、残念に思わざるを得ないのです。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。