モリカケ問題の限界と、そこに表れた問題点

この報道が出る事は、既に予想されていた話である。

<公文書改ざん>佐川氏、立件見送りへ 虚偽作成罪問えず

4/13(金) 3:00配信
 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡り、財務省の決裁文書が改ざんされた問題で、大阪地検特捜部は、前国税庁長官の佐川宣寿氏(60)ら同省職員らの立件を見送る方針を固めた模様だ。捜査関係者が明らかにした。決裁文書から売却の経緯などが削除されたが、文書の趣旨は変わっておらず、特捜部は、告発状が出されている虚偽公文書作成などの容疑で刑事責任を問うことは困難との見方を強めている。今後、佐川氏から事情を聴いたうえで、上級庁と最終協議する。
モリカケ問題はマスコミが騒ぎ、野党が騒いで国会が空転した。
確かに、結果的に見れば大きな問題ではあったのだが、しかし、その本質は決してマスコミで言われるようなものではなかった。

この問題を操作していた大阪地検特捜部は、改竄の事実は認定されるものの、それに事件性は無いと結論を出した。文章は部分的に書き換えられたが、文書の趣旨が変わっておらず、公文書偽造としての嫌疑は問えないと判断されたのである。

結果、大阪地検特捜部は、この件に関して立件を見送ることにしたというのが、冒頭のニュースだ。正確にはまだ、見送りが決定したわけでは無いのだけれど、事件性が無いという点は、もはや疑う余地は無いようだ。

この記事は毎日新聞が報じたものだが、記事の中で不満を顕にしている。
 公文書改ざんや国有地の異例な値引きを巡って告発が相次いだ森友学園問題は、「なぜ8億円も値引きされたのか」という疑惑の根幹は未解明のままで、一連の問題が決着したわけではない。
問題が解決していない、というのである。
しかし、毎日新聞が問題視している「何故、8億円値引きされたのか?」という点は実は既に明らかになっている。

理由は「ゴミが埋まっていたから」だ。もう少し詳しく言うと、コンクリートガラのようなゴミだけでは無く生活ゴミまで出ちゃったという話で、籠池氏がかなり強い調子で近畿財務局に対して圧力をかけて値引きをさせた。ところが、結果から見ると、この値引き自体は籠池氏側には損になって、今頃「ふざけんなよ」と籠池氏は檻の中で怒りに震えているに違いない。

そして、毎日新聞の疑問を問うのであれば、実は片手落ちで、野田中央公園、通称「辻元記念公園」の値引きの方が値引率が大きく、問題である。詰まり問題の本質を理解するためには、「辻元記念公園」の方にも注目する必要がある。しかし、その事をメディアは一切報じない。
ここ1年、1年半の間、「辻元記念公園」の方はメディアに触れられた試しがないのである。

o0300031513901396673

お目汚し失礼しました。


しかし、ここに来て面白いニュースがある。
いや、ニュースにならないニュースと言うべきか。
このガサ入れ、既に2回も行われていて、確実に何らかの犯罪に荷担していたと推測される。だが、そのことは何一つ報じられないという異常な事態ではある。
某サヨク団体は、こんな記事を書いているが、これっぽっちで他に報道は無い。あ、読む価値は無いので、スルー推奨である。
ギリギリ名前が出てくるニュースでこちら。

逆風の中、自民党大会会場の品川駅前は騒然 シュプレヒコール、罵声… 左右団体が集結で

2018.3.25 16:57
 自民党大会が開かれた25日、会場となった東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪近くのJR・京浜急行品川駅には左右の団体が集結し、騒然となった。
~~略~~
主催は「改憲・戦争阻止! 大行進実行委員会」。呼びかけ人には「とめよう戦争への道! 百万人署名運動」事務局長や、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、国鉄千葉動力車労働組合(動労千葉)などが名を連ねた。
こちらの記事はなかなか味わい深い。
自民党大会にサヨク団体が終結して道路交通法に違反するような行為をやったという内容のニュースなのだが、この手の団体の行動は何でもありになっているな。警察もここでは機能していない。
まあ、産経新聞では森友絡みのニュースで「関西生コン」の名前を出しているが、これについてかなり嫌がらせをされたという噂も聞いた。あるメディアはお仲間が責められている事に口を閉ざし、あるメディアは寧ろ邪魔する始末。

そうそう、話は逸れるが、沖縄タイムスにも関西生コンの名前は出ていたな。

「山城議長の保釈を」 大阪でミキサー車など250台パレード

2017年3月12日 21:44
 「辺野古新基地NO」を掲げるミキサー車など250台のパレードが12日、大阪市内の繁華街であった。4労組でつくる関西生コン産業政策協議会が春闘に合わせて実施。毎年辺野古を主要スローガンの一つに掲げており、ことしは勾留が続く沖縄平和運動センターの山城博治議長の保釈も求めた。
山城議長とは、威力業務妨害や公務執行妨害、器物損壊などの罪で有罪判決を受けた、山城被告のことである。
その犯罪者の保釈を求めてパレードしたのが関西生コン関係団体だというのだから、色々繋がってくる。

このように面白いニュースだが、これが日本の病巣なのである。


メディアが敢えて報じないニュース。それはパヨクにとって不都合な内容であり、報道しない自由の行使でなんとかお仲間を守る姿勢を見せるわけだ。これこそがモリカケ問題を必死に火付けして盛り上げているメディアの正体なのである。

つまり、この構図はメディアの腐敗と共に、安倍政権によってあぶり出されたパヨクの断末魔なのだと言える。

“森友リーク”で女特捜部長と江田氏を刑事告発 告発状提出の男性「何が真実なのか明らかにしてほしい」

2018.4.11
 学校法人「森友学園」と「加計学園」の問題が再燃してきた。森友学園では、国有地売却をめぐり、8億円値引きの根拠となったゴミ撤去費用に関し、財務省が学園側に口裏合わせを依頼していたことが発覚。加計学園では、愛媛県が「ない」としていた獣医学部新設に関連する文書を残していたことが分かった。野党や一部メディアの追及激化は必至だ。こうしたなか、市民や市民団体などが、森友問題のキーマンらを刑事告発している。佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官だけでなく、何と「違法なリーク」に関わった疑いがあるとして、大阪地検の女性特捜部長や、民進党前代表代行の江田憲司衆院議員まで対象になった。
~~略~~
 今回、大胆な行動に踏み切ったのは、江田氏が4日夜、《大阪地検の女性特捜部長のリークがどんどん出てくる。NHK「何千台分のトラックでゴミを撤去したと言ってほしい」と(財務省)本省理財局の職員が森友学園に要請と。ネタ元はメールらしい》《(特捜部)頑張れ!》と、ツイートしたのがきっかけ。
バカ発見機として名高いtwitterだが、ここにも間抜けはいたようだ。
凄い話で、ZakZakの記事は、このtwitterの内容が事実であれば国家公務員法に問われるとして、一般市民が告発を行ったという内容になっている。
大阪地検の特捜部長は山本真千子という名前の人物だと思われるが、状況から考えて大阪地検からリークがあった事は以前指摘したように確実であると思われる。その主犯の名前を江田氏が暴露しちゃったわけで、これは政治家としても失格である。
だがそれ以上に、大阪地検がそうした捜査情報を簡単に漏洩させるという点がそもそも問題なのだ。どんな事件であれば、捜査情報を秘匿することは常識である。職務上知り得た情報を意図的に漏洩するなどと言うことは、本来あってはならず、検察の威信を失墜させる事件であると言える。
そして、これが立件できない類の事件であろうことは、早い段階から分かっていたので、意図的に情報リークをしたというのが事の真相だと思うが、それは内部告発とは異なる話。むしろ、政権打倒に役立つであろうクズ情報を流したという国家公務員としてあるまじき姿がそこに現れたと言って良い。

これがもう一つの問題点である。

また、自衛隊の日報問題も連日騒がれているが、本来であればあんなものが公開される事がそもそも問題なのである。

装備庁、集約対象漏れ 防衛省が探索指示

毎日新聞2018年4月13日 07時00分(最終更新 4月13日 07時00分)
 防衛省が、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)問題の再発防止策として、昨年7月から統合幕僚監部へ日報を集約した際、外局の防衛装備庁が対象から漏れていた。
自衛隊の作戦内容が漏れることは、自衛隊の安全に関わるどころか、他国の軍隊への影響すらある。これが管理できていないこと自体が相当大きな問題である。
隠蔽体質がどうとか、そういう類の話では無い。
 集約を巡っては、防衛本省の内部部局(内局)や海上・航空自衛隊、情報本部などで網羅的な探索が行われていなかったことが判明している。
こんなアホな話をしているが、こうした秘密にされるべき書類が適切に管理されていないことそのものが問題なのである。

マスコミは意図的に問題をねじ曲げている。
 決裁文書の改ざんについても、関わった職員や指示系統は分かっていない。文書からは学園との交渉経緯の他、安倍晋三首相や妻昭恵氏の名前も消されており、職員らが忖度(そんたく)した疑惑は消えないままだ。
そもそも、組織において上部の考えを忖度して実行する事は、むしろ求められるべき部下の資質である。
いちいち上司が細部を指示しなくとも、実務が実行されるべきなのであり、その事自身が法に触れるかと言えば、そんなことにはならない。

問題視されるとすれば、加計学園に関して言えば、適切に岩盤規制に穴が開けられたか?が問題であり、森友学園問題で言えば、土地売却にあたって適切なプロセスを経ていたか?という点であろう。
そして、どちらも問題無かったと言うことで決着はついている。

これらの話に安倍氏が首を突っ込む余地は無いのであり、首相はそんな暇では無い。
そこに不正があったというのであれば問題だが、権力には向かうことこそが正しい事だ、みたいな事を主張するビーチ前川みたいな人間が官僚になっている現状こそ、憂うべきだ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32018年4月14日 4:57

    森友加計問題で、もう一つの焦点が、愛媛県職員の作成した「忘備録」なる文書ですね。
    あれも、色々怪しい文書です。
    現物は、朝日新聞と農林水産省からの2種類しかありません(愛媛県からは現物は出てない)
    2つの内容は同じようなのですが、日付に違いがあります。
    ・朝日新聞版・・・文書日付は「27.4.13」。「13」の部分が手書き
    ・農林水産省版・・文書日付は「27.4.3」。「3」だけが全角文字(横幅が広い)
    そもそも、内部文書である「忘備録」(左上隅に「報告・伺」とある)を、他組織に配布するか?という疑問があります。
    朝日新聞による陰謀を疑っています。

    返信削除
    返信
    1. 備忘録というかメモというか。
      確かに怪しいのですよね。

      そもそも「疑惑」だけでこれだけ盛り上がれるというのが何とも末期症状のように思えてなりません。疑惑だけじゃ無くってやるべき事は一杯あるんですけどね。国会もそうですし、報道もそうですが。

      削除
  2. どうも野党はもう一回佐川さんを証人喚問するつもりらしいですね。

    次は喋ってくれるのでしょうか?
    拒否していた内容を喋った中で安倍さんの指示はないと言ったら野党の反応が面白そうです。

    返信削除
    返信
    1. 佐川氏を証人喚問して1日拘束。
      サヨクの人権意識はどうなっているんですかねぇ……。

      佐川氏が証人喚問の中で自白したとして、それを国会で得られた成果だ!とされるのも困るんですよ。疑惑だけで国会参考人招致や証人喚問をやるなと。
      証拠があって、それを確認するなら意味はあるのかも知れませんが……。

      削除
  3. このキャッチ写真なんですが、
    怒りがこみ上げる……前にアホらしくなります。
    ちと悪趣味すぎですよ木霊様
    (笑)

    返信削除
    返信
    1. あ、ハイ。
      ちょっと趣味が悪かったと、反省しています(苦笑)

      自分のブログを見る度にムカつくのはどうかと。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。