殺意高めの猛暑が日本列島を襲う

暑い~。

気象庁「災害と認識」熱中症死の疑い6日で90人超

毎日新聞2018年7月23日 21時38分(最終更新 7月24日 01時58分)
 日本列島は23日も猛烈な暑さに見舞われ、埼玉県熊谷市で午後2時23分、観測史上最高の41.1度を記録した。これまで1位だった高知県四万十市の41.0度(2013年8月12日)を、約5年ぶりに更新した。
全国で90人を超える方が亡くなっているようだけれど、これが、今年特有の話なのか、これまでもあった話なのか。

熊谷
熊谷では41.1℃(気象庁による)と、酷い暑さである。酷暑というのが、正しいのかも知れない。
 連日の暑さの要因は、気圧配置にある。気象庁によると、日本の東海上から張り出している太平洋高気圧の勢力が今月上旬から衰える気配がなく、さらに、その上空をチベット高気圧が覆う「高気圧の2層構造」が続いている。加えて、23日に40度を超えた熊谷市と青梅市など関東地方の内陸部では、乾いた風が山から吹き下ろす際に熱を帯びて気温を上昇させる「フェーン現象」も猛暑に拍車をかけている。
フェーン現象が原因らしいね。



そんな中、愛知県の知事が何か文句を言っている。

<愛知県>国の空調交付金67校申請で認定ゼロ 知事明かす

7/23(月) 22:04配信
 愛知県の大村秀章知事は23日の記者会見で、各市町村が小中学校の設備整備をする際に国に申請する「学校施設環境改善交付金」について、今年度に空調設備の申請をした県内67校は1校も認められなかったと明かした。特別支援学校は豊田市の1校が採択された。
これまでは耐震化を優先していたこともあって、エアコン設置の方に目が向けられていなかったようなのだ。しかし、これは、これまでの経緯から考えても仕方が無い事。愛知県では東海地震が予想されていて、もう随分前から地震への対策を求められていたのだけれど、未だに地震は来ていないし、耐震化も進んでいない。
東海地区で特に地震対策が急がれるのは、仕方がない面はあると思う。

この人は、機に乗じてこういうことを言うのが好きだな。

気温40℃超の岐阜県多治見市 「公立小のエアコン設置率0%」に驚きの声

2018/07/20 10:00
2018年の夏は暑すぎだ。全国の観測地点の約2割・206地点で最高気温35℃を超える猛暑日を記録、熱中症で病院に運ばれる人も続出している。
そんな状況下で、気温40℃を超える岐阜県多治見市の「公立小学校のエアコン設置率0%」が調査により発覚。19日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で同話題に言及した。

全国的に最高気温更新をすることで有名な多治見市だが、ここもエアコン設置は進んでいない。驚きの0%である。
しかし、それより驚きの事実が。

最高気温40度超え、暑い街なのに教室にエアコンがないその理由とは 岐阜・多治見市

2018/7/20 15:15
 18日、最高気温40.7度を観測し、全国一の暑さとなった岐阜県多治見市。19日も38度の猛暑日となりました。
~~略~~
 1台でも200万円以上かかるという教室のエアコン設置費用。限られた予算の中で、財源の確保は難しかったといいます。
1台200万円以上というのは、どう言うことだろう??業務用のエアコンで約20万円程度のお値段で、これに設置費用を考えても精々50万円程度じゃないの??
詳しい事は分からないので、実はもっとするのかも知れないけれど、200万円以上というのは高い気がする。

ただ、国の方も今さらながら対策を指示はしている。

官房長官 小中学校エアコン設置の政府補助を検討

毎日新聞2018年7月23日 22時56分(最終更新 7月23日 23時03分)
 菅義偉官房長官は23日夜のBSフジ番組で、猛暑に関し「クーラーが設置できていないところは早急に(設置)しなければならない」と述べ、全国の小中学校のエアコン設置のため政府補助を検討する考えを示した。また「夏休みと冬休み(のバランス)で、夏休みを増やすとか、いろんなことを検討する必要がある」と語り、有識者の意見も踏まえながら学校の休暇のあり方を見直す考えを示した。
今回のこの様な事態は予測出来なかった事なので、対策が後手に回るのは仕方の無い事ではある。



こうした、対応が後手に回るのは仕方がない面はあるので、個人でできるだけの自衛をするべきだろう。
そして、教室にエアコンを設置するという事も必要になってくるとは思うが、通学時、特に下校時は暑い中、子供達が歩いて帰っていくことを考えると、単に学校の教室にエアコンを設置するのが良いのか?という様に感じてしまう。
とはいえ、学校を休みにされても、それはそれで働く保護者にとっては困る話なのだけれど。

そういえば、こんなニュースがあった。

熱中症対策の水分補給、お茶やスポーツ飲料がおすすめできない理由

連日の猛暑で危惧される「熱中症」。消防庁の発表では、7月9日~15日までの全国の熱中症による救急搬送者は9956人。最高気温が40度を上回る地域も登場し、今後さらなる患者の増加が見込まれる。
~~略~~
さらに42度を超えれば不可逆的な障害が起こり、生命の危機状態に陥ります。
~~略~~
 基本は、水分補給です。水分というとアルコールや、カフェインを含むコーヒー、緑茶などを水代わりに飲んでしまう人が多いですが、利尿効果によりかえって脱水症状を引き起こし、熱中症のリスクを高めるおそれがあります。だから私は必ず「“水を”飲んでください」と伝えるようにしています。ただし、心臓病や腎臓病を患っている方は水分摂取量に制限が設けられているため、主治医に相談してください。
「スポーツ飲料の方がいいのでは?」という質問もよく受けます。確かに体内への吸収率はいいものの、糖分が比較的多く含まれているのが問題。スポーツ飲料の飲み過ぎで糖尿病を発症した事例もあります。日常生活では水で十分。喉の渇きを自覚する前に、こまめに水を飲んでください。
 一方、スポーツをしたり、汗をかいたりしたような時は、経口補水液を取るようにしましょう。最近の論文では、「スポーツ後には牛乳がいい」という説も発表されています。ミネラルのほかタンパク質の補給にもなり、熱中症になりにくい体を作るからです。
何というか、自衛手段に関しても次のステージに進む必要がありそうだ。これまでの常識だけで考えるのは危ういのかも知れない。

社会人の皆さんも、この手のアイテムは所持して置いた方が良いのかも?
何にせよ、まだ暑い日は続くので、積極的な対策を講じて欲しい。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 愛知出身なので、猛暑の学校というのは懐かしい話題ですね。
    サウナ風呂と化した真昼の教室で、生暖かくなった牛乳を飲まされる。
    次の5時間目は、給食を吐く同級生が続出。私も3年生の時に吐いた。
    「明日イジメられないかな」と怯え、吐いた自分の弱さを責めながら帰宅したのを覚えています。

    サウナ教室→温牛乳→吐く→イジメ→だから我慢→教師も楽、という局地的失敗国家ですが、愛知は比較的上手くいきやすい土地柄です。
    東京に出て来て、クーラーがある学校出身の子の方が多いと知った時も、「甘えた教育を受けた連中ばかりだな」と変に見下していたように思います。
    「暑さで誰か死ねば部活が楽になるかも」「誰か死ねばクーラーが付くかも」と毎日考えながら育った子供が、今教師など学校側になっています。
    手の内が分かっているだけに、死人がでたくらいで猛暑の部活や教室にクーラーなどが実現することは今後もないでしょう。

    ちなみに私は、「クーラーの中にばかりいると体に悪いですよ」と言われる度に、今でもイラっとします。
    お前らに何が分かる!という、我ながら子供っぽい反発を感じてしまいます。
    合理性も論理性も一貫性も何もない主張や考え方、こういうのが自分の中にもあり、これが移民問題でも簡単に使われる、文化の違い、の一例かもしれません。

    返信削除
    返信
    1. 愛知県、意外に暑い地域ですからね、アレで。名古屋の夏は蒸し暑いと言われるようで、湿度の高さも問題なのかも知れません。

      しかし、「クーラーの中にばかりいると身体に悪い」というのは割と聞く話ですが、昔の調節のききにくい冷気をガンガン吹き付けるタイプならいざ知らず、今は随分と改善されていますから、寧ろ暑い中で我慢する方が問題アリだとは思いますけどね。

      文中にも書きましたが、エアコンをつければそれでOKか?というと、その辺りもちょっと気にかかる部分がありまして、今後、もっとしっかり対策を考えていかなければならない問題かもしれません。

      削除
  2. 教室向けの業務用エアコンとなると定価で1セット50万~100万でこれに取り付けのための
    天井の加工(大きな角穴の開口等)とかドレン、室外機との接続工事に業務用エアコンだと
    電源が通常200V3相となるため配電周りの工事も必要になるので200万円もありえるかと。
    *ネットだと業務用エアコン80%引きとかあるけど、予算としてはネットの特別価格では
    予算計上しないでしょうし(本体は80%引きだと他で高額請求が来そうでこわい)

    あと室内機は教室だと複数(教室の規模にもよるけど2~4セットくらい?)必要なので
    業務用エアコン1セットに追加の室内機とその分増える工事費含めると200万かかると
    言うことかも。(通常追加の室内機はセット品の価格からすると割高気味だし)

    自分が小中学生の時は宮崎の田舎で学校は小高い山の周りが森や畑という環境だった
    うえに当時は盆をすぎると朝方は肌寒かったくらいだし、直射日光は暑いけど日陰は
    涼しく感じられる気候だったので下敷きでパタパタ仰ぐぐらいで済むことが多かった
    気がする。

    返信削除
    返信
    1. ああ!
      そう言えば電源工事のことをすっかり失念していました。確かに、古い教室などは多くの電力を使える設計になっていないところも多いでしょうから、200Vの配線をする、あるいは大元の電源供給の辺りのシステムを見直すとか、お金がかかる要素はありそうですね。
      すっかり失念しておりました。

      新たに学校を建て替えるのであれば、全館空調とか考えるのかもしれませんが、設計からしてクーラーを使う設計になっていないんですよね、昔建てられた建築物って。
      そういう意味では、その辺も含めて見直す必要があるのでしょう。

      僕の子供の頃も暑かった記憶はありますが……、その時代とはまた条件が違うのでしょうな。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。